StoreFrontのトラブルシューティング

注:

製品名の変更については、「新機能」を参照してください。

StoreFrontのインストール時やアンインストール時に、インストーラーによりC:\Windows\Temp\StoreFrontに以下のログファイルが作成されます。これらのログファイルには、作成元のコンポーネントと日時を示すファイル名が付けられます。

  • Citrix-DeliveryServicesRoleManager-*.log:StoreFrontのインタラクティブインストール時に作成されます。
  • Citrix-DeliveryServicesSetupConsole-*.log:StoreFrontのサイレントインストール時、インタラクティブアンインストール時、およびサイレントアンインストール時に作成されます。
  • CitrixMsi-CitrixStoreFront-x64-*.log:StoreFrontのインタラクティブインストール時、サイレントインストール時、インタラクティブアンインストール時、およびサイレントアンインストール時に作成されます。

StoreFrontの認証サービス、ストア、およびReceiver for Webサイトのイベントは、Windowsイベントログに書き込まれます。生成されたイベントはStoreFrontのアプリケーションログに書き込まれます。このログを表示するには、イベントビューアで [アプリケーションとサービスログ]>[Citrix Delivery Services] または [Windowsログ]>[アプリケーション] の順に選択します。単一イベントに対して同じログエントリが何度も書き込まれないようにするには、認証サービス、ストア、およびReceiver for Webサイトの構成ファイルを編集してログ調整を構成します。

Citrix StoreFront管理コンソールが自動的にトレース情報を記録します。デフォルトではほかの操作のトレースは無効になっており、手作業で有効にする必要があります。Windows PowerShellコマンドにより作成されるログファイルは、StoreFrontのインストール先フォルダーにある\Admin\logs\フォルダー内に保存されます。このインストール先フォルダーは通常、C:\Program Files\Citrix\Receiver StoreFrontです。このログファイルの名前は、実行されたコマンド処理、対象、および実行順序を識別するための日時で構成されます。

重要:

複数サーバーによる展開環境では、複数のサーバー上で同時にサーバーグループの構成を変更しないでください。展開内のほかのサーバー上でCitrix StoreFront管理コンソールを同時に実行していないことを確認してください。変更が完了したら、 構成の変更をサーバーグループに反映させて、展開内のほかのサーバーを更新します。

ログ調整を構成するには

  1. 認証サービス、ストア、またはReceiver for Webサイトのweb.configファイルをテキストエディターで開きます。これらのファイルは通常、それぞれC:\inetpub\wwwroot\Citrix\Authentication、C:\inetpub\wwwroot\Citrix\storename、C:\inetpub\wwwroot\Citrix\storenameWeb\フォルダーにあります。ここで、storenameはストアの作成時に指定した名前です。

  2. ファイル内で次の要素を検索します。

    <logger duplicateInterval="00:01:00" duplicateLimit="10">

    StoreFrontのデフォルトでは、重複するログエントリの数が1分あたり10件までに制限されます。

  3. duplicateInterval属性の値を変更して、重複エントリの監視期間を時間、分、秒で設定します。duplicateLimit属性の値を変更して、指定した監視期間内に記録される重複エントリの数を設定します。この数を超えるとログ調整が実行されます。

ログ調整が実行されると、指定した数を超える重複ログエントリが抑制され、それを示す警告メッセージが記録されます。監視期間が経過すると、ログ調整が解除され、それを示す情報メッセージが記録されます。

デバッグのトレースを有効にするには

重要:

StoreFront管理コンソールとPowerShellコンソールを同時に開くことはできません。StoreFront管理コンソールを閉じてからPowerShellコンソールを開いてください。同様に、PowerShellコンソールのすべてのインスタンスを閉じてからStoreFront管理コンソールを開いてください。

トレースの出力はc:\Program Files\Citrix\Receiver StoreFront\admin\traceに送信されます。

トレースの出力

注:

Get-Help Set-STFDiagnostics -detailedを実行してPowershellのヘルプおよび手順とSet-STFDiagnosticsコマンドレットの使用方法の手順を入手します。

ローカルの管理者アカウントを使ってWindows PowerShellを起動して、コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。その後次の必須パラメーターを指定してトレースを有効または無効にします。

  • -All。フラグは、すべてのインスタンスおよびサービスでトレースを更新する必要があることを示しています。
  • -TraceLevel。トレースの詳細レベルが低い順に次の値が-TraceLevelに許可されています:Off、Error、Warning、Info、Verbose。大量のデータが生成されるため、トレースはStoreFrontのパフォーマンスに重大な影響を与える可能性がありますInfoレベルまたはVerboseレベルの使用は、トラブルシューティングで指定された場合を除いてはお勧めしません。

オプションのパラメーター:

  • -FileSizeKb。トレースファイルのサイズ(KB)。
  • -FileCount。ディスク上で同時に保持できるトレースファイルの数。
  • -confirm:$False。Windowsのプロンプトが表示されないようにして、毎回StoreFrontコマンドレットを実行できるようにします。

デバッグのために、すべてのデバイスでVerboseレベルのトレースを有効にするには:

Set-STFDiagnostics -All -TraceLevel "Verbose" -confirm:$False

すべてのサービスでVerboseレベルのトレースを無効にして、トレースレベルをデフォルト値設定に戻すには:

Set-STFDiagnostics -All -TraceLevel "Error" -confirm:$False

Set-STFDiagnosticsコマンドレットについて詳しくは、StoreFront PowerShell SDKのドキュメントを参照してください。

launch.icaファイルのログ作成を有効にするには

launch.icaファイルの情報をクライアントコンピューターに保存して、複数の問題をトラブルシューティングします。launch.icaファイルは、Citrix Web InterfaceまたはCitrix StoreFrontサーバーで生成されます。

launch.icaファイルのログ作成を有効にするには、次の手順を完了します:

  1. レジストリエディターを使用して次のレジストリキーを参照します:

    32ビットシステム:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\ICA Client\Engine\Configuration\Advanced\Modules\Logging

    64ビットシステム:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\ICA Client\Engine\Configuration\Advanced\Modules\Logging

  2. 次の文字列値を設定します:

    LogFile=<path to the log file, use following format C:\ica\ica.log> LogICAFile=true(<>内はC:\ica\ica.log形式のログファイルへのパスです)。

そのほかの情報の入手先

注:

トラブルシューティング目的以外で環境でICAファイルを使用する場合について詳しくは、CTX200126を参照してください。

バージョン

StoreFrontのトラブルシューティング