Product Documentation

ターゲットデバイス上のvDiskの更新

Mar 24, 2016

 

このドキュメントでは、手動で再構成することなく複数のターゲットデバイス上でvDiskを変更する方法について説明します。 処理に関する一般的な情報を提供し、その後で段階的な設定方法について説明します。

vDiskのクラスと種類のプロパティの設定

自動更新を実行するには、ターゲットデバイスとvDiskのクラスが一致している必要があります。 ターゲットデバイス内の古いvDiskを新しいvDiskに置き換えるため、両方のvDiskのvDiskクラスと種類が一致している必要があります。 実装内に複数の重複するvDiskのインスタンスが存在する可能性があり、それらのvDiskが1つまたは複数のターゲットデバイスに割り当てられる可能性があるため(ターゲットデバイスが最も負荷が低く最初に応答したProvisioning Servicesサーバーから起動する場合)、新しいvDiskで置き換える古いvDiskをさらに条件づける必要があります。 これが、vDiskの種類プロパティを使用する理由です。 ディスクイメージの自動更新機能を使用する場合は、同じ種類プロパティを持つ複数のvDiskを、同じProvisioning Servicesサーバーから同じターゲットデバイスに割り当てないでください。

vDisk更新のスケジュール

自動アップデートを適用できる時間をスケジュールするには、vDiskの[自動更新]タブにある[vDisk更新を検出したらすぐに適用する]または[次のvDisk更新をこの日に実行する]ラジオボタンを使用します。 [次のvDisk更新をこの日に実行する]をクリックした場合、現在の日付またはそれ以降の日付を指定する必要があります。指定しないと、vDiskは更新されません。

タイマー設定されたvDiskの更新

vDiskを更新するためのタイマーを設定できます。 これは、たとえばアクティブなデバイスが少ない時など、指定した時間に一致するクラスがあるすべてのデバイスにvDiskが割り当てられることを意味します。

これを実行するには、PowerShell Mcli-Run ApplyAutoUpdateコマンドまたはMcli Run ApplyAutoUpdateコマンドを呼びだすWindowsタイマーを各サイトのサーバーの1つで作成します(詳しくは、『PowerShell Administrator’s Guide』または『MCLI Programmer's Guide』を参照)。 コマンドによりサイトがスキャンされ、更新するよう構成されたすべての該当するvDiskが更新されます。 コマンドは更新が必要なvDiskのみを更新するため、タイマーは毎日実行でき、vDiskの新しいバージョンが追加されると更新が自動的に実行されます。

置換vDiskの自動追加

サイトに置換vDiskを自動的に追加するには、置き換えるvDiskのストアディレクトリに置きます。 更新処理が実行されたら、サイトで定義されていないvDiskに対してサイトの各ストアがスキャンされます。 vDiskで、ストアディレクトリの既存のvDiskと同じクラスと種類が見つかり、そのメジャー、マイナー、およびビルド番号が既存のvDiskよりも高い場合は、それが自動的にサイトに追加され、一致クラスと共にターゲットデバイスに割り当てられます。

置換vDiskには、最後にマージされたベース以降のすべてのバージョン、あるいはマージされたベースがない場合はそのベースを含める必要があります。 含まれているバージョンのすべてのVHDX、AVHDX、およびPVPファイルはストアディレクトリ内に置かれる必要があります。

置換vDiskに複数のバージョンがある場合、マニフェスト(XML)ファイルをvDiskに含める必要があります。 マニフェストファイルを作成するには、vDiskのエクスポートを実行します。 配信する必要があるファイルの数を減らすには、vDiskのエクスポートを実行する前に[vDiskバージョン]ダイアログボックスで古いバージョンを削除します。

vDiskの更新を自動化するには

1.    元になるvDiskで[自動更新]タブを選択して、次のvDiskのプロパティを設定します:

a.     自動更新を有効にします。

b.    更新をすぐに適用するのか、スケジュールされた日の更新のチェックを実行した時に適用するのか、あるいは Run ApplyAutoUpdateコマンドを実行した時に適用するのかを選択します。

c.     vDiskのクラスと種類を入力します。

d.    vDiskのメジャー、マイナー、またはビルド番号を入力します。

注:[シリアル番号]フィールドには、vDiskの作成時にランダムなグローバル一意識別子(GUID)が設定されます。 これは単なる情報で、自分で変更できます。 自動更新の処理には使用されません。

2.    更新されるvDiskを使用するターゲットデバイスで、[全般]タブを選択して、ターゲットデバイスのプロパティを元のvDiskのクラス値と同じクラスに設定します。

3.    置換vDiskが元のvDiskと同じストアにあるか確認してください。

4.    置換ディスクで[自動更新]タブを選択して、次のvDiskのプロパティを設定します:

a.     このvDiskをあとからほかのvDiskと置き換える可能性がある場合は、自動更新を有効にするだけです。

b.    自動更新が有効な場合、更新をすぐに適用するのか、スケジュールされた日の更新のチェックを実行した時に適用するのか、あるいは Run ApplyAutoUpdateコマンドを実行した時に適用するのかを選択します。

c.     元のvDiskに入力したのと同じクラスと種類を入力します。

d.    元のvDiskよりも高いメジャー、マイナーおよびビルド番号を入力します。

5.    ほかのファームのサイトでvDiskの更新をする必要がある場合は、手順4で説明された置換vDiskセットアップをほかのファームのサイトの元のvDiskと同じストアに配信して配置できます。 これは、前述の「置換vDiskの自動追加」で説明されています。

6.    更新チェックを構成します。 これにより、更新に適したより高いメジャー、マイナー、ビルド番号で見つかったvDiskがすべて更新されます。 これは次にいずれかの方法で実行できます。

·        vDiskプールを右クリックし[自動更新の確認]を選択して、確認ダイアログボックスで[OK]をクリックします。

または

·        このドキュメントの前の部分で説明したようにタイマーを設定します。