Workspace Environment Management

仮想ドライブ

仮想ドライブのマッピングを制御します。仮想ドライブとは、ローカルファイルパスをドライブ文字にマップする Windows 仮想ドライブまたは MS-DOS デバイス名です。

ヒント:

動的トークンを使用して、Workspace Environment Management アクションを拡張し、より強力にすることができます。

仮想ドライブリスト

既存の仮想ドライブの一覧を表示します。[ 検索 ] を使用して、名前または ID でリストをフィルタできます。

仮想ディスクを追加および割り当てる一般的なワークフローは次のとおりです。

  1. 管理コンソール]>[操作]>[仮想ドライブ]>[仮想ドライブリスト ]タブで、[ 追加]をクリックします。または、空白領域を右クリックし、コンテキストメニューから [ 追加 ] を選択します。[ 新しい仮想ドライブ ] ウィンドウが表示されます。

    1. [ 全般 ] タブで、必要な情報を入力し、仮想ドライブをホームドライブとして設定するかどうかを選択します。
    2. [OK] をクリックして変更を保存し、[ 新しい仮想ドライブ ]ウィンドウを終了します。
  2. [ 管理コンソール] > [割り当て] > [アクションの割り当て ] タブに移動します。

    1. 仮想ドライブを割り当てるユーザーまたはユーザー・グループをダブルクリックします。
    2. 仮想ドライブを選択し、右矢印(>)をクリックして割り当てます。
    3. [ フィルタとドライバ文字の割り当て ] ウィンドウで、[ 常に True] を選択し、ドライバ文字を選択し、[ OK] をクリックします。仮想ドライブが [ 使用可能 ] ペインから [ 割り当て済み ] ペインに移動します。

[ 詳細設定] > [構成] > [サービスオプション ] タブの [ SQL 設定の更新遅延 ] で指定した値によっては、割り当てが有効になるまでに時間がかかる場合があります。必要に応じて、割り当てを直ちに有効にするには、次の手順を実行します。

  1. [ 管理コンソール] > [管理] > [エージェント] > [統計 ] タブに移動し、[ 更新] をクリックします。
  2. エージェントを右クリックし、コンテキストメニューから [ ワークスペースエージェントのリフレッシュ ] を選択します。

フィールドとコントロール

[一般]タブ

Name:仮想ドライブのリストに表示されるドライブの表示名。

説明。仮想ドライブに関する追加情報を指定できます。情報は、エディションウィザードまたは作成ウィザードにのみ表示されます。

ターゲットパス。ユーザーの環境で解決される仮想ドライブへのパスを入力します。

仮想ドライブの状態。仮想ドライブが有効か無効かを切り替えます。無効にすると、エージェントはユーザーに割り当てられていても処理しません。

ホームドライブとして設定します。ホームドライブとして設定するかどうかを選択できます。

[オプション] タブ

アクションタイプ。このリソースがどのようなアクションであるかを説明します。

仮想ドライブ