Citrix Daas for Azureにサブスクライブする

はじめに

CitrixまたはAzure Marketplaceを通じて、Citrix DaaS Standard for Azure(旧称Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azureサービス)へのサブスクライブ(およびCitrix Azure Consumption Fundの注文)を行うことができます。Citrix経由でCitrix DaaS for Azureを評価できます。

現在、Citrix Virtual Apps EssentialsまたはCitrix Virtual Desktops Essentialsにサブスクライブしている場合は、Citrix DaaS Standard for Azureにアップグレードできます。

包括的な注文には、次の 2 つの部分があります。

  • Citrix DaaS Standard for Azure: 独自の (顧客管理の) Azure サブスクリプションを使用できます。
  • Citrix Azure消費基金: さらに、独自のAzureサブスクリプションに加えて、Citrix Managed Azureサブスクリプションを使用することもできます。Citrix Managed Azureサブスクリプションを使用すると、次の利点があります。

Citrix Azure 消費基金は必要ありません。ただし、お持ちでない場合は、独自の Azure サブスクリプションのみの使用に制限され、その他の機能特典は受けられません。

注文プロセスは、Citrix またはAzure Marketplace のどちらを使用して注文するかによって、若干異なります。

  • シトリックスから購入する場合は、Citrix DaaS Standard for AzureとCitrix Azure Consumption Fundを同時に購入できます。
  • Azure Marketplaceから購入するときは、最初にCitrix DaaS Standard for Azureを購入します。次に、Citrix Azure 消費基金を注文します。

    Citrix DaaS for Azureのみを購入する場合は、Azure MarketplaceまたはCitrixアカウント担当者を通じて、後からCitrix Azure Consumption Fundを購入できます。

Citrix DaaS Standard for Azureの注文先や消費基金に関係なく、Citrixはオンボーディングのヘルプを提供します。また、Citrix DaaS Standard for Azureが実行され、正しく構成されていることも確認します。

注文サマリー

注文手順の概要:

  1. Citrix Cloud アカウントを取得します

    Citrix Cloudアカウントをすでに持っていて、現在Citrix DaaSにサブスクライブしている場合は、「現在Citrix DaaSにサブスクライブしている場合」を参照してください。

  2. Citrix DaaS Standard for Azureおよび消費基金をAzure Marketplaceで注文するか、Citrix経由で注文します。

トライアル

Citrix DaaS Standard for Azureでは、次の2種類のトライアルを提供しています。

  • 販売承認: 販売承認済みのトライアルでは、Citrix Managed Azure サブスクリプションを使用して、カタログ、イメージ、およびその他のタスクを作成できます。トライアル版では、有料サービスサブスクリプションに変換して、Citrix Managed Azure 消費基金を注文できます。消費量を購入しない場合、Citrix Managed Azure サブスクリプションを使用して作成したリソースは自動的に削除され、ユーザーに影響を与える可能性があります。
  • 自動承認: 自動承認されたトライアルでは、独自の (カスタマー管理の) Azure サブスクリプションを使用して、カタログ、イメージ、およびその他のタスクを作成できます。トライアル版から、有料サブスクリプションに変換できます。詳しくは、「 自動承認されたサービストライアル」を参照してください。

トライアルの詳しくは、「 Citrix Cloud サービストライアル」を参照してください。

自動承認されたサービストライアル

  • 自動承認されたCitrix DaaS Standard for Azureのトライアルは、7暦日使用可能です。

  • 自動承認されたトライアル期間中は、Azure サブスクリプションを使用してカタログを作成できます。カタログには、デスクトップまたはアプリケーションを配信するマシンが含まれます。

  • Citrixで準備されたイメージ、Azureからインポートしたイメージ、またはCitrix DaaS Standard for Azureで構築したイメージを使用してカタログを作成できます。

  • ユーザーは、Citrix Workspace がサポートするアイデンティティプロバイダーで構成する必要があります

  • トライアル展開では、最大 25 人のユーザーをカタログに割り当てることができます。1 人のユーザーを複数のカタログに割り当てることはできますが、トライアル展開では合計 25 人の一意の名前付きユーザーが許可されます。

  • Microsoft Azure ユーザーアカウントと、そのアカウントに少なくとも 1 つの Azure サブスクリプションが必要です。トライアル版では、お客様が所有する (自社所有の) Azure サブスクリプションのユースケースのみがサポートされます。

自動承認されたサービストライアルのリクエストと使用

  1. Citrix Cloud アカウントにサインアップします(まだ持っていない場合)。

    1. Citrix Cloudを参照します。
    2. [ サインアップ] を選択して無料でお試しください
    3. 画面上のガイダンスに従います。

    しばらくすると、Citrix Cloud アカウントに関するメールが届きます。メールに記載されているサインインリンクを選択します。

  2. 試用版をリクエストしてください。Citrix Cloud コンソールで、[DaaS Standard for Azure] タイルの [今すぐ試す] を選択します。

    Citrix Cloudコンソールの[Citrix DaaS]タイル

    サービストライアルの有効化および準備が完了すると、メールが届きます (通常、トライアルをリクエストしてから約 2 時間後)。

  3. Citrix Cloudにサインインします。
  4. [DaaS Standard for Azure] タイルで [管理] をクリックします。
  5. トライアル環境をセットアップして構成します。セットアップ中は、次の操作を行います。

    1. Azure サブスクリプションをサービスに追加します
    2. Citrix Cloud コンソールからIDプロバイダーを接続します
    3. カタログを作成します
    4. ID プロバイダからカタログにユーザーを追加します
    5. Citrix Workspace URLをユーザーに通知します

グラフィカルインターフェイスは、セットアッププロセスをガイドします。詳しくは、次の製品ドキュメントを参照してください。

Citrix Cloud アカウントを取得する

Citrix Cloudアカウントにサインアップしてトライアルをリクエストするには、https://onboarding.cloud.comに進みます。このプロセスの詳しくは、「 Citrix Cloud へのサインアップ」を参照してください。アカウントには、Citrix Cloudコンソールの右上隅に常に表示される組織ID(OrgID)があります。

次のステップ: Citrix または Azure Marketplace を通じてCitrix DaaS Standard for Azureを注文します。

現在Citrix DaaSにサブスクライブしている場合

Citrix Cloudアカウントでは、Citrix OrgIDごとに一度に1つのエディションのCitrix DaaSにのみサブスクライブできます。

Citrix DaaS Standard for Azureから次のエディションのいずれかにアップグレードできます:

  • Citrix DaaS Advancedエディション
  • Citrix DaaS Premiumエディション。

詳しくは、Citrix 担当者にお問い合わせください。

現在、AdvancedまたはPremium以外のCitrix DaaSエディション(Citrix Virtual Apps Essentials、Citrix Virtual Desktops Essentialsなど)にサブスクライブしていて、Citrix DaaS Standard for Azureにサブスクライブする場合は、次のいずれかを行う必要があります:

  • 別のCitrix Cloudアカウント(OrgID)を使用して、Citrix DaaS Standard for Azureにサブスクライブする。詳しくは、「Citrix DaaS Standard for Azure へのアップグレード」を参照してください。
  • 現在サブスクライブ中のサービスを使用停止にしてから、Citrix DaaS Standard for Azureを購入する。使用停止の指示については、CTX239027を参照してください。

Citrix Managed Azure サブスクリプションを使用するには、Citrix Azure 消費基金を以下のいずれかのサービスエディションで購入します。

  • Citrix DaaS Standard for Azure
  • Citrix DaaS Advanced
  • Citrix DaaS Advanced Plus
  • Citrix DaaS Premium

シトリックスから購入する

Citrix DaaS Standard for Azure(消費基金を含む)は、Citrix Cloud またはCitrixアカウント担当者を通じて注文できます。

Citrix Cloudから:

  1. Citrix Cloudにサインインします。[DaaS Standard for Azure] タイルの [今すぐ試す] をクリックします。要求された情報を入力します。タイル上のテキストが [ トライアルリクエスト済み] に変わります。
  2. Citrix から連絡があります。Citrix DaaS Standard for Azureが使用可能になると、タイル上のテキストが [管理]に変わります。
  3. Citrix Cloudにサインインします。[DaaS Standard for Azure] タイルで、[管理] をクリックします。Citrix DaaS Standard for Azure に初めてアクセスすると、 クイック展開のようこそページが表示されます。

Citrix から月間サブスクリプションをキャンセルする

毎月のサブスクリプションは、毎月の初めに自動的に更新されます。Citrix DaaS Standard for Azureダッシュボードを使用して、Citrixを通じて注文した毎月のサブスクリプションをキャンセルできます。

(Citrix DaaS Standard for Azure ダッシュボードを使用して、Citrixを通じて注文した他の種類のサブスクリプション、または Azure Marketplace からの注文をキャンセルすることはできません)。

月間サブスクリプションをキャンセルするには、次の操作を行います。

  1. Citrix Cloudにサインインします。
  2. 左上のメニューで、[マイサービス]>[DaaS Standard for Azure] を選択します。
  3. [ 管理] > [クイック展開 ] ダッシュボードで、右側の [ 一般 ] を展開します。
  4. [サブスクリプションのキャンセル] をクリックします。
  5. カタログ、イメージ、接続など、アクティブなリソースが一覧表示されます。このページには、キャンセル時にCitrix が実行するアクションの概要が掲載されています。また、実行しなければならないアクションがあれば、その旨を通知します。サービスをキャンセルする理由を明記してください。必要に応じて、より多くのフィードバックを提供します。完了したら、[ サブスクリプションのキャンセル] をクリックします。
  6. キャンセルの条件を理解していることを確認してください。

Citrix DaaS Standard for Azure ダッシュボードのバナーに、キャンセルリクエストの受領が表示されます。

誤ってサブスクリプションをキャンセルした場合は、月末までにCitrix営業担当者またはCitrixパートナーに連絡して、Citrix DaaS Standard for Azureを再アクティブ化してください。

Azure Marketplaceから購入する

まずCitrix DaaS Standard for Azureを注文し、次にCitrix Azure Consumption Fundを注文します。

以前にCitrix DaaS Standard for Azureを購入していない限り、消費基金を注文することはできません。Citrix DaaS Standard for Azure と消費基金を 1 つの注文で組み合わせることはできません。

Citrix DaaS Standard for Azureは、Azureクラウドソリューションプロバイダーポータルでは提供されていません。プライオリティサポートのお客様、または優先サポートに興味がある場合は、Citrix アカウント担当者にお問い合わせください。

要件:

  • Citrix Cloudアカウントからの OrgID。
    • Citrix Cloudアカウントを持っていてもOrgIDがわからない場合は、Citrix Cloudコンソールの右上隅を確認します。または、アカウントの作成時に受け取ったメールをご覧ください。
    • Citrix Cloudアカウントをお持ちでない場合は、「Citrix Cloudアカウントを取得する」のガイダンスに従ってください。
  • Azureアカウントと、そのアカウント内の少なくとも1つのAzureサブスクリプション。

Azure Marketplaceで Citrix DaaS Standard for Azureを注文する

  1. Azureアカウントの資格情報を使用して、Azure Marketplaceにサインインします。
  2. Citrix DaaS Standard for Azure」を検索して移動します。
  3. [ 今すぐ入手] をクリックします。
  4. [ もう一つ ] メッセージで、チェックボックスをオンにし、[ 続行] をクリックします。
  5. タブには、製品、プラン、価格、使用状況に関する情報が含まれています。準備ができたら、プランを選択し (複数のプランがある場合)、[ Setup + Subscribe] をクリックします。
  6. [Basics] タブで:

    • サブスクリプション:選択したプランを示します。
    • 名前:サブスクリプション注文の名前を入力します。
    • [ プラン ] セクションには、月次および複数年 (年間) の条件に基づいて、選択したプランの価格が表示されます。

      プラン期間 (月間または年間) を変更するには、[ プランの変更] を選択します。目的の用語を選択し、[ プランの変更] をクリックします。

  7. [ レビュー+ 購読 ] タブで、次の操作を行います。

    • Azure 基本プロファイルについて以前に入力した連絡先の詳細を確認します。住所、電話番号、またはその両方を変更できます。
    • [ 購読] をクリックします。
  8. [ サブスクリプションの進行中 ] ページで、[ アカウントを今すぐ設定] をクリックします。(ボタンが無効になっている場合は、しばらくお待ちください。)Citrix スのアクティベーションページが表示されます。
  9. アクティベーションページで、次の操作を行います。

    • サインイン] リンクを使用して、Citrix Cloudにサインインします。正常にサインインすると、[ 組織 ID ] フィールドに自動的に入力されます。
    • Quantity: ユーザー数を入力します。(最初の注文は 25 以上でなければなりません。)見積価格が表示されます。
    • 利用規約に同意し、[ 注文の有効化] をクリックします。

サービスがプロビジョニングされると、Citrix から電子メールが送信されます。プロビジョニングには時間がかかる場合があります。翌日までにメールが届かない場合は、シトリックスサポートまでお問い合わせください。

シトリックスからメールを受信すると、Citrix DaaS Standard for Azureの使用を開始できます。注意:Citrix DaaS Standard for Azureの場合のみ、独自のAzureサブスクリプションのみを使用できます。

Azure内のCitrix DaaS Standard for Azureリソースを削除しないでください。Azureのサービスリソースを削除すると、サブスクリプションがキャンセルされます。

Azure マーケットプレイスで消費基金を注文する

  1. Azureアカウントの資格情報を使用して、Azure Marketplaceにサインインします。
  2. Citrix Azure消費基金を検索し、移動します。
  3. [ 今すぐ入手] をクリックします。
  4. [ 設定 + 購読] をクリックします。
  5. [ 購読 ] ページで、次の操作を行います。

    • [ 名前] に、「マイマネージドデスクトップ」など、わかりやすい名前を入力します。サービスサブスクリプションを変更する場合は、後でこの名前を使用できます。
    • サポートしたいユーザの数を 25 ~ 100000 の範囲で指定します。
    • メールアドレスと電話番号を入力します。

    完了したら、[ 購読] をクリックします。

  6. [ サブスクリプションの進行状況 ] ページで、[ パブリッシャーのサイトで SaaS アカウントを構成する ] ボタンがアクティブになったら (青)、それをクリックします。Citrix の注文アクティベーションページに自動的に誘導されます。
  7. シトリックス注文のアクティブ化ページで、Citrix Cloud OrgIDを入力します。前に入力した電子メールアドレスが表示されます。必要に応じて変更することができます。完了したら、[ 注文を有効にする] をクリックします。
  8. 消費基金注文の履行には時間がかかりません。購入したことがシトリックスに通知されると、Citrix DaaS for Azureコンソールにバナーが表示され、Citrix Managed Azureサブスクリプションが準備中であることが示されます。

    [ 管理] > [クイックデプロイ ] ダッシュボードの右側にある [ クラウドサブスクリプション ] パネルには、そのサブスクリプションを使用する準備ができたことが示されます。

Azure マーケットプレイスを通じてユーザーシートを増減する

ユーザーシートを増やす必要がある場合は、必要な数の追加シートに対して新しい Azure Marketplace 注文を作成します。

保有しているシート数を減らすには、Azure MarketplaceでCitrix DaaS Standard for Azureをキャンセルしてから、希望する数のシートを注文します。

Azure Marketplaceを通じて Citrix DaaS Standrad for Azureまたは消費基金をキャンセルする

Azure Marketplace を通じてCitrix DaaS Standard for Azureまたは 消費基金をキャンセルするには、次の手順を実行します:

  1. Azure マーケットプレイスにサインインします
  2. SaaSを検索します。
  3. キャンセルするリソースを選択します。
  4. リソースの省略記号メニューで、[ 削除] を選択します。
  5. 確認ボックスの [ はい ] をクリックして、返金ポリシーを知っていて、リソースをキャンセルすることを確認します。

重要:

Citrix Managed Azureサブスクリプションで作成されたカタログやイメージなど、Citrixが管理するリソースを使用している場合は、Citrix Azure消費基金をキャンセルしないでください。

注文が承認され、処理されたとき

試用版またはサービスが承認されると、Citrix Cloudのホームページにはいくつかのタイルが表示されます。

  • Citrix DaaS for Azure
  • Citrix DaaS
  • Gateway

Citrix DaaS for Azure は、アクティブ化される唯一のサービスです。

Citrix DaaS Standard for Azureを使い始めるには、 Citrix Cloudにサインインします。次のいずれかの方法を使用して、Citrix DaaS Standard for Azure にアクセスします。

  • [DaaS Standard for Azure] タイルで、[管理] をクリックします。
  • 左上のメニューで、[マイサービス]>[DaaS Standard for Azure] を選択します。

セットアップのガイダンスについては、「 はじめに」を参照してください。

Citrix DaaS Standard for Azureへのアップグレード

現在、Citrix Virtual Apps Essentials またはCitrix Virtual Desktops Essentials サービスにサブスクライブしている場合は、次のタスクを完了してCitrix DaaS Standard for Azureにアップグレードします。

  1. https://onboarding.cloud.com/でCitrix DaaS Standard for Azureで使用する新しい組織ID(OrgID)を作成します。( この記事で前述したように、同じOrgIDを使用して複数のCitrix DaaSエディションにサブスクライブすることはできません)。
  2. 新しいOrgIDを使用して、Citrix DaaS Standard for AzureおよびCitrix Azure Consumption Fundを購入するには、Citrix営業担当者にお問い合わせください。(消費基金を注文する必要はありませんが、この基金がなければ、Citrix DaaS Standard for Azureのすべての機能にアクセスすることはできません)。
  3. Citrix Cloudにサインインします。左上のメニューで、[マイサービス]>[DaaS Standard for Azure] を選択します。
  4. Azure サブスクリプションの 1 つ以上を Citrix DaaS Standard for Azure に追加します
  5. Azure サブスクリプションから 1 つ以上のイメージを Citrix DaaS Standard for Azure にインポートします
  6. Azure サブスクリプションからインポートしたイメージを使用して、カタログを作成します
  7. 作成したカタログにユーザーを追加します
  8. Citrix Virtual Apps EssentialsまたはCitrix Virtual Desktops Essentials で使用したのと同じワークスペースURLを保持する場合は、次の手順を実行します。
    1. Essentialsサービスで使用する OrgID を使用してCitrix Cloudにサインインします。左上のメニューで [ ワークスペース構成 ] を選択します。ワークスペース URL を別のものに変更します
    2. Citrix DaaS Standard for Azureで使用するOrgIDを使用して、Citrix Cloudにサインインします。左上のメニューで [ ワークスペース構成 ] を選択します。ワークスペース URL を、以前 Essentials サービスで使用していたものに変更します
  9. Azure にサインインし、Essentials サービスで使用したすべてのリソースを削除します。ガイダンスについては、「 Virtual Apps Essentials のキャンセル」を参照してください(手順はCitrix Virtual Desktops Essentialsと同じです)
  10. AzureでAzure Marketplaceリソースを削除して、Essentialsサービスを停止します。