Product Documentation

ターゲットデバイスプロパティ

Mar 24, 2016
注:次のデバイスプロパティのいずれかを変更したときにターゲットデバイスがアクティブであった場合は、再起動が必要です。
  • 起動元
  • MAC
  • ポート
  • このデバイスのvDisk
次の表は、ターゲットデバイスに関連するプロパティを示しています。

[全般]タブ

名前
ターゲットデバイスの名前またはターゲットデバイスを使用するユーザーの名前です。 最長で15バイトの名前を付けることができます。 ただし、ターゲットデバイスの名前はイメージを作成するコンピューターと同じ名前にはできません。
注:ターゲットデバイスがWindowsドメインに属す場合は、ドメイン内での名前を使用します。ただし、その名前がイメージを作成するコンピューターの名前と同じである場合を除きます。 vDiskからターゲットデバイスが起動するとき、ここで入力した名前がターゲットデバイスのコンピューター名になります。
説明
このターゲットデバイスに関連付ける説明です。
公開キー基盤(PKI)の各証明書に同じパスワードを使用する場合は「
このターゲットデバイスのアクセスの種類をボックスの一覧から選択します。次のオプションがあります。

保守:vDiskの新しい保守バージョンに更新を適用する保守デバイスとしてこのターゲットデバイスを使用するには、このオプションを選択します。 保守デバイスには保守バージョンへの排他的な読み取り/書き込みアクセス権限があります。

テスト:テストモードのバージョンにアクセスするためにこのターゲットデバイスを使用するには、このオプションを選択します。 バージョンを実稼働マシンにリリースする前に、標準イメージモードのvDiskバージョンの品質保証テストを円滑に実行するため、テストデバイスにはvDiskのテストバージョンへの共有の読み取り専用アクセス権限があります。

実稼働:ターゲットデバイスで現在実稼働モードの割り当て済みvDiskをストリーム配信できるようにするには、このオプションを選択します。 実稼働デバイスにはvDiskの実稼働バージョンへの、共有の読み取り専用アクセス権限があります。 実稼働デバイスには保守またはテストバージョンへのアクセス権限がありません。これにより、テストされていない更新が誤って実稼働マシンに展開されることを防ぎます。

新しいデバイスのデフォルトの種類は保守です。 既存のデバイスのデフォルトの種類は保守です。

起動元
このターゲットデバイスで使用する起動方法です。 vDisk、ハードディスク、またはフロッピーディスクから起動できます。
MAC
ターゲットデバイスに搭載されているネットワークインターフェイスカードのMAC(Media Access Control:メディアアクセス制御)アドレスを入力します。
ポート
UDPポート値が表示されます。

ほとんどの場合、この値を変更する必要はありません。 ただし、ターゲットデバイスソフトウェアでほかのIP/UDPソフトウェアとの競合が発生する場合、つまり両方のソフトウェアで同じポートを共有している場合は、この値を変更する必要があります。

Class
ディスクイメージを自動更新する場合、新しいvDiskを適切なターゲットデバイスに配信するために、クラスを使用して新しいvDiskと配信先を一致させます。
このデバイスを無効にする
ターゲットデバイスの起動を防ぐにはこのチェックボックスをオンにします。 有効かどうかにかかわらず、自動追加機能を使用して追加される新しいターゲットデバイスのレコードがデータベースに作成されます。

[vDisk]タブ

このデバイスのvDisk

このターゲットデバイスに割り当てられているvDiskの一覧が表示されます。

[vDiskの割り当て]ダイアログボックスを開くには[追加]をクリックします。 表示するvDiskをフィルターするには、特定のストアとProvisioning Servicesサーバーを選択します。このターゲットデバイス使用できるすべてのvDiskを一覧表示するには、[すべてのストア]と[すべてのサーバー]を選択します。 割り当てるvDiskを強調表示して[OK]をクリックします。

このデバイスからvDiskを削除するには[削除]をクリックします。

[ターゲットデバイス/vDiskのプリンター]ダイアログボックスを開くには[プリンター]をクリックします。 このダイアログボックスでは、このターゲットデバイスのデフォルトのプリンターを選択し、任意のネットワークプリンターおよびローカルプリンターを有効または無効にできます。

[パーソナリティ]タブ

Options
2次的な起動オプションを提供します。
  • 起動デバイスとしてローカルハードドライブを含めます。
  • 起動オプションとして1つまたは複数のカスタムブートストラップを含めます。
カスタムブートストラップを有効にする場合は、[追加]をクリックしてブートストラップファイル名とオプションのメニューテキストを入力し、[OK]をクリックします。

複数のvDiskを割り当てたり2次的な起動オプションを有効にしたりすると、ターゲットデバイスの起動時にディスクメニューがユーザーに表示されます。 ターゲットデバイスに表示するメニューオプション名を入力します。 使用する起動オプションをターゲットデバイスで選択できます。

既存のカスタムブートストラップのファイル名またはメニューテキストを編集するには[編集]をクリックします。

このターゲットデバイスで使用できるカスタムブートストラップファイルを削除するには[削除]をクリックします。

名前および文字列

追加できるフィールド名の数に、定まった制限はありません。 ただし、[名前]ボックスに入力できるのは最大250文字、[文字列]ボックスに入力できるのは最大1000文字です。

[名前]ボックスには任意の名前を入力できますが、同じターゲットデバイスに重複するフィールド名を定義することはできません。 フィールド名は大文字と小文字が区別されません。 つまり、「FIELDNAME」と「fieldname」は同じ名前として扱われます。 フィールド名の前後に入力された空白文字は自動的に削除されます。

パーソナリティ名の冒頭に$を使用することはできません。 この記号は$DiskNameや$WriteCacheTypeなどの予約された値に使用されます。

[認証]タブ

このタブに入力するパスワード情報は、ターゲットデバイスに初めてログオンするときにのみ入力します。 Windowsアカウントのログオンには影響がありません。

Authentication
ユーザー名とパスワードで認証する場合は、アカウントのユーザー名を入力します。 ユーザーの命名方法については組織の規則に従います。
注:ユーザー名は2文字以上40文字以下にする必要があります。 ユーザー名は大文字と小文字が区別されません。

認証方法は次のとおりです。

  • なし
  • ユーザー名とパスワード
  • 外部検証(ユーザーが指定する方法)
Username
アカウントが既に存在する場合は、ユーザー名を変更できません。
Password

ユーザー名とパスワードで認証する場合は、次の手順に従います。

[変更]をクリックして[パスワードの変更]ダイアログボックスを開きます。 ユーザーアカウントに新しいパスワードを作成するには、古いパスワードを入力してから、[新しいパスワード]ボックスと[パスワードの確認入力]ボックスの両方に新しいパスワードを入力します。 [OK]をクリックしてパスワードを変更します。
注:パスワードの指定方法については組織の規則に従います。 パスワードは3文字以上20文字以下にする必要があります。 パスワードは大文字と小文字が区別されます。 [新しいパスワード]ボックスに入力した新しいパスワードを[パスワードの確認入力]ボックスに再入力します。

[状態]タブ

ターゲットデバイスの状態
ターゲットデバイスの状態について次の情報が表示されます。
  • 状態:このデバイスの現在の状態です(アクティブまたは非アクティブ)。
  • IPアドレス:IPアドレスまたは「不明」と表示されます。
  • サーバー:このデバイスと通信しているProvisioning Servicesサーバーです。
  • 再試行:このデバイスに接続するときに許可される試行回数です。
  • vDisk:vDisk名または「不明」と表示されます。
  • vDiskバージョン:このvDiskの現在アクセスされているバージョンです。
  • vDiskフルネーム:現在アクセスされているバージョンのフルファイル名です。
  • vDiskアクセス:バージョンが実稼働、保守、またはテストのどれであるかを示します。
  • ライセンス情報:デバイスベンダーに応じて製品ライセンス情報が表示されます(該当なし、Desktopsライセンス、Datacenterライセンス、XenAppライセンス、またはXenDesktopライセンス)。

[ログ]タブ

ログレベル
次の中からレベルを選択するか[オフ]を選択してログを無効にします。
  • オフ - Provisioning Servicesサーバーでログを無効にします。
  • 重大 - システムが正常な状態に回復できないエラーを引き起こした操作が記録されます。
  • エラー - エラー条件を生成した操作が記録されます。
  • 警告 - 正常終了したが、問題のあった操作が記録されます。
  • 情報 - デフォルトのログレベルです。 操作がどのように発生したかを大まかに説明するワークフローが記録されます。
  • デバッグ - 特定の操作の詳細が記録されます。デバッグは最高度のログレベルです。 ログレベルをデバッグに設定すると、ほかのすべてのレベルのログ情報もログファイルに記録されます。
  • トレース - すべての有効な操作が記録されます。