既存バージョンからのアップグレード

Citrixは、以前のバージョンのXenServerからXenServer 7.6への移行に使用できるアップグレードおよびアップデート機能を提供します。アップグレードまたはアップデート機能を使用すると、フルインストールプロセスを完了する必要なく、XenServer 7.6を適用することができます。XenServer 7.6にアップグレードまたはアップデートすると、既存の仮想マシン、ストレージリポジトリ、構成が保持されます。

  • 基本インストールISOでXenServer 7.1 Cumulative Update 1(LTSR)または7.0をXenServer 7.6にアップグレードできます。ここでは、XenServer 7.6にアップグレードする方法について説明します。

    注:

    XenServer 7.1からXenServer 7.6へのアップグレードはサポートされていません。アップグレードする前に、累積更新プログラムがXenServer 7.1に適用されていることを確認してください。

  • アップデートISOを使用して、このXenServer最新リリース(CR)を以前のXenServer CR(7.5および7.4)にアップデートとして適用できます。更新プログラムとして利用可能なCRは、Hotfixを適用するのと同じ方法で適用できます。詳しくは、「ホストのアップデート」を参照してください。

  • XenServerの他のすべてのバージョンでは、直接XenServer 7.6にアップグレードすることはできません。この場合、最初にXenServerをより新しいバージョンにアップグレードしてそのバージョンを7.6にアップグレードまたはアップデートするか、基本インストールISOを使用してクリーンインストールを実行します。詳しくは、「インストール」を参照してください。

注:

以前のXenServerのインストールから仮想マシンを保持するには、仮想マシンをエクスポートし、それをXenServer 7.6のクリーンインストールにインポートします。XenServerのサポートされているバージョンからエクスポートされた仮想マシンは、XenServer 7.6にインポートできます。詳しくは、「仮想マシンのインポートとエクスポート」を参照してください。

ここでは、XenCenterまたはxe CLIを使用してXenServerにアップグレードする方法について説明します。リソースプールやスタンドアロンのXenServerホストを自動的(XenCenterの「プールのローリングアップグレードウィザード」を使用)にアップグレードしたり、手作業でアップグレードしたりする手順について説明します。

重要:

  • XenServerホスト特にXenServerホストのプールのアップグレードは、慎重に計画し、実行する必要があります。既存のデータが失われないように、次のいずれかを行います:
    • アップグレードパスを慎重に決定します。
    • XenCenterの「プールのローリングアップグレードウィザード」を使用します。また、インストーラの画面で必ずアップグレードオプションを選択してください。
  • ホストのアップグレードにXenCenterを使用している場合は、XenCenterの最新のバージョンをダウンロードしてインストールします。たとえば、XenServer 7.6にアップグレードする場合は、XenServer 7.6と動作するXenCenterを使用する必要があります。以前のバージョンのXenCenterを使用した新しいバージョンのXenServerへのアップグレードはサポートされていません。
  • 手動によるアップグレード処理では、SANブート設定が保持されません。ISOまたはPXEを使用してアップグレードする場合は、multipathdが正しく設定されるように、後述のインストール手順に従う必要があります。詳しくは、「SAN環境からの起動」を参照してください。

  • XenServer 6.5 Service Pack 1以前のバージョンを最新バージョンにアップグレードする場合、NICの順番と命名方法は異なります。この問題を解決するために、インストール中にNICの順番を変更できます。詳しくは、CTX135809「XenServerの中のNICの順序を変更する方法」を参照してください。

プールのローリングアップグレード

XenServerでは、プールのローリングアップグレードを実行できます。プールのローリングアップグレードでは、プールのサービスやリソースの提供を中断することなく、そのプール内のすべてのホストをアップグレードできます。このアップグレード方法では、同時に複数のXenServerホストがオフラインになることはありません。この間、アップグレード対象のホスト上で実行中の仮想マシンは自動的にほかのホスト上に移行されます。

注:

プールのローリングアップグレード中も仮想マシンの実行を続けるには、プールに共有ストレージが必要です。プールに共有ストレージがない場合、仮想マシンはライブマイグレーションができないため、アップグレード前に仮想マシンを停止する必要があります。

プールのローリングアップグレードではストレージXenMotionはサポートされていません。

プールのローリングアップグレードは、XenCenterまたはxe CLIを使用して実行できます。XenCenterを使用している場合、Citrixはプールのローリングアップグレード(RPU)ウィザードの使用をお勧めします。このウィザードでは、アップグレードパスが自動的に構成され、アップグレード手順が順番に表示されます。xe CLIでは、まずアップグレードパスを決定して、実行中の仮想マシンをXenServer間でライブマイグレーションしながらプールのローリングアップグレードを手動で実行する必要があります。

プールのローリングアップグレードウィザードは、XenServer Enterprise Editionユーザー、またはCitrix Virtual Apps and Desktops利用特典によりXenServerにアクセスできるユーザーが使用できます。XenServerライセンスについて詳しくは、「ライセンス」を参照してください。XenServerのライセンスをアップグレードまたは購入するには、Citrix Webサイトにアクセスしてください。

重要:

SANブート環境では、プールのローリングアップグレードを実行しないでください。SANブート環境でのアップグレードについては、「SAN環境からの起動」を参照してください。

XenCenterのプールのローリングアップグレードウィザードを使用してXenServerホストをアップグレードする

プールのローリングアップグレード(RPU)ウィザードでは、XenServerホスト、プールまたはスタンドアロンのホストをXenServerの最新バージョンにアップグレードできます。

[プールのローリングアップグレード]ウィザードでは、アップグレードパスが自動的に構成され、アップグレード手順が順番に表示されます。リソースプールでは、プールマスタが最初にアップグレードされ、ほかのホストが順番にアップグレードされます。アップグレードの前に、ウィザードによりいくつかの事前チェックが実行されます。これにより、高可用性などのプールレベルの機能が一時的に無効になっており、個々のホストでアップグレードの準備が完了しているかどうかが確認されます。ローリングアップグレードでは、プール内のホストが1台ずつオフラインになり、アップグレードがインストールされます。そのホスト上で実行中の仮想マシンは、自動的にほかのホスト上に移行されます。

プールのローリングアップグレードウィザードでは、新しいバージョンのXenServerにアップグレードするときに、利用可能なHotfixを自動的に適用することもできます。これにより、スタンドアロンのホストまたはプールを、最小限の再起動回数で最新の状態にすることができます。この機能を使用するには、アップグレードプロセス中にインターネットに接続する必要があります。

XenServer 7.6と共に発行されたXenCenterを使用して、サポート対象バージョンのXenServerからXenServer 7.0以降にアップグレードする場合は、Hotfix自動適用機能を利用できます。

注:

XenCenterを使用したプールのローリングアップグレードは、XenServer Enterprise Editionのユーザー、またはCitrix Virtual Apps and Desktops利用特典によりXenServerにアクセスできるユーザーが使用できます。

このウィザードでは、アップグレードモードとして [手動モード] または [自動モード] を選択できます。

  • 手動モードでは、各ホスト上でXenServerインストーラーを順次手作業で実行して、ホストのシリアルコンソールに表示されるメッセージに従ってアップグレードします。アップグレードが開始されると、アップグレード対象の各ホストについて、XenCenterインストールメディアの挿入またはネットワークブートサーバーの指定を確認するメッセージがXenCenterに表示されます。

  • 自動モードでは、HTTP、NFS、またはFTPサーバー上のインストールファイルにより、プール内のすべてのホストが自動的にアップグレードされます。このモードでは、インストールメディアを挿入したり、ホストを再起動したり、各ホストのシリアルコンソールに表示されるメッセージに従って操作したりする必要はありません。この方法では、インストールメディアの内容をHTTP、NFS、またはFTPサーバー上にコピーしておく必要があります。

アップグレードの前に

アップグレードを行う前に、以下の準備を行います。

  • XenServer 7.6と動作するXenCenterをXenServer製品ダウンロードページから、ダウンロードしてインストールします。以前のバージョンのXenCenterを使用した新しいバージョンのXenServerへのアップグレードはサポートされていません。

  • Citrixでは、xe CLIコマンドpool-dump-databaseを使用して、アップグレード前のプールをバックアップしておくことを強くお勧めします。詳しくは、「コマンドラインインターフェイス」を参照してください。これにより、仮想マシンデータを失うことなく、ローリングアップグレードを中断して元の状態に戻すことも可能になります。

  • 各サーバーで、アップグレードに必要なメモリが使用可能であることを確認してください。一般的に、プール内のホストの数をNとすると、プール内で実行されているすべての仮想マシンに十分な量のメモリが(N-1)台のホストで提供されなければなりません。このため、不要な仮想マシンをすべてサスペンド状態にしておくことをお勧めします。

プールのローリングアップグレードウィザードでは、以下の項目がチェックされます。アップグレード前に、以下の項目を確認してください:

  • プール内の各仮想マシンのCD/DVDドライブを空にします。

  • 高可用性を無効にします。

プールのローリングアップグレードウィザードを使用してXenServerホストをアップグレードするには:

  1. [プールのローリングアップグレード]ウィザードを開きます。これを行うには、[ツール] メニューの [プールのローリングアップグレード] を選択します。

  2. [はじめに] ページの注意事項を確認して、[次へ] をクリックします。

  3. アップグレードするリソースプールまたは個々のホストを選択して、[次へ] をクリックします。

  4. 次のいずれかのモードを選択します:
    • 既存のHTTP、NFS、またはFTPサーバー上のインストールファイルを使った自動アップグレードを行う場合は [自動モード]
    • CD/DVDドライブのインストールメディアまたはネットワークブートサーバーを使った手動アップグレードを行う場合は [手動モード]

    注:

    [手動モード] を選択した場合、各ホスト上でXenServerインストーラを順次実行して、ホストのシリアルコンソールに表示されるメッセージに従ってアップグレードする必要があります。アップグレードが開始されると、アップグレード対象の各ホストについて、XenServerインストールメディアの挿入またはネットワークブートサーバーの指定を確認するメッセージがXenCenterに表示されます。

  5. 新しいバージョンにアップグレードした後に、XenCenterで自動的に最小限のアップデート(Hotfix)をダウンロードしてインストールするかを選択します。アップデートを適用するオプションは、デフォルトで選択されています。ただし、アップデートをダウンロードしてインストールするには、インターネット接続が必要です。

  6. アップグレードモードを選択したら、[事前チェックの実行] をクリックします。

  7. 事前チェックにより問題が見つかった場合は、適切な解決処置を行います。[すべて解決]をクリックすると、XenCenterにより問題の解決が試行されます。

    すべての問題を解決したら、[次へ] をクリックします。

  8. XenServerインストールメディアを用意します。

    [自動モード] を選択した場合は、ネットワーク上のインストールメディアに接続するための情報を入力します。ネットワークインストールファイルの場所として [HTTP][NFS] または [FTP] を選択して、URL、ユーザー名、およびパスワードを入力します。

    注:

    -  [FTP]を選択する場合は、URLのファイルパスセクションにある先頭のスラッシュをエスケープしてください。
    
    -  HTTPまたはFTPサーバーにアクセスするための資格情報が必要な場合は、HTTPまたはFTPサーバーに関連付けられているユーザー名およびパスワードを入力します。XenServerプールに関連付けられているユーザー名とパスワードは入力しないでください。
    
    -  XenServer パッシブモードのみでFTPをサポートします。
    

    [手動モード]を選択した場合は、表示されるアップグレードプランおよび手順を確認します。

    [アップグレードの開始]をクリックします。

  9. アップグレードを開始すると、各ホストのアップグレードに必要な手順がウィザードに表示されます。この手順に従って、プールのすべてのホストをアップグレードおよびアップデートします。

    注:

    何らかの理由でアップグレードまたはアップデートプロセスが失敗した場合、プールのローリングプアップグレードウィザードはプロセスを停止します。これによって、[再試行] ボタンをクリックして問題を修正し、アップグレードまたはアップデートプロセスを再開できます。

  10. アップグレードが完了すると、プールのローリングアップグレードウィザードにその結果が表示されます。[完了] をクリックしてウィザードを終了します。

xe CLIを使用してXenServerホストをアップグレードする

重要:

xe CLIを使用してプールをローリングアップグレードする場合は、慎重に計画する必要があります。以下の説明をよく読んでからアップグレードを始めてください。

アップグレードパスを計画する

以下の点に注意してください:

  • 仮想マシンは、XenServerの以前のバージョンを実行しているXenServerホストから同じバージョン以上を実行しているホストにのみ移行できます(たとえば、バージョン7.0からバージョン7.1またはバージョン7.1からバージョン7.6)。アップグレード済みのホストから、アップグレード前のXenServerを実行しているホストに仮想マシンを移行することはできません(バージョン7.6からバージョン7.1への移行など)。仮想マシンを移行するための容量がXenServerホストにあることを確認してください。

  • Citrixでは、混在モード(XenServerの複数のバージョンが共存する状態)のプールを必要以上に継続運用することは極力避けるよう、強くお勧めします。ローリングアップグレード中のプールは、パフォーマンスが低下します。

  • アップグレードの間、一部の制御機能は使用できなくなります。制御操作はしないでください。仮想マシンは通常どおり動作を続けますが、移行を除く主な仮想マシン操作(シャットダウン、コピー、エクスポートなど)を実行することは避けてください。特に、仮想ディスクの追加、削除、またはサイズ変更などのストレージ関連の操作を行うと、予期せぬ問題が発生することがあります。

  • 常にプールマスタを最初にアップグレードしてください。また、アップグレード時に、XenCenterでプールマスタを保守モードに切り替えないでください。プールマスタが保守モードになると、新しいプールマスタが選出されてしまいます。

  • Citrixでは、xe CLIコマンドpool-dump-databaseを使用して、アップグレード前のプールをバックアップしておくことを強くお勧めします。詳しくは、「コマンドラインインターフェイス」を参照してください。これにより、仮想マシンデータを失うことなく、ローリングアップグレードを中断して元の状態に戻すことも可能になります。何らかの理由でローリングアップグレードを元に戻す必要が生じた場合、仮想マシンのシャットダウンが必要になることがあります。アップグレード済みのXenServerホストからアップグレード前のXenServerホストに仮想マシンを移行することはできないため、この操作が必要です。

プールをローリングアップグレードする前に

  • XenCenterを使用する場合は、XenCenterを最新バージョンにアップグレードする。最新バージョンのXenCenterを使用して、古いバージョンが動作するXenServerホストを管理することもできます。

  • プール内の各仮想マシンのCD/DVDドライブを空にする。方法については、「単一XenServerホストをアップグレードする前に」を参照してください。

  • 高可用性を無効にします。

xe CLIを使用してプールのローリングアップグレードを実行する

  1. プールマスタを最初にアップグレードします。host-disableコマンドを使用して、プールマスタを無効にします。これにより、このホスト上で新しい仮想マシンが起動することを防ぎます。

  2. プールマスタ上で仮想マシンが実行されていないことを確認します。実行されている場合は、シャットダウンまたはサスペンド状態にするか、プール内のほかのホストに移行します。

    仮想マシンを特定のホストに移行するには、vm-migrateコマンドを使用します。vm-migrateコマンドでは、移行対象の仮想マシンおよび移行先ホストを指定できます。

    すべての仮想マシンをプール内のほかのホストにライブマイグレーションするには、host-evacuateコマンドを使用します。host-evacuateコマンドでは、XenServerにより移行先ホストが決定されます。

  3. プールマスタをシャットダウンします。

    重要:

    プールマスタのアップグレードが完了するまで、このホストに接続できなくなります。また、プールマスタをシャットダウンすると、プール内のほかのホストが緊急モードに切り替わります。プールマスタへの接続が切断され、何回かの接続試行後も再接続できない場合に、そのプールのホストが緊急モードに切り替わります。ホストが緊急モードになっても仮想マシンは停止しませんが、制御機能は使用できなくなります。

  4. XenServerインストールメディア(CDまたはネットワーク上のインストールファイル)からプールマスタを起動します。XenServerのインストール手順(「インストール」を参照)に従って操作し、アップグレードの画面まで進めます。[Upgrade]を選択します。

    警告:

    -  既存のデータが失われないように、必ずアップグレードオプションを選択してください。
    
    -  プールマスタのアップグレードが中断された場合、または何らかの理由でアップグレードに失敗した場合は、アップグレードを続行しないでください。プールマスタを再起動して、正常なバージョンに復元してください。
    

    プールマスタが再起動するとほかのホストの緊急モードが終了し、しばらくして通常のサービスが復元されます。

  5. プールマスタ上でシャットダウン状態またはサスペンド状態にしておいた仮想マシンを起動または再開します。また、ほかのホストに移行しておいた仮想マシンを必要に応じてプールマスタに戻します。

  6. 計画したアップグレードパスで次のアップグレード対象になっているXenServerホストを選択し、そのホストを無効にします。

  7. そのホスト上で仮想マシンが実行されていないことを確認します。実行されている場合は、シャットダウンまたはサスペンド状態にするか、プール内のほかのホストに移行します。

  8. ホストをシャットダウンします。

  9. 上記の手順4.のプールマスタと同様の手順で、ホストをアップグレードします。

    注:

    プールマスタ以外のホストのアップグレードが中断された場合、またはアップグレードに失敗した場合は、ホストを復元する必要はありません。この場合、host-forgetコマンドを実行してそのホストの接続を消去し、XenServerを再インストールしてください。その後で、pool-joinコマンドを使用してそのホストをプールに追加します。

  10. ホスト上でシャットダウン状態またはサスペンド状態にしておいた仮想マシンを起動または再開します。また、ほかのホストに移行しておいた仮想マシンを必要に応じて元のホストに戻します。

  11. プール内の残りのホストについて、手順6~10を繰り返します。

  12. プール内のすべてのホストをアップグレードしたら、すべての仮想マシン上のXenServer Toolsをアップグレードする必要があります。詳しくは、「仮想マシンの管理」を参照してください。

注:

アップグレード済みのXenServer Toolsインストール上で古いバージョンのXenServerを実行することは、アップグレード時以外はサポートされていません。

複数バージョンのXenServerをアップグレードしている場合、仮想マシンですべてのアップグレードを完了してからXenServer Toolsをアップデートするようにしてください。XenServer Toolsを中間バージョンにアップデートしないでください。

xe CLIを使用して単一のXenServerホストをアップグレードする

単一XenServerホストをアップグレードする前に

スタンドアロンのXenServerホストをアップグレードする前に、そのホスト上で実行されている仮想マシンをシャットダウンまたはサスペンドする必要があります。仮想マシンをサスペンドする場合は、その仮想マシンのCD/DVDドライブを空にしておく必要があります。CD/DVDドライブにディスクが挿入されたまま仮想マシンを一時停止した場合、ホストのアップグレード後にその仮想マシンを再開できなくなることがあります。

仮想マシンのCD/DVDドライブを空にするとは、ISOイメージやXenServerホストの物理CD/DVDが仮想マシンにマウントされていない状態にすることを意味します。また、XenServerホストの物理CD/DVDドライブに仮想マシンが接続されていないことを確認する必要があります。

xe CLIを使用して仮想マシンのCD/DVDドライブを空にするには:

  1. CD/DVDドライブが空になっていない仮想マシンを特定します。これを行うには、次のコマンドを実行します:

    xe vbd-list type=CD empty=false
    

    これにより、以下のように、CD/DVDドライブが空でない仮想マシンの一覧が表示されます。

    uuid ( RO) : abae3997-39af-2764-04a1-ffc501d132d9
    vm-uuid ( RO): 340a8b49-866e-b27c-99d1-fb41457344d9
    vm-name-label ( RO): VM02_DemoLinux
    vdi-uuid ( RO): a14b0345-b20a-4027-a233-7cbd1e005ede
    empty ( RO): false
    device ( RO): xvdd
    
    uuid ( RO) : ec174a21-452f-7fd8-c02b-86370fa0f654
    vm-uuid ( RO): db80f319-016d-0e5f-d8db-3a6565256c71
    vm-name-label ( RO): VM01_DemoLinux
    vdi-uuid ( RO): a14b0345-b20a-4027-a233-7cbd1e005ede
    empty ( RO): false
    device ( RO): xvdd
    

    この一覧から、仮想マシンのuuid(最初の項目)を控えておきます。

  2. 次のコマンドを実行して、仮想マシンのCD/DVDドライブを空にします:

    xe vbd-eject uuid=uuid
    

xe CLIを使用して単一のXenServerホストをアップグレードする

xe CLIを使用して単一XenServerホストをアップグレードするには:

  1. 次のコマンドを実行して、アップグレードするXenServerホストを無効にします:

    xe host-disable host-selector=host_selector_value
    

    無効にしたXenServerホスト上では、仮想マシンの作成や起動ができなくなります。また、そのホスト上に仮想マシンを移行することもできません。

  2. xe vm-shutdownまたはxe vm-suspendコマンドを実行して、アップグレードするホスト上で実行されている仮想マシンをシャットダウンまたは一時停止します。

  3. xe host-shutdownコマンドを実行して、ホストをシャットダウンします。

  4. XenServerのインストール手順に従って操作し、アップグレードの画面まで進めます。[Upgrade]を選択します。詳しくは、「インストール」を参照してください。

    警告:

    既存のデータが失われないように、必ずアップグレードオプションを選択してください。

    アップグレードインストールの場合、設定内容を再入力する必要はありません。アップグレードでは、新規インストールと同様の画面が表示されますが、いくつかの手順が省略され、既存のネットワーク設定やシステムの日時設定などは保持されます。

    ホストが再起動してしばらくすると、通常のサービスが再開されます。

  5. シャットダウンまたはサスペンドした仮想マシンを起動または再開します。