Product Documentation

プリンター管理機能の有効化

Jul 06, 2016
注:プリンター管理機能は、Active Directoryを使用しない環境にのみお勧めします。

プリンターをターゲットデバイスに割り当てた後でプリンター管理機能を有効にすると、プリンターをターゲットデバイスから削除できるようになります。 プリンター管理機能を有効にするまでは、ターゲットデバイスにインストールされているすべてのプリンターをそのターゲットデバイスで使用できます。 機能を有効にすると、ターゲットデバイスのプリンター設定(有効/無効、デフォルトプリンター)の変更は、ターゲットデバイスが次回vDiskから起動したときに反映されます。

プリンター管理機能を無効にして、その後プリンターがインストールされているvDiskからターゲットデバイスを起動すると、そのターゲットデバイスはvDisk上のすべてのプリンターにアクセスできます。 プリンター管理機能を有効にして、その後同じvDiskからターゲットデバイスを起動すると、そのターゲットデバイスはそのターゲットデバイスに対して有効になっているプリンターにのみアクセスできます。

選択したvDiskでプリンターを有効または無効にするには
  1. サイトを展開し、プリンターを有効または無効にするvDiskを選択します。
  2. 右クリックして[ファイルプロパティ]を選択し、[オプション]タブをクリックします。
  3. [プリンター管理]チェックボックスをオンにして、設定を有効にします。またはチェックボックスをオフのままにして、プリンター設定を無効にします。
  4. [プリンター管理]チェックボックスがオンの場合、[プリンター]フォルダーが強調表示されているときに[プリンター管理]メニューオプションが表示されます。
  5. [プリンター管理]チェックボックスがオフの場合、選択したvDisk上にすべてのプリンターが存在します。

次のどちらかの方法を使用して、右クリックメニューでプリンター管理機能を有効または無効にできます。

[プリンター]フォルダー

コンソールツリーでサイトを展開し、プリンター管理を無効にするvDiskを展開します。 そのvDiskの[プリンター]フォルダーを右クリックして[プリンター管理の無効化]を選択します。

vDisk

コンソールツリーでサイトを展開し、プリンター管理を無効にするvDiskを右クリックして[プリンター管理の無効化]を選択します。