StoreFrontを構成してウィンドウモードでアプリケーションおよびデスクトップを起動

アプリケーションの起動は、環境でのStoreFrontの可用性にシームレスに依存します。アプリケーションおよびデスクトップのシームレスオプションを無効にする場合は、代わりにウィンドウモードでの起動を検討してください。

以下は、公開アプリケーションの「メモ帳」の例です。Citrix Virtual Apps and Desktopsのアプリケーションセットで表示された公開アプリケーションの正確な名前を使用します。

注:

ICAファイルの大半の設定は大文字小文字を区別しません(例外:DesiredHRES設定およびDesiredVRES設定)。ウィドウモードのアプリバージョンを適用する場合、ブラウザー名を使用してStoreFrontサーバー上にある default.ica ファイルのアプリを参照します。Delivery ControllerでPowerShellを使用してアプリケーションのブラウザー名を確認します:

>>asnp citrix*

>>Get-BrokerApplication -ApplicationName

StoreFrontを構成するには

  1. StoreFrontサーバーの\inetpub\wwwroot\Citrix\StoreName\App_Dataディレクトリにあるdefault.icaファイルを編集します。
  2. default.icaファイルでは、次の行を探します:[ApplicationServers] application=​
  3. application=の後に行を作成し、次のパラメーターを追加します:

    [Notepad]
    TWIMode=Off
    DesiredHRES=1024
    DesiredVRES=768
    
  4. ファイルを保存します。

Citrix Virtual Apps and Desktops 7.xおよびStoreFront 3.xの公開デスクトップの場合

  1. StoreFrontサーバーのC:\inetpub\wwwroot\Citrix\storeWebディレクトリ内の web.config ファイルを編集します。

  2. web.configファイルで、次の行を探します:showDesktopViewer=''true''

  3. 値をTrueからFalseに変更します。

  4. クライアント側で、またはAD-GPMCで、管理用テンプレートファイルを使用して(オペレーティングシステムによってreceiver.admまたはreceiver.admx\receiver.adml)、次のポリシーを構成します:

    • [Computer configuration]>[Citrix Components]>[Citrix Receiver]>[User Experience]>[Client Display Settings]:Enable
    • シームレスウィンドウ:False
    • ウィンドウの幅:<As per requirement>、ウィンドウの高さ:<As per requirement>

備考

DeisredHRESおよびDesiredVRESは、必要な解像度(800x600や1024x768など)に設定できます。

パーセント表示の画面サイズでアプリケーションを実行する必要がある場合、TWIMode=Offの設定後にScreenPercent=90行を追加すると、画面サイズが90%に設定されます。これは、XenApp Services(旧称Program Neighborhoodエージェント)サイトでも設定できます。サイト(Inetpub\wwwroot\Citrix\PNAgent\conf)のconfフォルダー上で対象ファイルを編集してください。

10.xクライアントを使用してdefault.icaまたはtemplate.icaファイルを編集する場合、TWIMode=Off行のみを追加します。公開アプリケーションのプロパティからHRESおよびVRES設定が取得されます。または、ユーザーがアプリケーションを起動するときにICAファイルに重複したエントリがあるというエラーメッセージが表示されます。

StoreFrontを構成してウィンドウモードでアプリケーションおよびデスクトップを起動