App Layering

イメージテンプレートの作成またはクローン作成

イメージテンプレートには、パブリッシュするレイヤイメージに含めるレイヤのリストが格納されます。1 つのテンプレートから、特定の場所にシステムをプロビジョニングするために必要な数のレイヤー化されたイメージを公開できます。

イメージテンプレートを最初から作成したら、テンプレートのクローンを作成して、同じ設定のテンプレートセットをすばやく作成できます。

App Layer または Platform Layer でソフトウェアをアップグレードすると、新しいLayer バージョンを使用するようにイメージテンプレートが更新されます。新しい Layer バージョンをユーザーに配信するには、レイヤー化されたイメージを再公開し、更新されたイメージを使用してシステムをプロビジョニングします。

要件

画像テンプレートを作成するには、次のものが必要です。

  • OSレイヤー

  • プラットフォームレイヤー

    重要:

    プラットフォームレイヤーのハードウェア設定は OS レイヤーと同じである必要があります。これらの設定は、OS レイヤーとプラットフォームレイヤーに仮想マシンをデプロイするときに選択します。

  • アプリレイヤー (オプション)

    • イメージテンプレートを作成するときに、アプリレイヤーを含める必要はありません。
    • アプリレイヤーをイメージテンプレートに追加し、レイヤー化されたイメージはいつでも再公開できます。

アプリレイヤーを使用せずにイメージテンプレートを作成できます。これは、アプリケーションレイヤーを作成するためにそれを使用する前に、OSレイヤーをテストする場合に便利です。

イメージテンプレートを最初から作成する

イメージテンプレートを作成するには:

  1. App Layering 管理コンソールで [ イメージ ] モジュールを選択し、[ テンプレートの作成] をクリックします。

  2. テンプレートの [ 名前 ] と [ 説明 ] フィールドにメモを入力します (オプション)。これにより、レイヤードイメージをパブリッシュするテンプレートを選択するときにテンプレートを識別できます。

  3. 利用可能な OS レイヤーの1 つを選択します。複数のレイヤバージョンが存在する場合は、デフォルトで最新のバージョンが選択されます。レイヤーを展開して別のレイヤーを選択することで、古いバージョンを選択できます。

  4. このテンプレートを使用して公開するレイヤー画像に含めるには、[アプリレイヤー] > [選択の編集 ] を選択します。

  5. レイヤー化されたイメージを環境に公開する必要があるツールとハードウェア設定を含むプラットフォームレイヤーを選択します。

  6. このレイヤーを作成するプラットフォームの [ コネクタ構成 ] を選択します。 必要な構成がリストにない場合は、[コネクタ] ページからコネクタ構成を作成する必要があります。

  7. 必要に応じて、次のフィールドを編集します。

    • (オプション) レイヤードイメージディスクファイル名。レイヤード・イメージ・ディスクの名前を入力します。
    • レイヤードイメージパーティションのサイズ。デフォルトのディスクサイズである 100 GB が推奨されます。
    • レイヤード・イメージ・ディスク形式。デフォルトのディスクフォーマットは VHD ですが、VMDK または QCOW2 を選択することもできます。コネクタ構成を使用する代わりに、アプライアンスのファイル共有に公開する場合は、この設定により、ディスクのコピー先の環境と互換性のあるディスク形式を選択できます。
    • Sysprep 使用可能なオプションは、コネクタ構成で指定されているハイパーバイザーまたはProvisioning Servicesによって異なります。
      • Azure、Hyper-V、Citrix Hypervisor、Nutanix、vSphere: デフォルトは一般化オフラインです。(Azure の場合、これが唯一のオプションです)。
      • マシンの作成、Citrix Provisioning、View:すべてのハイパーバイザーで実行されるマシンの作成、Citrix Provisioning、およびViewの唯一のオプションは、[ 一般化しない ]です。
    • [エラスティックレイヤ ]-[ アプリケーションレイヤ ] オプションを選択して、このレイヤ化されたイメージで Elastic Layering をアクティブにします
    • ユーザーレイヤー-システム設定で有効にすると、[ フルユーザーレイヤー (Labs)]、[ Office 365 (デスクトップ)]、または [Session Office 365 (サーバー OS)] オプションを選択できます。「完全」( Full ) オプションを選択すると、特定のアプリケーションに関係なくユーザーの設定とデータが保存されます。 **デスクトップシステムまたはセッションホストで実行されている Outlook 365 の設定とデータを保存するには、[Office 365] または [セッション Office 365] を選択します。**
  8. [ 確認して完了] を選択し、このレイヤーに必要なコメントを入力します。

  9. [ テンプレートを作成 ] をクリックして変更を保存するか、[ テンプレートを作成してパブリッシュ ] をクリックしてテンプレートを保存し、レイヤードイメージをパブリッシュします。

Images モジュールに新しいテンプレートアイコンが表示されます。

イメージテンプレートのクローンを作成する

イメージテンプレートのコピーを作成するには、クローンを作成します。各クローンは、オリジナルのスタンドアロンコピーです。監査履歴には、テンプレートが「Created (Cloned)」とクローンされたイメージが示され、「Cloned from template-name」と表示されます。

最初のクローンには、元のテンプレートと同じ名前が付けられ、「-コピー」が付加されます。後続の各クローンには、代わりに「-CopyN」が付加されます。 N は増分するシーケンス番号です。シーケンス番号は、すでに使用中の最後の番号より後の番号ではなく、使用可能な最初の番号にインクリメントされます。最大数は 1000 です。

イメージテンプレートのクローンを作成するには:

  1. App Layering 管理コンソールで、[ イメージ ] モジュールを選択します。
  2. [イメージ] モジュールでイメージテンプレートを選択し、アクションバーまたはポップアップメニューの [ クローン ] をクリックします。テンプレートのコピーは、名前に “-Copy (1)” が付加されて作成されます。

目的に応じてクローンの名前を変更したり、編集したりできます。

次のステップ

これで、イメージテンプレートを使用して、 イメージテンプレートからレイヤ化されたイメージをパブリッシュできるようになりました

イメージテンプレートの作成またはクローン作成