Product Documentation

[更新タスクプロパティ]ダイアログボックス

Jul 06, 2016
更新タスクウィザードを使用してタスクを作成した後は、[更新タスクプロパティ]ダイアログボックスの次のタブで内容を変更できます。

[全般]タブ

名前と説明
このタスクの名前(必須)と説明(オプション)を適切なボックスに入力して、[次へ]をクリックします。
このタスクを無効にする
このチェックボックスをオンにすると、更新タスクが一時的に無効になります。

[スケジュール]タブ

繰り返し
オプションから1つクリックして、このタスクを実行する頻度を決定します。
  • なし
  • 毎日
  • 毎週
  • 毎月
選択した繰り返しオプションに応じて、異なるオプションが表示されます。
  • なし – 追加のオプションはありません。
  • 毎日
    • 更新実行時 – 更新を実行する時刻をボックスから選択するか、特定の時刻を入力します。
    • 毎日 – この日次更新を、週のすべての日、つまり月曜日から日曜日まで実行する場合にクリックします。
    • 平日のみ – この日次更新を、平日のみ、つまり月曜日から金曜日まで実行する場合にクリックします。
  • 毎週
    • 更新実行時 – 更新を実行する時刻をボックスから選択するか、特定の時刻を入力します。
    • 更新を実行する曜日のチェックボックスをオンにします。
      注:続行するには少なくとも曜日を1つ選択する必要があります。
  • 毎月
    • 更新実行時 – 更新を実行する時刻をボックスから選択するか、特定の時刻を入力します。
    • 次の方法を使用して、更新タスクを実行する月の特定の日を選択します。[指定日]をクリックして、更新を実行する日付を入力します。
      注:このボックスには数字とコンマのみを入力できます。 たとえば、「1,15」と入力すると、毎月1日と15日にこの更新タスクが実行されます。 29または31を入力すると、このタスクが実行されない月があります。
      または[指定曜日]をクリックして、ボックスの一覧から週と曜日を選択します。 たとえば、[第1]と[月曜日]を選択すると、毎月第1月曜日にタスクが実行されます。

[vDisk]タブ

vDisk
管理対象のvDiskが一覧表示されます。
ホスト
更新のためにProvisioning Servicesと通信する仮想ホスト接続が一覧表示されます。
VM
vDiskの更新に使用される管理対象のvDiskが一覧表示されます。
INIファイルに
[管理対象vDisk]ダイアログボックスが開き、そこから管理対象の追加のvDiskを選択できます(「管理対象のvDiskの自動更新の構成」を参照してください)。
Remove
このタスクで更新するvDiskの一覧から管理対象のvDiskを削除します。

[ESD]タブ

使用するESDクライアント
サポートされるESD(Electronic Software Delivery:電子ソフトウェア配信)の種類から選択します。
注:[なし]に設定すると、更新の前にクライアント側のスクリプトがvDiskに格納されている場合は、そのスクリプトを実行できます。 これらのスクリプトはクライアントのインストールディレクトリに格納する必要があります。 Update.batは必須のスクリプトです。 Preupdate.batPostupdate.batはオプションのスクリプトで、ユーザーの構成に左右されます。

[スクリプト]タブ

vDisk更新処理に伴い実行するスクリプト
オプションです。
  • 更新前のスクリプト – どの処理よりも先に実行します。
  • 起動前のスクリプト – 仮想マシンの起動直前に実行します。
  • シャットダウン後のスクリプト – 仮想マシンのシャットダウン直後に実行します。
  • 更新後のスクリプト – 更新タスク処理が完了した後に実行します。

[アクセス]タブ

更新が正常に完了した後にvDiskに割り当てるアクセス

保守 - vDiskを保守モードのままにします(保守デバイスのみで使用可能)。

テスト - vDiskをテストモードにします(テストおよび保守デバイスのみで使用可能)。

実稼働 - vDiskを使用できるようにします(実稼働、すべてのターゲットデバイスで使用可能)。