タイムゾーン制御のポリシー設定

タイムゾーン制御セクションには、セッションでのローカルタイムの使用に関するポリシー設定が含まれています。

レガシークライアントのローカルタイムゾーンを検出する

この設定では、クライアント側のローカルタイムゾーンの検出を有効または無効にします。クライアントによっては、正確なタイムゾーン情報がサーバーに送信されない場合があります。

デフォルトでは、必要に応じてクライアント側のタイムゾーンが検出されます。

この設定は、詳しいタイムゾーン情報をサーバーに送信しない、従来のCitrix ReceiverまたはICAクライアントでの使用を前提にしています。WindowsでサポートされているバージョンのCitrix Receiverなど、サーバーに詳しいタイムゾーン情報を送信するCitrix Receiverで使用する場合、この設定は何の影響も及ぼしません。

クライアントのローカルタイムゾーンを使用する

この設定では、ユーザーセッションに適用されるタイムゾーンを指定します。ユーザーセッションにサーバー側のタイムゾーンを適用したり、ユーザーデバイス側のタイムゾーンを適用したりできます。

デフォルトでは、ユーザーセッションのタイムゾーンが適用されます。

この機能を使用するには、グループポリシーエディターの[タイムゾーンリダイレクトを許可する]設定([ユーザーの構成]>[管理用テンプレート]>[Windowsコンポーネント]>[リモートデスクトップサービス]>[リモートデスクトップセッションホスト]>[デバイスとリソースのリダイレクト])を有効にしてください。