仮想マシンの移行

*およびストレージ*を使用して仮想マシンを実行したまま移行したり、仮想マシンの仮想ディスクイメージ(VDI)を仮想マシンを停止せずに移動したりすることができます。

およびストレージ

ここでは、とストレージの互換性に関する要件および制限事項について説明します。

###

は、すべてのバージョンので利用できます。これは、共有ストレージ上の仮想マシンを、そのストレージを共有するほかのホストに実行したまま移行する機能です。高可用性やローリングプールアップグレード(RPU)などのプール保守機能では、 。これらのプール保守機能は、ワークロードの分散、インフラストラクチャの耐障害性、およびサーバーソフトウェアのアップグレード機能を、仮想マシンを停止させることなく提供します。

注:

ストレージを共有できるのは同一プールに属するホストのみです。このため、仮想マシンの移行も同一プール内に限られます。

仮想GPUおよびIntel GVT-gは、、ストレージ、および仮想マシンのサスペンドに対応していません。ただし、GPUパススルー機能または仮想GPUを使用した仮想マシンは、適切なリソースを備えたホストから起動できます。NVIDIA vGPUとこれらの機能の互換性について詳しくは、「グラフィック」を参照してください。

ストレージ

注:

  • Virtual Desktopsの展開では、ストレージを使用しないでください。
  • 変更ブロック追跡を有効にした仮想マシンで、ストレージを使用することはできません。Storage を実行する前に、変更ブロック追跡を無効にします。
  • VDIがGFS2 SR上にある仮想マシンでは、ストレージは使用できません。

ストレージでは、ストレージを共有していないホスト間でも仮想マシンを移行できます。つまり、ローカルストレージ上で実行中の仮想マシンを、ほかのプール内のホストに移行することもできます。この機能により、以下のことが可能になります:

  • 仮想マシンをプール間で再配置する(開発環境から実稼働環境に移行するなど)。

  • スタンドアロンのホストを、仮想マシンのダウンタイムなしにアップグレードまたはアップデートする。

  • ホストのハードウェアをアップグレードする。

注:

ホスト間で移行される仮想マシンの状態情報は保持されます。この情報には、仮想マシンを識別するための情報のほか、CPUやネットワークなどのパフォーマンス測定値の履歴が含まれます。

互換性に関する要件

またはストレージで仮想マシンを移行する場合、仮想マシンと移行するホストは、以下の互換性に関する要件を満たしている必要があります:

  • 移行先のホストで、移行元ホストと同等またはそれ以降のバージョンのが動作している必要があります。

  • 移行するWindows仮想マシンごとにがインストールされている必要があります。仮想マシンにインストールされたのバージョンは、移行先ホストにインストールされたバージョンと同じである必要があります。

  • ストレージのみ:移行元ホストと移行先ホストでCPUが異なる場合、移行元CPUのすべての機能を移行先CPUがサポートしている必要があります。そのため、たとえばAMD社製プロセッサのホストからIntel社製プロセッサのホストに仮想マシンを移行することはほぼ不可能です。

  • ストレージのみ:複数のスナップショットを持つ仮想マシンは移行できません。

  • チェックポイントがある仮想マシンは移行できません。

  • ストレージのみ:7つ以上のVDIを持つ仮想マシンは移行できません。

  • 移行先のホストで、動的メモリ制御機能が有効な場合も含め、十分な空きメモリ領域が必要です。十分なメモリを割り当てられない場合、移行処理が完了しません。

  • ストレージのみ:移行先のホストに十分な空きディスク領域が必要です。必要な空き領域は、VDIのサイズの3倍です(スナップショットなし)。十分な領域がない場合、移行処理は完了しません。

制限事項

およびストレージには、以下の制限事項があります。

  • PCIパススルー機能を使用した仮想マシンは移行できません。

  • 移行中は、仮想マシンのパフォーマンスは低下します。

  • ストレージでは、リソースプールの高可用性を無効にしてから仮想マシンを移行する必要があります。

  • 仮想マシン移行の完了までの時間は、仮想マシンのメモリフットプリントとそのアクティビティによって異なります。さらに、VDIのサイズとそのストレージアクティビティは、ストレージと共に移行される仮想マシンに影響します 。

  • IPv6ベースのLinux仮想マシンでは、Linuxカーネル3.0以降が必要です。

を使用した仮想マシンの移行

  1. リソースペインで仮想マシンを選択して、次のいずれかを行います。

    • またはストレージを使用して実行中またはサスペンド中の仮想マシンを移行するには、[VM]メニューから、[移行先サーバー][VMの移行ウィザード]の順に選択します。[VMの移動] ウィザードが開きます。

    • 停止中の仮想マシンを移動するには、[VM] メニューで [VMの移動] を選択します。[VMの移動] ウィザードが開きます。

  2. [移行先] 一覧から、スタンドアロンサーバーまたはプールを選択します。

  3. [ホームサーバー] 一覧から仮想マシンのホームサーバーを選択して、[次へ] をクリックします。

  4. [ストレージ]タブで仮想マシンの仮想ディスクを配置するストレージリポジトリを選択して、[次へ]をクリックします。

    • [すべての仮想ディスクを同一SR上に移行する]オプションがデフォルトで選択され、移行先プールのデフォルトの共有ストレージリポジトリが表示されます。

    • [仮想ディスクの移行先SRを指定する] をクリックして、[ストレージリポジトリ] 一覧でストレージリポジトリを選択します。このオプションでは、移行する仮想マシンの仮想ディスクごとに異なるストレージリポジトリを選択できます。

  5. [ストレージネットワーク] 一覧で、仮想マシンの仮想ディスクのライブマイグレーションで使用される移行先プールのネットワークを選択します。[次へ] をクリックします。

    注:

    パフォーマンス上の理由から、管理ネットワークをライブマイグレーションで使用しないことをお勧めします。

  6. 選択した内容を確認し、[完了]をクリックして移行を実行します。

ライブVDIマイグレーション

ストレージXenMotionのライブVDIマイグレーション機能を使用すると、仮想マシンの仮想ディスクイメージ(VDI)を仮想マシンを停止せずに再配置できます。これにより、管理者は以下のタスクを実行できます:

  • 安価なローカルストレージに格納されている仮想マシンを、高速で耐障害性の高いストレージアレイに移動する。
  • 仮想マシンを開発環境から実務環境に移動する。
  • ストレージ容量による制限がある場合に、仮想マシンをストレージ階層間で移動する。
  • ストレージアレイをアップグレードする。

制限事項

ライブVDIマイグレーションには、以下の制限事項があります。

  • Virtual Desktopsの展開では、ストレージを使用しないでください。

  • IPv6ベースのLinux仮想マシンでは、Linuxカーネル3.0以降が必要です。

  • vGPUを持つ仮想マシンでライブVDIマイグレーションを実行すると、vGPU が使用されます。仮想GPUインスタンスのコピーを作成するには、ホストにそのための十分な領域が必要です。物理GPUがすべて使用されている場合、VDIが移行できない場合があります。

仮想ディスクを移動するには

  1. リソースペインで、仮想ディスクが格納されているストレージリポジトリを選択して [ストレージ] タブをクリックします。

  2. [仮想ディスク] の一覧で、移動する仮想ディスクを選択して [移動] をクリックします。

  3. [仮想ディスクの移動]ダイアログボックスで、移動先のストレージリポジトリを選択します。

    注:

    一覧には、各ストレージリポジトリの空き容量が表示されます。移動先のストレージリポジトリ上に十分なディスク容量があることを確認してください。

  4. [移動] をクリックして仮想ディスクを移動します。