Product Documentation

管理者の役割の管理

Jul 06, 2016

Provisioning Servicesの実装においてオブジェクトを表示し管理する能力は、ユーザーのグループに割り当てる管理者の役割によって決定されます。 Provisioning Servicesでは、ネットワーク内に既に存在するグループ(WindowsまたはActive Directoryのグループ)を使用します。 グループのすべてのメンバーが、ファーム内で同じ管理者権限を共有します。 複数のグループに属する管理者は複数の役割を持つ可能性があります。

グループに割り当てられる管理者の役割は次のとおりです。

  • ファーム管理者
  • サイト管理者
  • デバイス管理者
  • デバイスオペレーター

コンソールでグループに管理者の役割を割り当てた後で、そのグループのメンバーが別のファームに接続しようとすると、そのファーム内のProvisioning Servicesサーバーの識別情報(名前とポート番号)の入力を求めるダイアログボックスが開きます。 また、現在のログオンに使用したWindowsの資格情報(デフォルト設定)か、Active Directoryの資格情報のどちらかを使用することも求められます。 Provisioning Servicesでは、ドメインとワークグループの両方を同時に使用することはサポートされません。

適切なサーバーファームで情報が受信されると、ユーザーの属するグループに関連付けられている役割によって、ユーザーがそのファームで実行できる管理者権限が決定されます。 グループにはファームごとに異なる役割を割り当てられます。