Product Documentation

ターゲットデバイスのコレクションテンプレートとしての設定

Mar 24, 2016
ターゲットデバイスは、コレクションに追加する新しいターゲットデバイスのテンプレートに設定できます。 新しいターゲットデバイスはターゲットデバイステンプレートのプロパティを継承します。そのため、新しいデバイスを短時間でコレクションに追加できます。
注:XenDesktopセットアップウィザードを実行すると、Personal vDiskを使用するターゲットデバイスが作成されコレクションに追加されます。 Personal vDiskを使用するターゲットデバイスがコレクションに追加されるときは、ターゲットデバイステンプレートが存在していても無視されます。

ターゲットデバイスをコレクションのデバイステンプレートに設定するには、コンソールでターゲットデバイスを右クリックしてから[デバイスをテンプレートとして設定]を選択します。

注:テンプレートを使用するすべてのターゲットデバイスをデータベースに追加する一方でターゲットデバイスの起動を防ぐには、テンプレートのターゲットデバイスを無効にします。 ターゲットデバイスを起動しようとすると、起動前に管理者に問い合わせる必要があることを示すメッセージが表示されます。 デバイステンプレートのアイコンはスパナ付きで表示されます。 新しいターゲットデバイスには自動生成の名前が付けられ、ほかのすべてのプロパティはデフォルトのデバイステンプレートから引き継がれます。 このとき、ユーザーが何らかの操作を行う必要はありません。