Product Documentation

XenServer仮想マシンと物理デバイス、またはブレードサーバーで使用する共通イメージの作成

Jul 06, 2016

XenServer Platinum Editionでは、同じワークロードイメージから物理サーバーと仮想サーバーをプロビジョニングできます。

前提条件

  • XenServer Platinum Editionの適切なライセンス。
  • ローカルネットワークでのPXEサポート。
  • ローカルネットワークにDHCPをインストールして構成する必要があります。

次のいずれかのターゲットデバイスプラットフォームを選択します:

  • 物理または仮想サーバーから起動する共通イメージを作成します。
  • ブレードサーバーから起動する共通イメージを作成します。

物理または仮想サーバーから起動する共通イメージの作成

物理または仮想マシンから起動する共通イメージを作成するには、次の手順に従います。

マスターターゲットデバイスの準備

サポートされるWindowsオペレーティングシステムと最新の更新プログラムおよびデバイスドライバーを、物理マシンにインストールします。 この物理マシンがマスターターゲットデバイスの役割を果たします。

Provisioning Servicesのターゲットデバイスソフトウェアのインストール

  1. ローカルへのインストール特権を持つドメイン管理者またはドメインユーザーとして、マスターターゲットデバイスにログオンします。
  2. 物理マシンにProvisioning Servicesのターゲットデバイスソフトウェアをインストールします。
  3. 画面の指示に従ってインストールのデフォルト設定を受け入れます。
  4. 画面上の要求に従い、ハードディスクドライブからマスターターゲットデバイス起動します。

XenConvertソフトウェアのインストール

XenConvertソフトウェアとそのインストール手順は、Provisioning ServicesまたはXenServerの製品ダウンロードサイトからダウンロードできます。

ターゲットデバイスにXenConvertをインストールしたら、次の作業を行います。
  1. ターゲットデバイスでXenConvertを実行して、物理マシンをXenServer仮想マシンに変換します。
  2. 仮想マシンのvCPU設定を物理システムのvCPU設定と同じに設定します。
    注:この手順はNT5 オペレーティングシステムにとって重要です。
  3. XenServer仮想マシンのMAC(NICの物理システムMACアドレスが使用されます)を変更するか、NICを削除して新しいNICを追加します。
  4. XenServer仮想マシンを再起動します。

XenServer Toolsのインストール

  1. ローカルへのインストール特権を持つドメイン管理者またはドメインユーザーとして、マスターターゲットデバイスにログオンします。
  2. windows-pvdrivers-xensetup.exeを実行します。このファイルはXenServer製品インストールCDまたは製品ダウンロードサイトから入手できます。 Citrix XenServer Windows Toolsのセットアップの警告ダイアログボックスが開きます。
  3. [Yes]をクリックしてインストールを続行します。
  4. 画面の指示に従ってデフォルト設定を選択します。 [Choose Install Location]ダイアログボックスで[Install]をクリックします。
  5. Windowsプラグアンドプレイのダイアログボックスが開いたら、ドライバーを自動的に検索するオプションを選択します。
  6. 未署名のドライバーのインストールを確認するダイアログボックスが開いたら、[Yes]をクリックします。
  7. 再起動を確認するダイアログボックスが開いたら、マスターターゲットデバイスを再起動します。
  8. Provisioning ServicesがXenServer NICおよび物理システムNICと問題なく結合したか確認します。

Provisioning Servicesのマスターターゲットデバイスのイメージ作成

Provisioning Servicesのイメージ作成ウィザードかXenConvertを使用して、XenServer仮想ディスクイメージを作成します。 vDiskイメージを作成するときは、ターゲットデバイスの設定を最適化することを選択する必要があります。 そうしなければ、仮想マシンが起動しない可能性があります。

XenServer仮想イメージが正常に作成されたら、物理マシンと標準イメージモードの仮想マシンの両方を再起動します。

Provisioning Servicesイメージ作成ウィザードの使用について詳しくは、「イメージ作成ウィザードによる新しいvDiskの作成」を参照してください。 XenConvertを使用したXenServer仮想ディスクイメージの作成について詳しくは、Provisioning ServicesまたはXenServer製品ダウンロードサイトのXenConvert製品ドキュメントを参照してください。

ブレードサーバーから起動する共通イメージの作成

さまざまな機種のブレードサーバーから起動する共通イメージを共通ハードドライブを使って作成するには、次の手順に従います。

  1. コンソールを使って新しいvDiskファイルを作成します。
  2. ブレードサーバーにログオンし、次の新しいシステムを作成します:
    1. 新しいマシン上にオペレーティングシステムをインストールします。
    2. HP System Packをインストールします(すべてのドライバーをインストール)。
    3. すべての必要なWindows更新プログラムをインストールします。
    4. Provisioning Servicesのターゲットデバイスソフトウェアをインストールします。
  3. 新しいシステムのハードディスクドライブからPXEが起動したら、システムがvDiskを認識できるか確認します。 vDiskはパーティションとして"マイコンピューター"から表示されます。
  4. RAIDシステムのHDDまたはHDDをほかのシステム(通常はより古いシステム)に物理的に移動します。
  5. 新しいシステムのハードディスクドライブから起動します。
  6. Windowsがドライバーをインストールした後、画面に表示に従って再起動します。
  7. NICドライバーが正常にインストールされているか確認します。
  8. 2つ目のシステム上のハードディスクドライブからPXEで起動します。
  9. Provisioning Servicesのイメージ作成ウィザードかXenConvertを使用して、vDiskイメージを作成します。
  10. イメージ作成が完了したら、システムをシャットダウンします。
  11. 両方のシステムをvDiskから起動するように設定します。
  12. コンソールで、ローカルハードディスクドライブ上の標準のキャッシュにvDiskモードを変更します。