Product Documentation

ターゲットデバイスへのvDiskの割り当て

Mar 24, 2016

vDiskは、単一のターゲットデバイスに、またはターゲットデバイスコレクション内のすべてのデバイスに割り当てられます。 ターゲットデバイスに複数のvDiskが割り当てられている場合は、起動時にvDiskの一覧が表示されるので、ユーザーが起動に適切なvDiskを選択できます。

vDiskに複数のバージョンが存在する場合は、実稼働環境のターゲットデバイスで使用されるバージョンは、最上位の実稼働バージョンかオーバーライドバージョンです。 詳しくは、『管理者ガイド』の「vDiskバージョンへのアクセス」を参照してください。 保守またはテストデバイスについては、実稼働ではないバージョンの状態がラベル付けされます。

XenDesktopセットアップウィザードでPersonal vDiskを割り当てたターゲットデバイスには、ドラッグアンドドロップでvDiskを割り当てることはできません。 Personal vDiskを使用するターゲットデバイスが含まれるコレクションにvDiskをドラッグアンドドロップすると、メッセージダイアログボックスが開きます。 このダイアログボックスで、現在Personal vDiskが割り当てられていないターゲットデバイスにのみvDiskが割り当てられることを了解すると、続行することができます。 また、Personal vDiskを使用するターゲットデバイスに、Personal vDiskを使用しないターゲットデバイスのプロパティをコピーして貼り付けることはできません。 Personal vDiskを使用するターゲットデバイスにvDiskを再割り当てする場合は、「Personal vDiskを使用するターゲットデバイスの構成」を参照してください。

ターゲットデバイスへvDiskを割り当てると

vDiskは次の方法で単一のターゲットデバイスに割り当てられます。
  • ドラッグアンドドロップ
  • [ターゲットデバイスプロパティ]ダイアログボックス

コレクション内の1つまたはすべてのターゲットデバイスにドラッグアンドドロップでvDiskを割り当てるには

  1. コンソールツリーで任意のサイト内の[vDiskプール]か[ストア]を展開して、割り当てるvDiskをウィンドウの右ペインに表示します。
  2. vDiskをクリックし、ターゲットデバイスまたはコレクションへドラッグアンドドロップします。

単一のターゲットデバイスに[ターゲットデバイスプロパティ]ダイアログボックスで1つまたは複数のvDiskを割り当てるには

  1. コンソールツリーで[デバイスコレクション]フォルダーを開き、このターゲットデバイスが属するコレクションフォルダーをクリックします。 ターゲットデバイスが詳細ペインに表示されます。
  2. ターゲットデバイスを右クリックして[プロパティ]を選択します。 [ターゲットデバイスプロパティ]ダイアログボックスが開きます。
  3. [全般]タブの[起動元]ボックスの一覧から、このターゲットデバイスで使用する起動方法を選択します。
  4. [vDisk]タブの[このデバイスのvDisk]ボックスの横にある[追加]をクリックします。 [vDiskの割り当て]ダイアログボックスが開きます。
  5. このターゲットデバイスに割り当てるvDiskを検索するには、[フィルター][ストア]ボックスまたは[サーバー]ボックスの一覧から特定のストアかサーバーを選択します。または、デフォルトの選択を受け入れます。デフォルトではすべてのストアとサーバーが含まれます。
  6. [割り当てるvDiskの選択]ボックスで割り当てるvDiskを強調表示してから、[OK]をクリックします。さらに[OK]をクリックして[ターゲットデバイスプロパティ]ダイアログボックスを閉じます。