Product Documentation

vDisk更新の自動化

Mar 24, 2016
注:vDisk更新の管理機能は標準イメージモードのvDiskのみを対象としています。 プライベートイメージモードのvDiskは、標準的なソフトウェア配信ツールで更新できます。 vDisk更新の管理機能の対象としてプライベートイメージモードのvDiskを登録しようとしたり、登録済みのvDiskのモードを切り替えようとしたりすると、エラーが発生します。

vDisk更新の管理機能をコンソールで使用して、仮想マシンを使用したvDisk更新の自動化を構成します。 vDiskの自動更新はスケジュールに基づいて、または任意のタイミングで実行できます。任意の場合は、管理者がコンソールから更新を直接実行します。 この機能により、WSUSおよびSCCMのESD(Electronic Software Delivery:電子ソフトウェア配信)サーバーで検出および配信される更新がサポートされます。

コンソールでサイトノードを展開すると、[vDisk更新の管理]ノードが表示されます。 [vDisk更新の管理]ノードを展開すると、次の管理対象コンポーネントが表示されます。
  • ホスト
  • vDisk
  • タスク
サイトでvDisk更新の管理を構成するには、次のタスクを実行します。
  1. 更新を処理するサイト内のProvisioning Servicesサーバーを指定します。 「vDiskの自動更新の有効化」を参照してください。
  2. 仮想ホスト接続にvDiskの自動更新を構成します。 「仮想ホスト接続でのvDiskの自動更新の構成」を参照してください。
    注:サポートされるハイパーバイザーの種類は、Citrix XenServer、Microsoft SCVMM/Hyper-V、およびVMWare vSphere/ESXです。
  3. vDiskの更新に使用するESD仮想マシンを作成して構成します。 「ESD更新仮想マシンの作成と構成」を参照してください。
  4. vDiskに自動更新を構成します。 「管理対象のvDiskの自動更新の構成」を参照してください。
  5. 更新タスクを作成して管理します。 「タスクの作成と管理」を参照してください。
    注:vDisk更新の管理タスクを構成するユーザーには、Active Directoryアカウントを作成、変更、および削除する権限が必要です。
  6. コンソールでタスクオブジェクトを右クリックし、[今すぐに更新]を選択して更新タスクを実行します。 更新仮想マシンが起動し、必要に応じて更新プログラムがインストールされた後に再起動します。 更新タスクが正常終了すると、仮想マシンは自動的にシャットダウンします。 更新状態を確認するには、コンソールで[vDisk更新の管理]>[vDisk]>[]>[完了した更新の状態]の順に選択します。 イベントビューアーまたはWSUSでも状態を確認できます。
vDisk更新の管理を使用するようにサイトを構成した後は、管理対象のvDiskを次の方法で更新できます。
  • スケジュール - 更新タスクに定義したスケジュールに基づいて、Image Update Serviceにより自動的にvDiskが更新されます。 詳しくは、「タスクの作成と管理」または「[更新タスクプロパティ]ダイアログボックス」を参照してください。
  • ユーザー起動 - 管理者がコンソールで更新する管理対象のvDiskを選択して、[今すぐに更新]を選択します。更新が完了した後で、更新デバイスも管理者が手動で開始し停止する必要があります。

次の図は、スケジュールに基づく更新方法とユーザー起動の更新方法の両方の、基本的な更新処理を示しています。



  1. vDiskの更新処理は、自動的に(スケジュールに基づいて)、または管理者が管理対象のvDiskを右クリックして[今すぐに更新]を選択すると開始します。
  2. Provisioning Servicesにより新しいバージョン(VHDX)が作成され、保守モード(読み取り/書き込み可能)に設定されます。
  3. 仮想マシンが割り当てられたvDiskを起動します。 ここで更新方法により処理が変わります。
    • スケジュールされた更新 - vDisk更新の管理機能により、自動的に起動されます。
    • ユーザー起動の更新 - 管理者が更新処理を起動します。
  4. VHDXファイルの新しいバージョンにすべての更新が適用され、記録されます。
  5. vDiskを更新した後は、仮想マシンは自動的にシャットダウンされます。
  6. vDiskを保守からテストまたは実稼働に昇格します。 新しいvDiskバージョンを使用できるかどうかは、更新タスクウィザードの実行時に選択した、または現在の[更新タスクプロパティ]ダイアログボックスの[アクセス]タブで選択されているアクセスモード(保守、テスト、または実稼働)によって異なります。 このバージョンを実稼働環境で使用できるようにした後は、ターゲットデバイスが次にそのvDiskを起動したときに、このバージョンにアクセスできるようになります。