Product Documentation

ファームのタスク

Jul 06, 2016

ファームは構成ウィザードを実行するときに初期構成されます。 ウィザードで、ファームの名前、ストア、およびデバイスコレクションを入力します。 コンソールを初めて開くとき、それらのオブジェクトがツリーに表示されます。

ウィザードでは、ライセンスサーバーの名前、ユーザーアカウント情報、ブートストラップファイルをターゲットデバイスに提供するサーバーなど、ファームの追加情報も入力します。 いつでもウィザードに戻って設定を変更できます。 ファームの構成変更は[ファームプロパティ]ダイアログボックスでも行えます。

ファーム管理者は権限を持つファーム内のすべてのオブジェクトを表示し管理できます。 ファーム管理者のみが、ファームレベルのすべてのタスクを実行できます。

ファームへの接続

  1. コンソールツリーで[Provisioning Servicesコンソール]を右クリックし、[ファームへの接続]を選択します。
  2. [サーバー情報]に、ファーム上のストリーム配信サーバーの名前またはIPアドレスと、サーバーアクセスのために構成されているポートを入力します。
  3. 次の方法のどちらかを使用してログオンします。
    • 現在のログオンで使用しているWindowsの資格情報を使用します。その後、オプションでアプリケーションの起動または再接続時の自動ログオン機能を有効にします。
    • ユーザー名、パスワード、およびドメインを入力して、別のWindowsアカウントの情報を使用します。その後、オプションでパスワードの保存およびアプリケーションの起動または再接続時の自動ログオン機能を有効にします。
  4. [接続]をクリックします。 コンソールツリーにファームアイコンが表示されます。

接続の管理

[接続の管理]ダイアログボックスで、ファームへの接続を管理できます。 ダイアログボックスを開くには、ツリーでProvisioning Servicesコンソールアイコンを右クリックして[接続の管理]を選択します。