リソースフィルターの構成

ここでは、リソースの種類やキーワードを使用して、列挙されるリソースを指定する方法について説明します。管理者は、このフィルター機能と、Store Customization SDKで提供されるより高度なカスタマイズ方法を組み合わせて使用できます。SDKでは、ユーザーに表示されるアプリやデスクトップを制御したり、アクセス条件を変更したり、起動パラメーターを設定したりできます。詳しくは、Citrix StoreFront SDK PowerShell Modulesを参照してください。

注:

StoreFront管理コンソールとPowerShellコンソールを同時に開くことはできません。StoreFront管理コンソールを閉じてからPowerShellコンソールを開いてください。同様に、PowerShellのすべてのインスタンスを閉じてからStoreFront管理コンソールを開いてください。

フィルターの構成

フィルターを構成するには、StoresModuleで定義されているPowerShellコマンドレットを使用します。必要なモジュールをロードするには、以下のPowerShellスニペットを使用します。

$dsInstallProp = Get-ItemProperty `
 -Path HKLM:\SOFTWARE\Citrix\DeliveryServicesManagement -Name InstallDir
$dsInstallDir = $dsInstallProp.InstallDir
& $dsInstallDir..\Scripts\ImportModules.ps1

種類によるフィルタリング

リソースを種類でフィルタリングするには、以下のコマンドを使用します。このコマンドにより、列挙するリソースの種類が指定されます。指定した種類以外のリソースは列挙されません。以下のコマンドレットを使用します。

Set-DSResourceFilterType:リソースの種類による列挙フィルターをセットアップします。

Get-DSResourceFilterType:StoreFrontで列挙されるリソースの種類の一覧を取得します。

注:リソースの種類は、キーワードよりも先に適用されます。

キーワードによるフィルタリング

これにより、キーワードをベースにリソースをフィルターします。たとえば、Citrix Virtual Apps and Desktopsのリソースをフィルターします。キーワードは、各リソースの説明フィールドの文字列から生成されます。

このフィルターでは、列挙対象のリソースまたは列挙から除外するリソースを指定できます。列挙するリソースを指定するフィルターでは、キーワードに一致するリソースのみが列挙され、一致しないリソースは列挙されません。列挙から除外するリソースを指定するフィルターでは、キーワードに一致するリソースが列挙されなくなります。以下のコマンドレットを使用します。

Set-DSResourceFilterKeyword:リソースのキーワードによる列挙フィルターをセットアップします。

Get-DSResourceFilterKeyword:リソースのキーワードの一覧を取得します。

以下のキーワードは予約されており、このフィルターで使用することはできません。

  • 自動
  • 固定

各キーワードについて詳しくは、「ユーザーエクスペリエンスの最適化」と「アプリケーション配信の構成」を参照してください。

次のコマンドにより、ワークフローリソースが列挙対象から除外されます:

Set-DSResourceFilterKeyword -SiteId 1 -VirtualPath "/Citrix/Store" -ExcludeKeywords @("WFS")

次のコマンドにより、アプリケーションのみが列挙されます:

Set-DSResourceFilterType -SiteId 1 -VirtualPath "/Citrix/Store" -IncludeTypes @("Applications")