XMLサービスベースの認証

StoreFrontがCitrix Virtual Apps and Desktopsと同じドメイン内にない場合、またActive Directoryの信頼を適切に配置できない場合には、Citrix Virtual Apps and Desktops XML Serviceを使ってユーザー名とパスワード資格情報を認証するようにStoreFrontを構成できます。

XMLサービスベースの認証の有効化

  1. Windowsの [スタート] 画面または [アプリ] 画面で、[Citrix StoreFront]タイルをクリックします。
  2. Citrix StoreFront管理コンソールの左ペインで [ストア] ノードを選択して、[操作]ペインの [認証方法の管理] をクリックします。
  3. [認証方法の管理] ページで、[ユーザー名とパスワード]>[設定] ドロップダウンメニューから、[パスワード確認の構成] を選択します。

    [認証方法の管理]ダイアログ

  4. [パスワード検証方法] の一覧から [Delivery Controller] を選択し、[構成] をクリックします。

    [パスワード検証の構成]パネル

  5. [Delivery Controllerの構成] 画面に従って、1つまたは複数のDelivery Controllerを追加して、ユーザー資格情報を確認し、[OK] をクリックします。

    [Delivery Controllerの編集]パネル

XMLサービスベースの認証を無効にします

  1. Windowsの [スタート] 画面または [アプリ] 画面で、[Citrix StoreFront]タイルをクリックします。
  2. Citrix StoreFront管理コンソールの左ペインで [ストア] ノードを選択して、[操作]ペインの [認証方法の管理] をクリックします。
  3. [認証方法の管理] ページで、[ユーザー名とパスワード]>[設定] の一覧から、[パスワード確認の構成] を選択します。
  4. [パスワード検証方法] ドロップダウンメニューから [Active Directory] を選択し、[OK] をクリックします。