USBデバイスのポリシー設定

[USBデバイス] セクションには、USBデバイスのファイルリダイレクトの管理に関するポリシー設定が含まれています。

クライアントUSBデバイス最適化規則

クライアントUSBデバイス最適化規則をデバイスに適用して最適化を無効にしたり、最適化モードを変更したりできます。

ユーザーがUSB入力デバイスを接続すると、デバイスがUSBポリシー設定で許可されているかどうかホストがチェックします。デバイスが許可されている場合は、次にホストはデバイスのクライアントUSBデバイス最適化規則をチェックします。規則が指定されていない場合は、デバイスは最適化されません。キャプチャモード(04)は署名デバイスに対する推奨モードです。長い遅延のためにパフォーマンスが低下しているその他のデバイスに対して、管理者は対話モード(02)を有効にできます。使用できるモードについては、以下の説明を参照してください。

ヒント

  • Wacom署名パッドおよびタブレットを使用する場合、スクリーンセーバーを無効にすることをお勧めします。その実行方法については、このセクションの最後で説明します。
  • Wacom STU署名パッドおよびタブレット製品シリーズの最適化のサポートは、XenAppおよびXenDesktopポリシーのインストールで事前構成されています。
  • 署名デバイスはXenAppおよびXenDesktopで動作し、署名デバイスとして使用するためのドライバーは必要ありません。Wacomには、デバイスをよりカスタマイズするためインストールできる追加のソフトウェアがあります。https://www.wacom.com/を参照してください。
  • 描画用タブレット。ある種の描画入力デバイスはPCI/ACPIバス上のHIDデバイスとされ、サポートされていません。これらのデバイスについては、クライアント上のUSBホストコントローラーで接続し、XenDesktopセッション内でリダイレクトする必要があります。

ポリシー規則は、スペースで区切った「タグ=値」式の形式にします。以下のタグがサポートされます:

タグ名 説明
モード 最適化モードは、class=03の入力デバイスでサポートされます。サポートされているモードは次のとおりです:最適化なし - 値01。対話モード - 値02。ペンタブレットや3D Proマウスなどのデバイスにお勧めします。キャプチャモード - 値04。署名パッドなどのデバイスにお勧めします。
VID デバイス記述子のベンダーID(4桁の16進数値)
PID デバイス記述子の製品ID(4桁の16進数値)
REV デバイス記述子のリビジョンID(4桁の16進数値)
クラス デバイス記述子またはインターフェイス記述子のクラス
SubClass デバイス記述子またはインターフェイス記述子のサブクラス
Prot デバイス記述子またはインターフェイス記述子のプロトコル

Mode=00000004 VID=067B PID=1230 class=03 #キャプチャモードで動作する入力デバイス

Mode=00000002 VID=067B PID=1230 class=03 #対話モードで動作する入力デバイス(デフォルト)

Mode=00000001 VID=067B PID=1230 class=03 #最適化なしで動作する入力デバイス

Mode=00000100 VID=067B PID=1230 #最適化が無効に設定されているデバイス(デフォルト)

Mode=00000200 VID=067B PID=1230 #最適化が有効に設定されているデバイス

Wacom署名パッドデバイスのスクリーンセーバーの無効化

Wacom署名パッドおよびタブレットを使用する場合、次の手順に従ってスクリーンセーバーを無効にすることをお勧めします:

  1. デバイスのリダイレクト後にWacom-STU-Driverをインストールします。
  2. Wacom-STU-Display MSIをインストールして、署名パッドコントロールパネルへのアクセスを有効にします。
  3. [コントロールパネル]>[Wacom STU Display]>[STU430] または [STU530] の順に選択し、使用しているモデルのタブを選択します。
  4. UACセキュリティウィンドウがポップアップ表示されたら [Change] をクリックしてから [Yes] をクリックします。
  5. [Disable slideshow] を選択して、[Apply]をクリックします。

1つの署名パッドモデルに対しての設定が完了したら、それがすべてのモデルに適用されます。

クライアント USB デバイス リダイレクト

この設定では、USBデバイスのクライアント側へのリダイレクトおよびクライアント側からのリダイレクトを許可または禁止します。

デフォルトでは、USBデバイスはリダイレクトされません。

クライアントUSBデバイスリダイレクト規則

この設定では、USBデバイスのリダイレクト規則を指定します。

デフォルトでは、規則は指定されていません。

ユーザーがUSBデバイスを装着すると、ホストデバイスで一覧の規則が順に検証され、マッチする最初の規則でリダイレクトが許可されているかどうかがチェックされます。最初の一致がAllow規則の場合、USBデバイスは仮想デスクトップにリモートで接続されます。最初の一致がDeny規則の場合、そのUSBデバイスはローカルデスクトップでのみ使用可能になります。一致する規則がない場合、デフォルトの規則が使用されます。

ポリシー規則は、「{Allow:`|`Deny:}」の後に、「タグ=値」式をスペースで区切って続けた形式で設定します。以下のタグがサポートされます:

タグ名 説明
VID デバイス記述子のベンダーID(4桁の16進数値)
PID デバイス記述子の製品ID(4桁の16進数値)
REV デバイス記述子のリビジョンID(4桁の16進数値)
クラス デバイス記述子またはインターフェイス記述子のクラス
SubClass デバイス記述子またはインターフェイス記述子のサブクラス
Prot デバイス記述子またはインターフェイス記述子のプロトコル

新しいポリシー規則を作成する場合、以下の点に注意してください:

  • 大文字と小文字は区別されません。
  • 規則の末尾に、#で始まる任意のコメントを追加できます。
  • 空白行およびコメントのみの行は無視されます。
  • タグには等号(=)を使用する必要があります(例:VID=067B)。
  • 各規則を1行ずつ記述するか、同一行に記述する場合はセミコロンで区切られたリスト形式である必要があります。
  • USBクラスコードについては、USB Implementers Forum, Inc.のWebサイトを参照してください。

管理者定義のUSBポリシー規則の例:

  • Allow: VID=067B PID=0007 # ANOther Industries, ANOther Flash Drive
  • DENY: Class=08 subclass=05 # Mass Storage
  • すべてのUSBデバイスのリダイレクトを禁止する場合は、タグを指定せずに「DENY:」を使用します。

クライアントUSBプラグアンドプレイデバイスリダイレクト

この設定では、カメラやPOS(Point-Of-Sale)デバイスなど、プラグアンドプレイデバイスのセッション内での使用を許可または禁止します。

デフォルトでは、許可されます。[許可]を選択すると、特定のユーザーやグループのセッションですべてのプラグアンドプレイデバイスがリダイレクトされます。[禁止]を選択すると、デバイスはリダイレクトされません。