Product Documentation

ネットワークスイッチの準備

Mar 24, 2016

ネットワークスイッチはユーザー数の多いネットワークで非常によく使用されており、導入すると各ターゲットデバイスでより多くの帯域幅を使用できます。 ネットワーク内でProvisioning Servicesを使用するには、スイッチの構成に変更が必要になる可能性があります。 実装の計画時には、管理対象のスイッチに特別な注意を払ってください。

注:Provisioning Servicesのネットワークでは、ターゲットデバイスが接続するすべてのネットワークスイッチのポートをエッジポートとして指定する必要があります。

管理対象のスイッチには、通常ループ検出ソフトウェアが搭載されています。 このソフトウェアによって、新しい接続がネットワーク内にループを作成しないことが確実になるまでポートが無効になります。 この機能は重要かつ便利ですが、そのために生じる遅延によって、ターゲットデバイスのPXE起動が妨げられます。

この問題は、次のような現象として現れます。
  • Windowsではなくターゲットデバイスのログオンに失敗する。
  • ターゲットデバイスが起動処理中に停止しているように見える。
  • ターゲットデバイスがシャットダウン処理中に停止しているように見える。

この問題を回避するため、ターゲットデバイスが接続するポートでループ検出機能を無効にする必要があります。 これを行うには、ターゲットデバイスが接続するすべてのポートをエッジポートとして指定する必要があります。 これは古いスイッチでファストリンク機能を有効にするのと同じ効果があります。

注:ネットワーク速度を少なくとも100MBとすることを強くお勧めします。 10MBハブを使用する場合は、自動ネゴシエーションをネットワークカードで無効にできるかどうか確認してください。 これにより潜在的な接続の問題を解決することができます。

スイッチの製造元

この機能は、スイッチの製造元によって異なる名前で呼ばれています。 次に例を示します。
  • Cisco:PortFastまたはSTP Fast Link
  • Dell:Spanning Tree Fastlink
  • Foundry:Fast Port
  • 3COM:Fast Start