Product Documentation

vDiskの作成

Jul 06, 2016

このセクションでは、新しい基本vDiskイメージの作成に必要な情報とタスクについて説明します。

vDiskはターゲットデバイスのハードディスクとして機能する、Provisioning Servicesサーバーまたは共有ストレージデバイスに存在するディスクイメージファイルです。 vDiskは、VHDXベースのイメージファイル、関連するプロパティファイル(.pvp)、さらに当てはまる場合は、参照されるVHDX差分ディスク(.avhdx)のチェーンから構成されます。

vDiskのイメージファイルを作成するときは次のことに注意します。
  • Provisioning Servicesサーバーまたはストレージデバイスに十分な領域がある限りは、必要な数のvDiskのイメージファイルを作成できます。
  • vDiskファイルの形式は、MicrosoftオペレーティングシステムではFATおよびNTFSです。
  • vDiskの格納に使用するファイルシステムに応じて、1つのVHDXファイル(vDisk)のサイズの上限が決まります。NTFSでは2TB、FATでは4096MBです。
  • 1つのvDiskを複数のターゲットデバイスで共有する(標準イメージ)ことも、単一のターゲットデバイスからのみアクセスする(プライベートイメージ)こともできます。

新しいvDiskの作成は、vDiskのライフサイクルの第1段階です。 基本的にvDiskを作成するには、イメージ作成用のマスターターゲットデバイスを準備し、vDiskを格納するvDiskファイルを作成および構成して、vDiskファイルにマスターターゲットデバイスのイメージを作成する必要があります。これにより、新しい基本vDiskイメージが作成されます。 この処理はイメージ作成ウィザードを使用して自動的に実行することも、手動で実行することもできます。 Provisioning Servicesでは、単一のターゲットプラットフォームまたは複数のターゲットプラットフォームで使用する共通イメージを作成することもできます。

注意

管理者の役割によって、コンソールに表示される項目と実行できるタスクが決まります。 たとえば、サイト管理者はサイト内のvDiskを表示し管理できます。 ただし、ファーム管理者がサイトをストアの保有サイトに設定していなければ、サイト管理者はストアの管理タスクを実行できません。

ヒント

CitrixはvDiskの自動記録のみをサポートします。追加の手順には、記録中のマシンに接続されたvDiskが必要です(これにより、P2PVSスイッチをP2PVSまたはImagingWizardで使用できるようになります)。 これらのシナリオに対応するには、自動化手順を使用してください。

次の図は、vDiskを自動および手動で作成するために必要な手順の概要を示しています。

イメージ作成ウィザードを使用したvDiskイメージの自動作成

新しいvDiskを作成するときはこの方法をお勧めします。

注:基本vDiskイメージに最適なオペレーティングシステムと必要なアプリケーションをインストールして構成することにより、物理的または仮想のマスターターゲットデバイスを準備します。 詳しくは、「イメージ作成に向けたマスターターゲットデバイスの準備」を参照してください。

マスターターゲットデバイスのイメージを作成するには、イメージ作成ウィザードを実行します。すると、新しいvDiskファイルが自動的にProvisioning Servicesサーバーまたは共有ストレージに作成され、そのファイルにマスターターゲットデバイスのイメージが作成されます。

vDiskファイルの手動作成およびProvisioning Servicesイメージ作成ツールによるイメージ作成

これは新しいvDiskを作成するときのオプションの方法です。

  1. 基本vDiskイメージに最適なオペレーティングシステムと必要なアプリケーションをインストールして構成することにより、物理的または仮想のマスターターゲットデバイスを準備します。 Provisioning Servicesサーバーまたは共有ストレージにvDiskファイルを作成します。このファイルはvDiskを提供するすべてのProvisioning Servicesサーバーからアクセスできる必要があります。 ファイルを手動でマウントし、フォーマットし、マウントを解除する必要があります。 これはコンソールまたはターゲットデバイスで実行できます。
    注:vDiskファイルを作成するには、コンソールでvDiskプールまたはストアを右クリックして[vDiskの作成]を選択します。 いったんvDiskを作成した後は、サイトのvDiskプールまたはファーム内のストアが選択されているときに、詳細ペインに表示されます。
  2. Provisioning Servicesイメージ作成ツールを使用して、新しいvDiskファイルにマスターターゲットデバイスのイメージを作成します。
    注:イメージ作成ツールで物理マシンを仮想マシンに変換する場合は、Windowsを実行するオンラインの物理マシンを、サーバーまたはデスクトップワークロードとしてXenServer仮想マシンまたはProvisioning Services vDiskに変換できます。 イメージ作成ツールで仮想マシンを別の種類の仮想マシンに変換する場合は、任意のゲストオペレーティングシステムを実行するオフラインの仮想マシンまたはディスクを、サーバーまたはデスクトップワークロードとしてXenServer仮想マシンに変換できます。