Product Documentation

Hyper-Vを使用したvDiskのアップグレード

Jul 06, 2016

Provisioning Services 6.x、7.1、または7.6からアップグレードしている場合は、このインラインアップグレード方法をお勧めします。イメージの再構築よりも短期間でアップグレードできて、使用するストレージが最も小さい方法です。

Microsoft Hyper-Vを使用してアップグレードする前に、次の要件を確認してください。

  • Hyper-Vに関する一般的な知識が必要です。
  • Hyper-Vをインストールする必要があります(Provisioning Servicesサーバーにインストールする必要はありません)。
    注:Hyper-Vでのアップグレードでは、ブロックサイズが16MBのvDiskはサポートされません。 新しいvDiskイメージを作成するときは、ブロックサイズを2MB以上にする必要があります。
  1. Hyper-Vサーバーから、以前にインストールしたProvisioning Servicesソフトウェアをアンインストールします。
  2. 新しいバージョンのProvisioning Servicesソフトウェアをインストールします。
  3. 新しく作成したVHDXファイルをHyper-Vサーバーにコピーします。
    1. vDiskの新しいバージョンを作成します。
    2. 新しいバージョンをテストモードに昇格させます。
    3. 移行ベースをテストモードに実行します。
    4. 手順cからHyper-VサーバーにVHDXをコピーします。
  4. Hyper-Vマネージャーで新しい仮想マシンを作成します。
  5. 作成中、新しいVHDXの代わりに既存の<新しいvDisk>.vhdxを接続します。
  6. [操作]ペインの[設定]をクリックして新しい仮想マシンのプロパティを開き、ネットワークアダプターを削除します。 [ハードウェアの追加]へ移動し、[レガシネットワークアダプター]を追加します。
  7. [レガシネットワークアダプター]へ移動し、物理的なシステムNICを指定します。
  8. 仮想マシンを起動します。
  9. システムによる新しいドライバーのインストールを受け入れ、再起動を求められた場合は再起動します。
  10. Provisioning Servicesのターゲットデバイスソフトウェアをアンインストールして再起動します。
  11. オプション:Hyper-Vの統合サービスをインストールします。 このサービスは、VHDXを物理システムでも仮想システムでも起動できるように作成する必要がある場合にのみ必要です。 仮想マシンが起動した状態で、[操作]メニューの[統合サービスセットアップディスクの挿入]を選択してインストールします。
  12. Provisioning Servicesのターゲットデバイスソフトウェアをインストールします。
  13. Provisioning Servicesを非アクティブなNIC(元のターゲットデバイスの物理NIC)にバインドすることを選択します。 Provisioning Servicesのターゲットデバイスソフトウェアを複数NIC環境内のNT6.xシステムにインストールする場合、有効なすべてのNICを使用できます。 そのため、bindcfg.exeは必要ではなくなり、ターゲットデバイスソフトウェアでインストールされなくなります。
  14. 仮想マシンをシャットダウンします。
  15. 仮想マシンのプロパティに移動し([操作][設定]の順に選択します)レガシネットワークアダプターから起動するように設定します。
  16. VHDX(<新しいvDisk>.vhdx)をProvisioning Servicesサーバーに戻します。
  17. Provisioning Servicesコンソールで次の操作を行います。
    1. [既存のvDiskの追加]メニューオプションを選択して、VHDXをProvisioning Servicesのデータベースに追加します。
    2. Hyper-V仮想マシンをターゲットデバイスの一覧に追加します。
    3. vDiskを適切なターゲットデバイスに関連付けます。
    4. vDiskを標準イメージモードに設定します。
  18. 物理ターゲットデバイスをPXEで起動し、次にHyper-V仮想マシンを起動します。
これで、元のvDiskはアップグレードされ、物理マシンと仮想マシンで共通のイメージも作成されました。