Product Documentation

コンソールでのProvisioning Servicesサーバーの管理

Jul 06, 2016

Provisioning Servicesサーバーは、ストリーム配信サービスがインストールされているサーバーです。 Provisioning Servicesサーバーを使用して、ターゲットデバイスにソフトウェアを必要に応じてストリーム配信します。 実装方法によっては、vDiskをProvisioning Servicesサーバー上に直接配置します。 より大規模な実装では、Provisioning Servicesサーバーはネットワーク上の共有ストレージデバイスからvDiskを取得します。

Provisioning ServicesサーバーはProvisioning Servicesデータベースから構成情報を読み取ったり書き込んだりもします。 Provisioning Servicesサーバーの構成オプションを使用して、ターゲットデバイス接続の高可用性および負荷分散を保証します。

初めてProvisioning Servicesサーバーとソフトウェアコンポーネントを構成するときは、構成ウィザードを実行します。構成ウィザードをProvisioning Servicesサーバー上で後日再実行して、ネットワーク構成設定を変更できます。 構成ウィザードについて詳しくは、『インストール・構成ガイド』を参照してください。

Provisioning Servicesサーバーソフトウェアをインストールし、ウィザードによる構成を行った後は、Provisioning Servicesコンソールを使用してサーバーを管理します。 コンソールを使用して、構成や既存のProvisioning Servicesサーバーのプロパティを編集するなどの、Provisioning Servicesサーバーの管理タスクを実行します。

Provisioning Servicesサーバーはファーム内のサイトのメンバーとしてコンソールのメインウィンドウに表示されます。 特定のサイトに属するProvisioning Servicesサーバーを管理するには、適切な管理者(このサイトのサイト管理者またはファーム管理者)の役割が必要です。

注:コンソール内のProvisioning Servicesサーバーアイコンは、サーバーの現在の状態を示します。
コンソールで操作を実行することで、Provisioning Servicesサーバーを管理します。 次の操作を実行できます。 選択したProvisioning Servicesサーバーに実行できる操作を表示するには、次のオプションのいずれかを選択します。
  • メニューバーの[操作]メニューを選択する。
  • コンソール内でProvisioning Servicesサーバーを右クリックする。
  • [表示]メニューで[操作]ペインを有効にする。
    注:選択したProvisioning Servicesサーバーに適用できない操作は選択できません(タスクの詳細については「管理タスク」を参照してください)。