Citrix Endpoint Management

Citrix Endpoint Management について

Citrix Endpoint Managementは、業界で認められている統合Endpoint Management(UEM)ソリューションで、Citrix Cloudのサービスとして提供されます。統合Endpoint Management ソリューションは、モバイル、ノートパソコン、PC、およびウェアラブルエンドポイントやIoTエンドポイントなどのデバイス向けに、単一のユニフォーム無線管理インターフェイスを提供します。Citrix Endpoint Management ementは、エンドポイント、アプリケーション、接続、およびデータを保護するためのプラットフォーム管理、所有モデル(デバイスの持ち込み、デバイスの選択、会社所有-個人対応、会社所有-ビジネスのみ)、および配信モデルで柔軟な選択肢を提供します。

これにより、現在および将来のビジネスユースケース(フロントラインワーカー、単一目的、オフィスワーカー、署名/キオスク)でユーザーの生産性が向上します。Unified Endpoint Management は、ゼロトラストフレームワークおよび将来対応セキュアワークスペースのイニシアチブにおける基本的な柱の1つであり、使用されているデバイスのコンプライアンスと正常性の姿勢、アプリケーション、接続に洞察を提供します。この情報は、リスクプロファイルを作成し、適応リスクと評価を継続できるように、分析システムに供給されます。Unified Endpoint Managementは、ユーザー、エンドポイント、アプリケーションのオンボーディングプロセスにクロスプラットフォームセキュリティを組み込むことで、最新のワークスペース戦略とクラウドセキュリティを合理化するのに役立ちます。

デバイス管理の進化

企業は当初、 モバイルデバイス管理(MDM) ソリューションを使用してデバイスを管理しました。MDMは、一元化されたデバイス管理だけでなく、リモート構成と更新を実行し、アプリケーションとデータをモバイルエンドポイントに効率的に配信する機能も提供します。MDMは、IT組織が初期所有デバイス(BYOD)の初期課題(オンボーディングや大規模管理など)を克服するのに役立ちました。

モバイルアプリケーション管理 (MAM) は MDM の直後に登場し、アプリケーションを個々のコンポーネントとしてセキュリティで保護および管理することに焦点を当てています。MAM では、MDM と同様のポリシーとユーザーエクスペリエンス管理のセットが提供されますが、デバイスレベルではなくアプリケーションレベルで異なります。それ以来、MAM はセキュリティで保護された(マイクロ)VPN、コンテナ間通信、およびセキュアコンテナのアプリレベルの制御を網羅するまでに拡大しました。

MDMの進化

Unified Endpoint Management(UEM) は、IoTやウェアラブルなどのその他のデバイスを含む、企業または個人用デバイスのセキュリティと制御に関する市場標準として最近登場しています。Unified Endpoint Management は、一元的かつ無線で、検出、プロビジョニング、管理、展開、更新、および保守を、単一のコンソールからまとまった方法で行う機能を提供します。Citrix Endpoint Management サービス(CEM) は、Citrixの統合Endpoint Management テクノロジで、ワークスペースエクスペリエンスを変換してすべてのエンドポイントをサポートし、IT管理に統一をもたらします。

統合されたEndpoint Management 要素

Unified Endpoint Management ソリューションの主な要素は何ですか。また、それらの機能は何ですか。 初期統合Endpoint Management は、次の基本コンポーネントで構成されています。

  • Endpoint Management
  • アプリケーション管理
  • コンテンツ管理
  • ID およびアクセス管理
  • セキュリティ管理
  • 接続管理

追加の監視、ビジネスインサイト、リモートコントロール、サポートは、現在の UEM サービスの要素です。Unified Endpoint Management は、市場が絶えず進化し拡大しているため、これらの要素に限定されません。

統合Endpoint Management 要素

Endpoint Management アーキテクチャフレームワーク

アーキテクチャフレームワーク 」セクションには、提供されるCitrix Endpoint Management ソリューションの一部である概念的な観点、原則、コンポーネント、データフロー、通信ポート、およびその他のアーキテクチャ表現など、アーキテクチャの概念のグラフィカルな表現が含まれています。Citrix による。

Endpoint Management サービスのアーキテクチャ

Citrix Endpoint Management サービスのアーキテクチャ図は、システムコンポーネントとコンポーネント間の相互接続を識別します。その他の主要な通信パスについて説明します。

統合Endpoint Management サービスアーキテクチャ

概念的なサービス所有権と管理アーキテクチャ

Citrix Endpoint Management ementの所有権と管理アーキテクチャの図では、CitrixとIT管理チーム間のシステムコンポーネント、サービスコンポーネント、場所、および管理責任を特定し、強調表示します。

Citrix Endpoint Managementサービス

Citrix統合Endpoint Management サービスの所有権と管理

Citrix XenMobile Server 現行リリース(オンプレミス)

Citrix XenMobile Serverの最新リリースは、Citrixオンプレミスの最初の統合Endpoint Management ソリューションです。新しいお客様は、CitrixEndpoint Management サービスを使用して統合Citrix Endpoint Management サービスを直接開始するためのアドバイスです。クラウドは、最初に設計された統合Endpoint Management サービス。XenMobile Server をオンプレミスで使用している場合は、無料のXenMobile移行サービスでCitrix Endpoint Management サービスを開始できます。XenMobile ServerからCitrix Endpoint Managementへの移行では、デバイスを再登録する必要はありません。 XenMobile 移行サービスの詳細情報

Citrix XenMobile 現行リリースの所有権と管理

統合されたEndpoint Management 所有モデル

ビジネスオーナーシップモデル

Unified Endpoint Management から始めると、ビジネス所有権モデルと管理オプションに関する情報が必要です。最も重要なのは、ビジネス所有権モデルとこれらの所有権モデルの技術関連の管理オプションです。ビジネス所有権モデルでは、基本的に、デバイスを所有しているユーザー、およびデバイスを部分的にまたは完全に管理しているのは誰と誰が IT 管理の観点から記述されます。また、ビジネス所有権モデルを使用して、デバイスで使用されるデータとアプリのセキュリティニーズ、責任、責任を相関させることができます。アプリとデータのビジネスニーズ、個人用、またはビジネス利用のすべてによって、次のような最も一般的なビジネス所有権モデルが使用されています。

自分のデバイスを持参 (BYOD)

自分のデバイスを持参 (BYOD) とは、従業員が自分のスマートフォン、ラップトップ、タブレットを自分の仕事に使用できることを意味します。BYODでは、紛失、ウイルス、またはデータ侵害の場合にいくつかの法的合併症、独自のデバイスの使用はまた、法的合併症を引き起こす可能性があります。たとえば、適切な場所に責任があるのは誰ですか?そして、同社はプライベートデバイスでICTポリシーを完全に維持することは許可されていますか?

自分のデバイスを持ってきて

自分のデバイスを選択 (CYOD)

自分のデバイスを選択 (CYOD) とは、従業員が事前に承認したデバイスの種類とモデルのリストからデバイスを選択できることを意味します。このアプローチでは、IT部門だけでなく、デバイスの管理を非常に容易にするため、満足できます。従業員はまた、仕事に必要なデバイスにはまだ一定の選択の自由があるので、それに満足します。

自分のデバイスを選択

会社所有、個人対応(COPE)

会社所有、個人対応 (COPE) は、組織が自分のデバイスの選択ポリシーに対して実装できる 2 つのポリシーの 1 つです。従業員は、組織によって事前に選択されたデバイスのリストから選択することができます。このデバイスは、組織によって購入および管理されますが、従業員が私的な目的のために使用することもできます。

会社が個人所有可能

会社所有、事業のみ (COBO)

会社所有、ビジネスのみ (COBO) は、企業が購入したデバイスを従業員に提供するビジネスモデルであり、このハードウェアを業務用に限定し、私的使用は禁止されています。従業員は、多くの場合、彼らが持っているだろうデバイスの選択を与えられていませんでした。

会社所有事業のみ

Citrix Endpoint Management サービスを開始するには、サインアップするか、Citrix Cloudアカウントを持っている必要があります。Citrix Cloudアカウントにサインアップするには、次の手順に従います。Citrix Cloudへのサインアップ

Citrix Cloudにアクセスすると、以下の手順に従って、Citrix Endpoint Management トライアルへのアクセスをリクエストできます。 Citrix Endpoint Managementのデモをリクエストする

Citrix Endpoint Management