Conversion Manager

Conversion Managerを使用すると、VMwareの仮想マシンのバッチを環境に移動することで、VMwareのワークロードをに移行できます。

Conversion Managerは仮想マシンを変換するだけでなく、移行を簡単にします。 Conversion Managerは仮想マシンのネットワーク設定やストレージ接続の変更などの移行作業を容易にします。XenServer Conversion Managerによる変換処理が完了すると、その仮想マシンはほぼ実行可能な状態になります。

VMwareからへの変換

Conversion Managerを使用すると次のことができます:

  • 1つのシンプルなウィザードを使用して複数の仮想マシンを変換する

  • VMwareとの間でネットワーク設定をマップし、変換した仮想マシンを適切なネットワーク設定で起動し実行できるようにする

  • 新しい仮想マシンを実行するストレージの場所を選択する

注:

  • Conversion Managerは、既存のVMware環境を削除または変更しません。仮想マシンは環境で複製され、VMwareから削除されることはありません。

  • Conversion Managerは、 ユーザー、または Virtual Apps and Desktops権限によりにアクセスするユーザーが使用できます。のライセンスについて詳しくは、「ライセンス」を参照してください。 のライセンスをアップグレードまたは購入するには、Citrix Webサイトにアクセスしてください。

について

環境を変換する前に、のコンセプトに精通することをお勧めします。詳しくは、「製品の技術概要」を参照してください。

Conversion Managerを適切に使用するには、以下のタスクを実行します:

  • をインストールするなど、基本的な環境を設定する。詳しくは、「[クイックスタート](/ja-jp/xenserver/current-release/quick-start.html)」および「インストール」を参照してください。

  • でネットワークを作成して、IPアドレスをネットワークインターフェイスカードに割り当てる。詳しくは、「クイックスタート」を参照してください。

  • ストレージに接続する。詳しくは、「クイックスタート」を参照してください。

注:

ドキュメントはdocs.citrix.comから、Knowledge Centerの技術文書とホワイトペーパーはCitrix Knowledge Centerから入手できます。

VMwareとの用語の比較

次の表に、一般的なVMwareの機能、コンセプト、およびコンポーネントにおおよそ相当するの用語を示します:

VMwareの用語 の相当語
VMware vSphere Client (の管理コンソール)
クラスター/リソースプール リソースプール
データストア ストレージリポジトリ
vMotion XenMotion
分散リソーススケジュール(DRS) ワークロードバランス
高可用性(HA) 高可用性(HA)
vCenter Converter XenConvert、 Conversion Manager
役割ベースのアクセス制御(RBAC) 役割ベースのアクセス制御(RBAC)

変換の概要

Conversion Managerは対象の各仮想マシンのコピーを作成します。同等のネットワーク設定とストレージ接続で対象の仮想マシンを仮想マシンに変換した後、その仮想マシンをプールまたはホストにインポートします。 Conversion Managerを使用すると、1つまたは2つの仮想マシンだけを変換することも、環境全体の一括変換を実行することもできます。

注:

vSphereから仮想マシンを変換する前に、vSphereで仮想マシン(変換対象のもの)をシャットダウンする必要があります。現在のバージョンの Conversion Managerでは、コピーしたメモリを使用して実行中の仮想マシンをvSphereからに変換することはできません。

Conversion Managerの変換プロセスには以下の4つのコンポーネントが必要です:

  • Conversion Managerコンソール - 変換オプションを設定し変換を制御するユーザーインターフェイス。このコンソールはWindowsまたはLinuxのローカルデスクトップにインストールできます。 Conversion Managerには、および Conversion Manager仮想アプライアンスへの接続が必要です。

  • Conversion Manager仮想アプライアンス - 事前にパッケージされた仮想マシン。変換した仮想マシンを実行するホストまたはプールにインポートします。仮想アプライアンスは、VMware仮想マシンのコピーを仮想マシンフォーマットに変換します。変換後、これらのコピーをプールまたはホストにインポートします。

  • スタンドアロンのホストまたはプール - 変換した仮想マシンを実行する環境。

  • VMwareサーバー。 Conversion Managerには、変換する仮想マシンを管理するVMwareサーバーへの接続が必要です。接続先のVMwareサーバーは、vCenter Server、ESXi Server、またはESX Serverである必要があります。仮想マシンはVMwareサーバーから削除されません。代わりに、 Conversion Manager仮想アプライアンスはこれらの仮想マシンのコピーを作成して、仮想マシンフォーマットに変換します。

次の図では、これらのコンポーネントの関係性を示しています

Conversion Manager仮想アプライアンスのファシリティ間通信

この図は以下を示しています:

  1. Conversion Managerと Conversion Manager仮想アプライアンスの通信の仕組み
  2. Conversion Manager仮想アプライアンスによるVMwareサーバーの認証の仕組み
  3. 変換中VMware サーバーが Conversion Manager仮想アプライアンスに応答する仕組み

VMwareサーバーは、アプライアンスがVMwareサーバーにクエリを実行する際にのみ、変換を通した環境の情報とディスクデータについて Conversion Manager仮想アプライアンスと通信を行います。

仮想マシン変換方法の概要

以下の簡単な手順で Conversion Managerを設定して仮想マシンの変換を開始できます:

  1. [ このページ]から Conversion Manager仮想アプライアンスと Conversion Managerコンソールをダウンロードします。

  2. を使用して、 Conversion Manager仮想アプライアンスをにインポートします。

  3. Conversion Manager仮想アプライアンスの設定は、を使用して行います。

  4. Conversion Managerコンソールをインストールします。

  5. Conversion Managerコンソールから変換ウィザードを起動して、仮想マシンの変換を開始します。

以下のセクションでは、これらの手順について詳しく説明します。情報は、 Conversion Managerのヘルプで得ることもできます。このヘルプは Conversion Managerコンソールに表示されます。

環境の準備

VMware環境を変換する前に、対象のスタンドアロンホスト、つまり変換したVMware仮想マシンを実行する環境を作成して準備する必要があります。環境の準備には以下のことが含まれています:

  1. VMware環境をどのように変換するか戦略を定義する。1つまたは2つの仮想マシンだけを変換するのか、環境全体を変換するのか、設定が正しいことを確認するために最初にパイロットを作成するのか、両方の環境を並行して実行するのか、に変換するときに既存のクラスター設計を維持するのか、など。

  2. ネットワーク設定の構成を計画する。同じ物理ネットワークに接続するのか、ネットワーク設定の構成を単純化したり変更したりするのか、など。

  3. プールに含めるホストにをインストールする。理想的には、インストールを開始する前に、ホストのネットワークインターフェイスカードを物理ネットワークに挿入しておく必要があります。

  4. プールを作成して、基本的なネットワーク設定の構成を実行する。たとえば、次のようにします:

    • ホスト上のVMwareクラスターに接続するネットワークを構成します(クラスターがホストと同じネットワーク上にない場合)。

    • ストレージアレイに接続するネットワークを構成します。つまり、IPベースのストレージを使用する場合は、ストレージアレイの物理ネットワークに接続するネットワークを作成します。

    • プールを作成して、このプールにホストを追加します。

  5. (共有ストレージおよびプールの場合)仮想ディスクを格納する共有ストレージを準備して、ストレージ(プールのストレージリポジトリ:SR)への接続を作成する。

  6. (オプション)変換の要件ではありませんが、VMwareサーバーの管理者アカウントと一致するように、プールの管理者アカウントを構成できます。Active Directoryアカウントの役割ベースのアクセス制御の構成について詳しくは、のヘルプまたは「クイックスタート」を参照してください。

のインストールとプールの作成

VMware仮想マシンを変換するには、変換した仮想マシンを実行するプールまたはホストを作成してください。このプールには、VMwareサーバーに接続できるように構成したネットワーク設定が必要です。VMwareクラスターに含まれているプールと同じ物理ネットワークを構成することも、ネットワーク設定の構成を単純化することもできます。変換した仮想マシンをプールで実行する場合は、変換前にストレージリポジトリを作成して、共有ストレージをプールに追加します。

を初めて利用される場合、基本的なインストールや構成など、の基本については「クイックスタート」でご覧いただけます。

環境に関する考慮事項

のインストールと仮想アプライアンスのインポートの前に、変換戦略に影響する可能性のある次の要素を検討してください:

** Conversion Manager仮想アプライアンスを実行するホストの選択**。仮想アプライアンスは、変換した仮想マシンを実行する、スタンドアロンのホストまたはプールに含まれるホストにインポートします。

プールの場合、ホストのストレージが記憶要件を満たせば、プール内の任意のホストで仮想アプライアンスを実行できます。

変換した仮想マシンを実行するプールまたはホストで構成されるストレージは、特定の要件を満たす必要があります。新しく変換した仮想マシンをプールで実行する場合は、その仮想ディスクが共有ストレージに格納されている必要があります。ただし、変換した仮想マシンを(プールではなく)1台のスタンドアロンのホストで実行する場合は、仮想ディスクにローカルストレージを使用できます。

変換した仮想マシンをプールで実行する場合は、ストレージリポジトリを作成して、共有ストレージをプールに追加してください。

変換をサポートするゲストオペレーティングシステム。 Conversion Managerでは、でサポートされているすべてのWindowsゲストオペレーティングシステムのVMware仮想マシンの変換がサポートされています。によってサポートされるWindowsゲストオペレーティングシステムの一覧については、「ゲストオペレーティングシステムのサポート」を参照してください。以下のLinuxオペレーティングシステムもサポートされています。

  • RHEL 5.4/5.6/6.4/7.0

  • CentOS 5.5/6.3/6.4/6.5/7.0

  • SLES 11 SP1/SP2/SP3/SP4

  • Ubuntu 12.04/14.04/16.04

ネットワーク設定要件の適合

VMware仮想マシンを変換するには、 Conversion Manager仮想アプライアンスがVMwareサーバーと接続できる物理ネットワークまたはVLANに接続できる必要があります。(以下のセクションでは、このネットワークを「VMwareネットワーク」と呼びます)

VMwareサーバーが、プール内のホストと異なる物理ネットワーク上にある場合、変換前にそのネットワークをに追加します。

既存のネットワーク構成のマップ

Conversion Managerには、既存のVMware仮想マシンをに変換した後に必要な手作業によるネットワーク設定の構成を少なくする機能があります。たとえば、 Conversion Managerによって以下が行われます:

  • VMware仮想マシンの仮想MACアドレスを保持し、変換後の仮想マシンで再利用します。仮想ネットワークアダプタに関連付けられたMACアドレス(仮想MACアドレス)を保持すると、以下に役立ちます:

    • DHCPを使用する環境でのIPアドレスの保持

    • ライセンスが仮想MACアドレスを参照するソフトウェアプログラム

  • (仮想)ネットワークアダプタをマップします。 Conversion Managerは、仮想マシンが変換された後、その仮想ネットワークインターフェイスが適切に接続されるように、VMwareネットワークをネットワークにマップできます。選択できるネットワークには、標準の物理ネットワーク(外部ネットワーク)、VLAN、シングルサーバーのプライベートネットワーク、サーバー間のプライベートネットワークなどがあります。

    たとえば、VMwareの「仮想ネットワーク4」をの「ネットワーク0」にマップした場合、変換後、「仮想ネットワーク4」に接続する仮想アダプタを持つすべてのVMware仮想マシンが「ネットワーク0」に接続されます。 Conversion Managerは、ハイパーバイザーネットワーク設定を変換または移行しません。ウィザードは、提供されたマッピングに基づいて、変換された仮想マシンの仮想ネットワークインターフェイス接続のみを変更します。

    注:

    すべてのVMwareネットワークを対応するネットワークにマップする必要はありません。ただし、必要に応じて、新しい構成で、仮想マシンが使用するネットワークを変更したり、ネットワークの数を減らしたり、集約したりすることができます。

    これらの機能を最大限に活用するために、以下を実行することをお勧めします:

    • をインストールする前に、適切なスイッチ上のネットワーク(ポート)にそのホストを接続します。

    • 目的のネットワークがプールから参照できることを確認します。つまり、VMwareクラスタと同じネットワークにアクセスできるスイッチポートにホストを接続します。

    ネットワークインターフェイスカードをVMwareホストのネットワークインターフェイスカードと同じネットワークに差し込むほうが簡単ですが、必須ではありません。ネットワークインターフェイスカードとネットワークの関係を変更する場合は、ネットワークインターフェイスカードを別の物理ネットワークに差し込むことができます。

Conversion Managerネットワーク設定要件の準備

変換を実行するときには、VMwareサーバーがあるネットワークへのネットワーク接続を作成する必要があります。この接続は、 Conversion ManagerがホストとVMwareサーバー間の変換トラフィックに使用します。

このネットワーク接続を作成するには、次の2つのタスクを実行する必要があります:

  • Conversion Manager仮想アプライアンスをインポートするときに、仮想ネットワークインターフェイスとして変換トラフィック用に追加したネットワークを指定します。指定は、インターフェイス1を構成することで行い、この指定でインターフェイス1がそのネットワークに接続します。

  • 変換ウィザードを実行する前に、ネットワークに接続しているVMwareとを、変換した仮想マシンを実行するホストに追加します。

デフォルトでは、 Conversion Manager仮想アプライアンスをインポートするときに、が、ネットワーク0とNIC0(eth0)に関連付けた仮想ネットワークインターフェイスを作成します。ただし、デフォルトでは、のセットアップはNIC0を管理インターフェイス、の管理トラフィックに使用されるネットワークインターフェイスカードとして設定します。その結果、変換用にネットワークを追加するときに、NIC0以外のネットワークインターフェイスカードを選択することもできます。別のネットワークを選択すると、トラフィック量の多いプールのパフォーマンスが向上する可能性があります。管理インターフェイスについて詳しくは、のヘルプを参照してください。

にネットワークを追加するには

  1. [リソース] ペインで、 Conversion Managerを実行するプールを選択します。

  2. [ネットワーク] タブをクリックします。

  3. [ネットワークの追加] をクリックします。

  4. [種類の選択] ページで、[外部ネットワーク] を選択して [次へ] をクリックします。

  5. [名前] ページで、ネットワークのわかりやすい名前(「VMwareネットワーク」など)と説明を入力します。

  6. [インターフェイス] ページで以下を指定します:

    • NIC:ネットワークの作成にで使用するネットワークインターフェイスカード。VMwareサーバーの物理ネットワークまたは論理ネットワークに接続されているネットワークインターフェイスカードを選択します。

    • VLAN:VMwareネットワークがVLANである場合は、そのVLANのID(または「タグ」)を入力します。

    • MTU:VMwareネットワークでジャンボフレームが使用されている場合は、MTU(Maximum Transmission Unit:最大転送単位)の値を1500~9216で入力します。ジャンボフレームが使用されていない場合は、デフォルトの1500を使用します。

      注:

      [このネットワークを新規VMに自動的に追加する] チェックボックスはオンにしないでください。

  7. [完了] をクリックします。

記憶要件の適合

VMware仮想マシンのバッチを変換する前に、記憶要件を検討します。変換した仮想マシンのディスクは、ストレージリポジトリに格納されます。

このストレージリポジトリには、そのプールで実行する変換済み仮想マシンの仮想ディスクをすべて格納できるのに十分な容量が必要です。変換したマシンをスタンドアロンホストでしか実行しない場合は、変換した仮想ディスクの場所として、ローカルストレージまたは共有ストレージのいずれかを指定できます。変換したマシンをプールで実行する場合は、共有ストレージのみを指定できます。

ストレージリポジトリを作成するには

  1. [リソース] ペインで、 Conversion Manager仮想アプライアンスを実行するプールを選択します。

  2. [ストレージ] タブをクリックします。

  3. [新規ストレージリポジトリ] をクリックして、ウィザードの手順に従って処理を進めます。詳しくは、F1キーを押してオンラインヘルプを参照してください。

の要件

このリリースの Conversion Managerで変換した仮想マシンは、以下のバージョンので実行できます:

VMwareの要件

Conversion Managerは、以下のバージョンのVMwareからVMware仮想マシンを変換できます:

  • vCenter Server 5.5.0、6.0.0、6.5.0
  • vSphere 5.5.0、6.0.0、6.5.0
  • ESXi 5.5.0、6.0.0、6.5.0

仮想アプライアンスをインポートする準備

仮想アプライアンスをインポートする前に、以下の事項を確認して、必要に応じてXenServer環境を変更してください。

仮想アプライアンスのダウンロード

Conversion Manager仮想アプライアンスはxvaフォーマットでパッケージ化されています。仮想アプライアンスは[ このページ]からダウンロードできます。ファイルをダウンロードするときに、このファイルをローカルコンピューター(通常はがインストールされているコンピューターですが、必ずしもそうである必要はありません)のローカルハードドライブのフォルダーに保存します。.xvaファイルをハードドライブに置くと、にインポートできるようになります。

注:

Conversion Managerは、 ユーザー、または Virtual Apps and Desktops権限によりにアクセスするユーザーが使用できます。のライセンスについて詳しくは、「ライセンス」を参照してください。 のライセンスをアップグレードまたは購入するには、[Citrix Webサイト]にアクセスしてください。

仮想アプライアンスの前提条件

Conversion Manager仮想アプライアンスの最低要件:

  • 、 、 、 、 、 、 、

  • ディスクスペース:30GBのディスクスペース

  • メモリ:6.5GB

  • 仮想CPU割り当て:1vCPU

Conversion Manager仮想アプライアンスのインポートと構成

Conversion Manager仮想アプライアンスは単一のインストール済み仮想マシンであり、ホスト上で動作するように設計されています。インポートする前に、「仮想アプライアンスの準備とインポート」というセクションの前提条件情報と考慮事項を確認してください。

への仮想アプライアンスのインポート

Conversion Manager仮想アプライアンスを、変換した仮想マシンを実行するプールまたはホストにインポートします。 Conversion Manager仮想アプライアンスをインポートするには、の [インポート] ウィザードを使用します。

仮想アプライアンスをにインポートするには:

  1. を開き、インポート先のプールまたはホストを右クリックして [インポート] を選択します。

  2. 参照して、仮想アプライアンスパッケージを検索します。

  3. Conversion Manager仮想アプライアンスを実行するプールまたはホームサーバーを選択します。

>**注:**
>
> ホームサーバーとは、プール内の仮想マシンにリソースを提供するホストを指します。可能な間、は他のホストを試行する前に、そのホストで仮想マシンを起動しようとします。ホストを選択した場合、 Conversion Manager仮想アプライアンスはこのホストをホームサーバーとして使用します。プールを選択した場合、仮想アプライアンスはそのプール内の最適なホストで自動的に起動します。
  1. Conversion Manager仮想アプライアンスの仮想ディスクを格納するストレージリポジトリを選択して、[インポート] をクリックします。ストレージリポジトリをプールに追加する場合は、「記憶要件の適合」というセクションを参照してください。ローカルまたは共有のストレージのどちらかを選択できます。

  2. 変換に使用するネットワーク(VMwareサーバーとホストを接続するネットワーク)が、インターフェイス1(「仮想NIC 1」)が関連付けられているネットワークとして選択されていることを確認します。

    • 正しいネットワークがインターフェイス1の横に表示されない場合は、[ネットワーク] 列の一覧を使用して別のネットワークを選択します。

    • プールとは異なる物理ネットワークにあるVMwareネットワークを追加していない場合は、以下を実行します:

      1. ウィザードを終了します。
      2. ネットワークをプールに追加します。
      3. ウィザードを再実行します。

      詳しくは、「にネットワークを追加するには」を参照してください。

      警告:

      顧客ネットワークに対してNIC0を設定しないでください。NIC0は「ホスト内部管理ネットワーク」にのみ割り当てます。

  3. [インポート後にVMを起動する] チェックボックスがオンになっていることを確認して、[完了] をクリックします。仮想アプライアンスのインポート処理が開始されます。

  4. .xvaファイルをインポートすると、 Conversion Manager仮想アプライアンスがの [リソース] ペインに表示されます。

Conversion Manager仮想アプライアンスの構成

Conversion Manager仮想アプライアンスをVMware仮想マシンの変換に使用するには、インポートした後に構成する必要があります。 [コンソール] タブの指示に従います。

  1. インポートした Conversion Manager仮想アプライアンスの [コンソール] タブをクリックします。

  2. ライセンス契約書の内容を確認して、同意する場合は「yes」と入力します。同意しない場合は、「no」と入力します。

  3. Conversion Manager仮想アプライアンスの新しいルートパスワードを入力して確認します。安全なパスワードを使用することをお勧めします。

  4. Conversion Manager仮想アプライアンスのホスト名を入力します。

  5. 仮想アプライアンスのドメインサフィックスを入力します。たとえば、仮想アプライアンスのFQDN(Fully Qualified Domain Name:完全修飾ドメイン名)がcitrix-migrate-vm.domain4.bedford4.ctx4の場合は、「domain4.bedford4.ctx4」と入力します。

  6. Conversion Manager仮想アプライアンスのIPアドレスをDHCPから自動的に取得する場合は、「y」と入力します。特定の静的IPアドレスを指定する場合は、「n」と入力して、仮想マシンのIPアドレス、サブネットマスク、およびゲートウェイを指定します。

  7. ホスト名とネットワーク設定を確認し、プロンプトが表示されたら「y」と入力します。この手順で Conversion Manager仮想アプライアンス構成プロセスが完了します。

  8. アプライアンスを正常に構成すると、ログインプロンプトが表示されます。ログイン資格情報を入力してEnterキーを押し、 Conversion Manager仮想アプライアンスにログインします。

Conversion Manager仮想アプライアンスの構成が完了したら、 Conversion Managerコンソールをインストールします。詳しくは、「Conversion Managerコンソールのインストール」を参照してください。

Conversion Managerコンソールのインストール

Conversion Manager仮想アプライアンスの構成後、続けて Conversion Managerコンソールをローカルワークステーションにインストールします。 Conversion Managerコンソールは、ほとんどの変換タスクを実行するためのユーザーインターフェイスです。 Conversion Managerコンソールから変換ウィザードを起動して、変換元のVMware仮想マシンを選択します。

注:

Conversion Managerは、 ユーザー、または Virtual Apps and Desktops権限によりにアクセスするユーザーが使用できます。のライセンスについて詳しくは、「ライセンス」を参照してください。のライセンスをアップグレードまたは購入するには、[Citrix Webサイト]にアクセスしてください。

システム要件

サポートされるゲストオペレーティングシステム

Conversion Managerでは、でサポートされているすべてのWindowsゲストオペレーティングシステムのVMware仮想マシンの変換がサポートされています。によってサポートされるWindowsゲストオペレーティングシステムの一覧については、「ゲストオペレーティングシステムのサポート」を参照してください。以下のLinuxオペレーティングシステムもサポートされています。

  • RHEL 5.4/5.6/6.4/7.0

  • CentOS 5.5/6.3/6.4/6.5/7.0

  • SLES 11 SP1/SP2/SP3/SP4

  • Ubuntu 12.04/14.04/16.04

ソフトウェア要件

Microsoft .NET Framework 4.6

インストールに必要なハードドライブの容量

10MB

インストール

Conversion Managerコンソールは、を実行するコンピューターと同じコンピューターにインストールされます。

重要:

  • Conversion Managerコンソールをインストールする前に、ほかのバージョンのコンソールをコンピューターから削除してください。

  • Conversion Managerコンソールのプロキシ設定は、Webブラウザーに依存します。プロキシサーバーからのみ、ESXi、およびvCenterに到達できる場合は、Webブラウザーのプロキシ設定にそのプロキシサーバーの詳細を入力する必要があります。プロキシサーバーなしで、ESXi、およびvCenterに到達でき、ユーザーがインターネットにアクセスするWebブラウザーのプロキシを設定している場合は、Webブラウザーのプロキシ設定でプロキシ例外に、ESXi、およびvCenterのアドレスを追加する必要があります。

** Conversion Managerコンソールをインストールするには**:

  1. convui_setup.exe を右クリックして、[管理者として実行] を選択します。

  2. [ Conversion Managerインストールウィザードへようこそ] ページで [次へ] をクリックします。

  3. 使用許諾契約の内容を確認して、[同意する] をクリックして契約の内容に同意します。

  4. [インストール先の選択] ページで、 Conversion Managerコンソールをインストールする場所を選択して、[インストール] をクリックします。

    注:

    デフォルトでは、 Conversion ManagerコンソールはC:\Program Files (x86)\Citrix\XCMにインストールされます。

  5. [完了] をクリックします。

** Conversion Managerコンソールを削除するには**:

  1. Windowsの[コントロールパネル]を開きます。

  2. [プログラムと機能] を開きます。

  3. [Conversion Manager] を選択します。

  4. [アンインストール] をクリックします。

VMware仮想マシンの変換

VMware仮想マシンを変換すると、マシンは、 Conversion Manager仮想アプライアンスを実行しているプールまたはスタンドアロンホストにインポートされます。変換した仮想マシンには、元のVMwareの仮想プロセッサと仮想メモリの設定が残ります。

Conversion Managerを使用して仮想マシンを変換するには以下のタスクを行う必要があります:

  1. Conversion Managerコンソールを起動する。

  2. ホストに接続する。

  3. ウィザードを起動して新しい変換ジョブを開始する。そのためには、VMwareサーバーの資格情報を指定し、仮想マシンとストレージリポジトリを選択する必要があります。

注:

  • Conversion Managerは、シンプロビジョニング、シックプロビジョニング、IDE、SCSIなどのさまざまなストレージを使用するVMware仮想マシンの変換をサポートします。

  • Conversion Managerでは、ソース仮想マシンにVMware Toolsがインストールされている必要はありません。VMware仮想マシンにVMware Toolsがインストールされているかどうかに関係なく変換を実行できます。

タスク1: Conversion Managerコンソールの起動

** Conversion Managerコンソールを起動するには**:

  1. [スタート]メニューから、[すべてのプログラム]>[Citrix]>[ Conversion Manager] の順に選択します。

    注:

    Conversion Managerのインスタンスはコンピューターあたり1つだけ実行できます。

  2. への接続] に進みます。

タスク2:ホストへの接続

Conversion Managerコンソールを起動するときは、コンソールをホストに接続する必要があります。

始める前に、プール(またはスタンドアロンホスト)の資格情報を用意してください。ルートアカウントの資格情報、またはプール管理者の役割が構成されている役割ベースのアクセス制御(RBAC)アカウントを使用できます。

ホストに接続するには

  1. Conversion Managerコンソールを起動したときに[への接続] ダイアログボックスが表示されない場合は、ツールバーの [接続] をクリックします。
![への接続](/en-us/xenserver/current-release/media/conversion-connect.png)
  1. への接続] ダイアログボックスで、以下の詳細を入力します:
  • サーバー。 Conversion Manager仮想アプライアンスをインポートしたホストのIPアドレスまたは完全修飾ドメイン名(FQDN)を入力します。IPアドレスを見つけるには、[リソース]ペインでホストを選択して、[検索] タブをクリックします。

  • ユーザー名。プール(またはスタンドアロンホスト)のアカウントのユーザー名を入力します。このアカウントは、ホストまたはプールのルートアカウントであるか、プール管理者の役割ベースのアクセス制御の役割が設定されている必要があります。

    役割に基づいたアクセス制御について詳しくは、「役割に基づいたアクセス制御」を参照してください。

  • パスワード。そのアカウントのパスワードを入力し、[接続] をクリックします。

    ホストに正常に接続すると、 Conversion Managerの [ジョブ] ページが開きます。

タスク3:新しい変換ジョブの開始

変換手順を開始する前に、以下の条件が満たされていることを確認してください:

  • 変換する仮想マシンを含むVMwareサーバーの資格情報を持っていること。変換手順では、 Conversion ManagerコンソールとこのVMwareサーバーを接続する必要があります。
  • 変換するVMware仮想マシンの電源がオフであること。
  • 変換した仮想マシンを実行するプール(またはホスト)にストレージリポジトリが接続されていること。ストレージリポジトリには、変換した仮想ディスクを格納するための十分な領域が必要です。
  • プール(またはホスト)に変換した仮想マシンが使用するネットワークが含まれていること。

VMware仮想マシンを変換するには

  1. [ジョブ] 画面で、[変換] ボタンをクリックします。

    VMware仮想マシンの変換

  2. [資格情報] ページに以下を入力して、[接続] をクリックします:

    サーバー。に変換する仮想マシンを保持しているVMwareサーバーのIPアドレスまたは完全修飾ドメイン名を入力します。

    ユーザー名。このVMwareサーバーにアクセスするためのユーザー名を入力します。VMwareの管理者アカウントまたはRootロールが必要です。

    パスワード[ユーザー名] ボックスで指定したユーザーアカウントのパスワードを入力します。

    VMware資格情報の入力

  3. [ストレージリポジトリ] ページで、変換中に使用するストレージリポジトリを選択します。このストレージリポジトリで、作成する仮想マシンと仮想ディスクが永久に保存されます。

    ストレージリポジトリの構成

  4. [仮想マシン] ページで、変換するVMware仮想マシンを選択して、[次へ] をクリックします。

    VMware仮想マシンの選択

    変換する仮想マシンを選択すると、円グラフが更新され、変換後の仮想マシンが使用する仮想ディスク用のストレージ領域が赤で示されます。

    変換中、 Conversion Managerは、アップデートされていないLinux仮想マシンのアップデート済みカーネルをダウンロードしてインストールします。インターネットに接続できない場合、 Conversion Managerは、 Conversion Managerアプライアンスの以下の場所からカーネルをインストールします。

    /opt/vpxxcm/conversion/linuxv2v/\${distro}/
    

    以下の表は、変換でサポートされるさまざまなLinuxオペレーティングシステムのカーネルバージョン一覧です。

    オペレーティングシステム 32ビット/64ビット 推奨されるカーネルバージョン番号
    CentOS 5.5 32ビット 2.6.18-412(kernel-Xen)
    CentOS 6.3 32ビット 2.6.32-642
    CentOS 6.4 32ビット 2.6.32-642
    CentOS 6.5 32ビット 2.6.32-642
    RHEL 5.4 32ビット 2.6.18-164
    RHEL 5.6 32ビット 2.6.18-412
    RHEL 6.4 32ビット 2.6.32-642
    SLES 11 SP3 32ビット 3.0.76-0
    SLES 11 SP4 32ビット 3.0.101-63
    Ubuntu 12.04 32ビット Xenカーネルのアップデートにインターネット接続は不要
    Ubuntu 14.04 32ビット Xenカーネルのアップデートにインターネット接続は不要
    Ubuntu 16.04 32ビット Xenカーネルのアップデートにインターネット接続は不要
    RHEL 5.4 64ビット 2.6.18-411
    RHEL 5.6 64ビット 2.6.18-411
    RHEL 6.4 64ビット 2.6.32-642
    RHEL 7.0 64ビット Xenカーネルのアップデートにインターネット接続は不要
    CentOS 5.5 64ビット 2.6.18-412(kernel-Xen)
    CentOS 6.3 64ビット 2.6.32-642
    CentOS 6.4 64ビット 2.6.32-642
    CentOS 6.5 64ビット 2.6.32-642
    CentOS 7.0 64ビット Xenカーネルのアップデートにインターネット接続は不要
    SLES 11 SP3 64ビット 3.0.76-0
    SLES 11 SP4 64ビット 3.0.101-59
    Ubuntu 12.04 64ビット Xenカーネルのアップデートにインターネット接続は不要
    Ubuntu 14.04 64ビット Xenカーネルのアップデートにインターネット接続は不要
    Ubuntu 16.04 64ビット Xenカーネルのアップデートにインターネット接続は不要
  5. (オプション) [ネットワーク] ページで、以下のタスクのうち1つ以上を実行して、 Conversion Managerが変換中に仮想マシンの仮想ネットワークアダプタをどのように変換するかを指定します:

    VMwareネットワークアダプタのマップ先とするネットワークを変更します。 Conversion Managerが変換中の仮想マシンの仮想ネットワークアダプタを検出すると、これらのアダプタをのネットワークに関連付けることができます。変換後、新しい仮想マシンには、この手順で指定したネットワークに接続する仮想ネットワークインターフェイスが設定されます。

    デフォルトのネットワークマッピングを使用します。 Conversion Manager仮想アプライアンスのインポート時にVMware物理ネットワークまたはVLANを指定した場合は、このページに表示されるデフォルトのマッピングをそのまま使用できます。

    [仮想MACアドレスの保持]チェックボックスをオンにします。仮想マシンを作成またはインポートすると、が仮想MACアドレスを自動的に生成します。しかし、VMware仮想マシンの仮想MACアドレスを保持して、DHCPを使用する環境のIPアドレスを保持することもできます。詳しくは、「** Conversion Managerネットワーク設定要件の準備**」セクションを参照してください。

    仮想マシンネットワークの構成

  6. [概要]ページで、変換の詳細を確認して、[完了]をクリックします。変換が進行中の間、[ジョブ] ページにステータスが表示されます。

    変換の概要

    注:

    ESXiまたはvSphereからの変換は、仮想ディスクのサイズによっては数分かかる場合があります。

タスク4:変換後の手順

変換後、を開き、新しく変換した仮想マシンで以下の手順を実行します:

Windowsマシンの場合

  1. Windows仮想マシンでは、Microsoftのライセンスモデルによっては、仮想マシンのWindowsライセンスを再度有効にする必要があります。これは、Windowsオペレーティングシステムが変換をハードウェアの変更として認識するためです。

  2. Windows仮想マシンで、 Toolsをインストールして、拡張ディスクとネットワークパフォーマンスに対応する高速のI/Oを準備します。また、仮想マシンを正しくシャットダウン/再起動/一時停止する機能やライブマイグレーションなど、 Toolsをインストールしないと有効にならない機能もあります。

Toolsがインストールされていない仮想マシンを使用した場合、[プロパティ]ペインの [全般] タブにToolsがインストールされていないというメッセージが表示されます。Windows仮想マシンでは、このテキストをダブルクリックして仮想マシンコンソールに切り替え、Tools ISOイメージをダウンロードして、Toolsのインストールウィザードを起動することができます。

注:

仮想マシンが完全にサポートされる構成となるようにするには、各仮想マシンに Toolsをインストールする必要があります。 Toolsがなくても仮想マシンは機能しますが、パフォーマンスに影響が出る可能性があります。

LinuxマシンでのVNCの有効化

Linux仮想マシンで、以下の手順を実行してVNCサーバーを設定します。

注:

VNCパスワードは、6文字以上にする必要があります。

CentOS 5.5、RHEL 5.4/5.6の場合

  1. RHELベースの仮想マシンファイアウォールをカスタマイズし、次のコマンドを使用してVNCポートを開きます:

    \> system-config-securitylevel-tui
    
  2. [カスタマイズ] を選択して、のそのほかのポートの一覧に **[5900] を追加します。また、次のコマンドを実行して、次回の再起動までファイアウォールを無効にできます:

    \>service iptables stop
    
  3. Centos 5.5およびRHEL 5.4/5.6で、VNCグラフィックコンソールが正しく表示されない場合、次のコマンドを実行します:

    init 5
    

    その後で、グラフィックコンソールが正しく表示されるか確認します。

CentOS 6.3/6.4/6.5、RHEL 6.4の場合

  1. VNCパスワードを設定します。

    \>vncpasswd
    
  2. VNCサーバーを起動します。

    \>service vncserver start
    
  3. ファイアウォール設定で、ファイル/etc/sysconfig/iptablesを開いて、次の行を追加します:

    -A INPUT -m state \--state NEW -m tcp -p tcp \--dport 5900 -j ACCEPT
    

    注:

    上記の行は、次の行の後に追加します:

    -A INPUT -j REJECT \--reject-with icmp-host-prohibited:
    
  4. 次のコマンドを入力してiptablesを再起動します:

    \>service iptables restart
    

SLES Linux Enterprise Server 11 SP3~SP4の場合

  1. スタートアップコンソールでVNCパスワードを設定します。

    \>vncpasswd
    

    注:

    Would you like to enter a view-only password(y/n)? n

  2. 以下の手順でファイアウォール設定を構成します:

    A. 仮想マシン上でテキストコンソールを開き、次のコマンドでYaSTユーティリティを実行します:

    \>yast
    

    B. 矢印キーを使って左のメニューから [Security and Users] を選択し、次に、Tabキーを押して右側のメニューに移動し、矢印キーを使って [Firewall] を選択します。Enterキーを押します。

    C. [Firewall] 画面の左のメニューで、矢印キーを使って [Custom Rules] を選択してEnterキーを押します。

    D. Tabキーを押して [Custom Allowed Rules] セクションの [Add] に移動し、Enterキーを押します。

    E. [Source Network] フィールドに「0/0」と入力します。Tabキーを押して [Destination Port] フィールドに移動し、「5900」と入力します。

    F. Tabキーを押して [Add] に移動し、Enterキーを押します。

    g. Tabキーを押して [Next] に移動し、Enterキーを押します。[Summary] 画面で、Tabキーを押して [Finish] に移動し、Enterキーを押します。最後に、最上位階層のYaST画面で、Tabキーを押して [Quit] に移動し、Enterキーを押します。

  3. [Switch to Graphical Console] をクリックします。

  4. グラフィックコンソールが正しく表示されない場合は、テキストコンソールに切り替えて、次のコマンドを実行します:

    /etc/init.d/vncserver restart
    
  5. [Switch to Graphical Console] をクリックします。

注:

  • グラフィックコンソール表示のそのほかの問題については、次を実行します:/etc/init.d/vncserver restart

  • IDEディスクによる仮想マシンの変換は、SLES 11 SP3~SP4ではサポートされていません。

Ubuntu 12.04の場合

  1. VNCパスワードを設定してログオンします。

そのほかの変換タスク

このセクションでは、仮想マシンを変換するときに実行する可能性があるそのほかのタスクを挙げます。そのほかのタスクの例には、ジョブのクリア、ジョブの結果内容の保存、ジョブの再試行、ジョブのキャンセル、ログファイルの表示などがあります。

すべてのジョブをクリアするには

[ジョブ] メニューで [ジョブのクリア] を選択します。

ジョブの結果内容を保存するには

[ファイル] メニューで [ジョブ結果の保存] を選択します。

ジョブを再試行するには

[ジョブの再試行] をクリックします。

注:

[ジョブの再試行] は、失敗したジョブまたはキャンセルされたジョブに対してのみ使用可能になります。

ジョブをキャンセルするには

[ジョブのキャンセル] をクリックします。

注:

[ジョブのキャンセル]は、待機中のジョブまたは実行中のジョブに対してのみ使用可能になります。

Conversion Managerアプリケーションログファイルを保存するには

  1. [ヘルプ] メニューで、[サポートログファイルの保存]を選択します。

  2. プロンプトが表示されたら、 Conversion Managerコンソールのログファイル(XCMUI.log)および Conversion Manager仮想アプライアンスのログファイル(XCM.log)を保存する場所を指定します。

変換詳細を表示するには

  1. Conversion Managerの [ジョブ] ウィンドウでジョブを選択します。

  2. [ジョブの概要] ペインで、[詳細ログ情報を取得] リンクをクリックします。

テキストエディターが起動し、 Conversion Managerコンソールが Conversion Manager仮想アプライアンスから取得したログが表示されます。

ログ詳細を取得するには

WindowsゲストおよびLinuxゲストのログは/var/log/conversion/convsvc.logファイルに保持されます。変換に失敗した場合は、[詳細ログ情報を取得] をクリックして詳細を表示します。Linux仮想マシンの場合、詳細ログが/var/log/conversion/linuxxenfix.logにあります。

変換のトラブルシューティング

このセクションでは、変換プロセスと変換した仮想マシンのトラブルシューティングについての情報を提供します。

変換した仮想マシンの起動に関する問題

通常、変換はスムーズに実行され、 Conversion Managerによって問題なく仮想マシンが変換されます。ただし、まれに、変換した仮想マシンを開こうとしたときににエラーが発生することがあります。以下のセクションでは、エラーやそのほかの問題を解決するための手引きをいくつか提供します。

停止コード0x0000007BでWindowsがブルースクリーンになる

この停止コードは、 Conversion Managerが、の初回起動にとって重要なWindowsデバイスを構成できなかったことを示します。より詳しい手引きをご希望の場合は、ログを保存してCitrixテクニカルサポートにお送りください。

Windows製品のライセンス認証

ライセンスモデルによっては、Windows仮想マシンを起動しようとすると、システムのライセンス認証に関するエラーメッセージが表示されることがあります。

注:

ESXiまたはvSphereからの変換は、仮想ディスクのサイズによっては数分かかる場合があります。

Windows仮想マシンのネットワーク設定が失われる

ESXiサーバーからにWindows仮想マシンをインポートした場合、IPv4/IPv6ネットワークの設定が失われることがあります。ネットワーク設定を保持するには、変換を完了した後にIPv4/IPv6設定を再構成します。

VMware SCSIディスクを起動できない

VMware仮想マシンをSCSIディスクから起動しても、1つ以上のIDEハードディスクが構成されていた場合、仮想マシンが起動しないことがあります(に変換した場合)。これは、移行プロセスでIDEハードディスクがSCSIディスクより小さいデバイス番号に割り当てられることが原因です。しかし、はデバイス0に割り当てられているハードディスクから起動します。この問題を解決するには、の仮想ディスクの場所を再調整して、仮想マシンがオペレーティングシステムを含む仮想ディスクから再起動するようにします。

オペレーティングシステムを含む仮想ディスクの場所を変更するには

  1. の[リソース]ペインで電源オフ状態のゲスト仮想マシンを選択します。

  2. [ストレージ] タブを選択します。

  3. [仮想ディスク] ページで、オペレーティングシステムを含む仮想ディスクを選択して、[プロパティ] をクリックします。

  4. [****プロパティ**]ダイアログボックスで、**[]** タブをクリックしてデバイスオプションを表示します。オペレーティングシステム>オペレーティングシステム>

    デバイスオプションの表示

  5. [デバイスの場所] 一覧で、[0] を選択して、[OK] をクリックします。

変換中の問題

Linux仮想マシンの変換で問題が発生した場合は、変換した仮想マシンを削除して、 Conversion Manager仮想アプライアンスを再起動してから、再試行してください。失敗した変換のログは/var/log/xensource.logに格納されます。問題についてシトリックスサポートに報告するときには、トラブルシューティングのためにログファイルの提供をお勧めします。