構成ファイルを使ったCitrix Receiver for Webサイトの構成

ここでは、Citrix StoreFront管理コンソールを使用して実行できない、Citrix Receiver for Webサイトの付加的な構成タスクについて説明します。

重要:

複数サーバーによる展開環境では、複数のサーバー上で同時にサーバーグループの構成を変更しないでください。展開内のほかのサーバー上でCitrix StoreFront管理コンソールを同時に実行していないことを確認してください。完了したら、 構成の変更をサーバーグループに反映し、展開内のほかのサーバーをアップデートします。

ユーザーに対するリソースの表示方式の構成

Citrix Receiver for Webサイトからデスクトップとアプリケーションの両方にアクセスできる場合、デフォルトでデスクトップとアプリケーションが別々のビューで表示されます。サイトにログオンすると、最初にデスクトップビューが表示されます。ユーザーがアクセスできるデスクトップが1つのみの場合、アクセス可能なアプリケーションがあるかどうかにかかわらず、ユーザーのログオン時にそのデスクトップが自動的に起動します。これらの設定を変更するには、サイトの構成ファイルを編集します。

  1. テキストエディターを使ってCitrix Receiver for Webサイトのweb.configファイルを開きます。このファイルは通常、C:\inetpub\wwwroot\Citrix\storenameWebディレクトリにあります。ここで、<storename>はストアの作成時に指定した名前です。

  2. ファイル内で次の要素を検索します。

    <uiViews showDesktopsView="true" showAppsView="true" defaultView="desktops" />
    
  3. デスクトップとアプリケーションが(サイトから使用可能な場合でも)ユーザーに表示されないようにするには、それぞれshowDesktopsView属性とshowAppsView属性の値をfalseに変更します。デスクトップビューとアプリケーションビューの両方が有効な場合は、defaultView属性の値をappsに設定すると、ユーザーがサイトにログオンしたときに最初にアプリケーションビューが表示されます。

  4. ファイル内で次の要素を検索します。

    <userInterface ... autoLaunchDesktop="true">
    
  5. デスクトップの自動起動を無効にするには、autoLaunchDesktop属性の値をfalseに変更します。これにより、ユーザーがアクセスできるデスクトップが1つのみの場合でも、ログオン時にデスクトップが自動的に起動しなくなります。

    autoLaunchDesktop属性がtrueの場合、使用可能なデスクトップが1つのみのユーザーがログオンしてもアプリケーションには再接続されません(ワークスペースコントロールが有効になっていても再接続されません)。

注:

Citrix Receiver for Webサイトによるデスクトップの自動起動を有効にするには、Internet Explorerでサイトにアクセスするユーザーは[ローカルイントラネット]または[信頼済みサイト]のゾーンにサイトを追加する必要があります。

[マイアプリケーション]フォルダービューの無効化

  1. テキストエディターを使ってCitrix Receiver for Webサイトのweb.configファイルを開きます。このファイルは通常、C:\inetpub\wwwroot\Citrix\storenameWebディレクトリにあります。ここで、<storename>はストアの作成時に指定した名前です。

  2. ファイル内で次の要素を検索します。

    <userInterface enableAppsFolderView="true">
    
  3. enableAppsFolderView属性の値をfalseに変更します。これにより、Citrix Receiver for Webの[マイアプリケーション]フォルダービューが無効になります。