Citrix Readyワークスペースハブの使用

Citrix Casting

Citrix ReadyワークスペースハブによってCitrix Castingが有効になり、モバイルセッションを安全にローミングおよびキャストし、デスクトップ表示をミラーリングできます。セッションをローミングするには、近接認証の範囲を入力するか、ハブでQRコードをスキャンします。一方、セッションキャスティングでは、モバイルデバイスでセッションを開始してから、QRコードをトリガーして転送する必要があります。MacおよびWindowsの場合、画面をハブにのみミラーリングできます。これらのプラットフォームでは、セッションローミングとセッションキャスティングは使用できません。

以下は、Citrix Castingの使用方法を説明するビデオです。

ワークスペースハブのビデオ

近接認証によるセッションローミング

近接認証を使用すると、ユーザーはデバイスに触れることなく、セッションを自動的に開始できます。近接認証では、Bluetooth技術を利用してモバイルデバイスを検出します。Android 6.0以降では、Bluetoothとロケーションの両方のアクセス許可を有効にします。構成が完了してCitrix Workspaceアプリが起動した後にデバイスがハブの近接認証範囲に入ると、セッションはワークスペースハブへローミングされます。この機能は、Androidデバイスでのみ利用できます。

QRコード認証によるセッションローミング

ハブのQRコードをスキャンして、iOSまたはAndroidデバイスからセッションをローミングします。セッションをハブにローミングすると、そのセッション内で利用可能なすべての周辺機器をワークスペースハブで完全に制御できるようになります。詳しくは、iOSおよびAndroidデバイスのヘルプドキュメントを参照してください。

QRコード認証によるセッションキャスティング

iOSまたはAndroidデバイスでリモートセッションを起動し、QRコードをスキャンして画面をハブに転送します。モバイルデバイス上およびハブ上のキーボードとマウスを使用して、セッションを制御できるようになります。詳しくは、iOSおよびAndroidデバイスのヘルプドキュメントを参照してください。

近接検出を使用した画面キャスティング

リモートセッションを開始せずに、デスクトップ表示をハブにキャストします。BluetoothとWi-Fiを使用した検出方法により、MacまたはWindowsデバイスを検出し、デスクトップ表示全体をハブにミラーリングします。また、IPアドレスを手動で入力するIPベースの方法でコンテンツをストリーミングすることもできます。MacまたはWindowsプラットフォームでセッションを終了するには、ノートブックを閉じるか、設定でデバイスを手動で切断します。

セッションを制御するには、デバイスとハブの両方のマウスとキーボードを使用できます。詳しくは、MacおよびWindowsのドキュメントを参照してください。

長時間実行中のセッション

長時間実行中のセッションでは、画面をロックした状態でデバイスを停止できます。セッションが中断しないようにするには、以下のヒントを参考にしてください。

  • バッテリーの最適化がセッションを妨げる可能性があります。バッテリーの最適化の影響を避けるには、Citrix WorkspaceアプリをAndroidのバッテリー最適化の無視リストに追加します:
    • Google Pixelでは、[設定] > [バッテリー] > [バッテリーの最適化] > [すべてのアプリ] > [Citrix Receiver] > [最適化しない]を選択します。
    • ほとんどのSamsungデバイスでは、[設定] > [バッテリー] > [バッテリー使用量] > [バッテリー使用量の最適化] > [すべてのアプリ] > [Citrix Receiver] > [最適化しない] を選択します。
    • サードパーティのバッテリー最適化アプリケーションを使用している場合は、Linux向けCitrix Workspaceアプリをその最適化リストから削除します。
  • 画面をロックする前に、Citrix Workspaceアプリのメインインターフェイスをフォアグラウンドに表示することをお勧めします。こうすることで、モバイルデバイスのオペレーティングシステムによりCitrix Workspaceアプリのセッションが終了されることを防げます。
  • デバイス画面がオフになると、スクリーンセーバーモードによりセッションが終了される場合があります。長時間実行されるセッションを使用するには、[ディスプレイ]>[スクリーンセーバー] 設定に [0] を設定します。

スクリーンセーバーの画像

標準ログ

標準ログを使用すると、Citrix Readyワークスペースハブ内で実行されたプロセスの実行を記録し、モジュールごとにデバッグレベルを動的に変更することができます。

Citrix Virtual Appsのサポート

Citrix Readyワークスペースハブは、複数の仮想アプリケーションまたは一度に1つのデスクトップセッションのみをシームレスに起動できます。Citrix Workspaceアプリを使用してワークスペースハブから複数のアプリケーションを起動した場合、アプリケーションがハブの初回起動画面の後ろに表示されることがあります。アプリケーションを前面に移動させるには、次の2つの方法があります。

  1. ハブの初回起動画面のメニューアイコンで、[Citrix Virtual Apps]>[すべてのCitrix Virtual Appsを表示] の順にクリックして、起動したセッションをウィンドウモードで表示します。
  2. [Citrix Virtual Apps]ApplicationName を選択して、選択したセッションを前面に表示します。

初回起動画面の自動ナビゲーション

Citrix Readyワークスペースハブの1812リリースでは、試験的機能として初回起動画面の自動ナビゲーションが追加されています。この機能を使用するには、ワークスペースハブで初回起動画面のURLを複数設定します。初回起動画面の下部にある矢印をクリックすることで、設定済みのリソースをシームレスに切り替えることができます。

画面キャストのセッションの切断

ワークスペースハブは、ノートブックを閉じると、MacおよびWindowsデバイス上のセッションを自動的に切断します。

Windowsでこの設定を無効にするには、以下を実行します。

  1. レジストリファイルに移動します:HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Citrix\WorkspaceHub\Docker\LidStatusDisconnectConfigure
  2. LidStatusDisconnectEnableFalseに設定します。

Macでこの設定を無効にするには、以下を実行します。

  1. 設定ファイルに移動します:/Users/Shared/Citrix Casting/CtxCfg.plist
  2. AutoDisconnectCastingWhenCloseLaptopFalseに設定します。

構成

ハブパッケージにctxlogd daemonおよびsetlogユーティリティが含まれています。デフォルトでは、ハブを起動するとctxlogd daemonが開始されます。

ctxlogdデーモン

トレース対象となる他のサービスはすべて、ctxlogd daemonに依存しています。ctxlogdに関連するプロセスを終了してハブのトレースを中止する場合は、ctxlogd daemonを停止することができます。このデーモンのログファイルwsh.logは、/opt/Citrix/WorkspaceHub/Logsにあります。

setlogユーティリティ

/opt/Citrix/WorkspaceHub/lib/wshlogにあるsetlogユーティリティを使用すると、モジュールごとのデバッグレベルを動的に変更できます。このユーティリティの実行権限があるのは、ルートユーザーのみです。コマンドの先頭に「sudo」を付けることで、piユーザーを使用してコマンドを実行できます。

次に例を示します:

  1. すべてのモジュールの現在のログレベルを確認するには:

    sudo /opt/Citrix/WorkspaceHub/lib/wshlog/setlog levels

  2. controlServiceモジュールのログレベルを冗長に設定するには:

    sudo /opt/Citrix/WorkspaceHub/lib/wshlog/setlog level WSH_CONTROLSERVICE verbose

使用方法について詳しくは、sudo /opt/Citrix/WorkspaceHub/lib/wshlog/ setlog --helpを実行して、ヘルプマニュアルを参照してください。

Citrixカスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)

CEIPに参加すると、匿名の統計および使用状況情報が、Citrix製品の品質およびパフォーマンスを向上させる目的で送信されます。

パートナーのサイトまたはアプリを使用する際のGoogleのデータの使用方法」で説明されているとおり、Citrix Readyワークスペースハブでは、データの分析を目的としてGoogle Analyticsを使用しています。CEIPをオフにすると、ワークスペースハブのハートビート中に最小限の情報のみが収集されます。詳細については、 「ワークスペースハブで収集されるCEIPデータ」の表を参照してください。

CEIPのスイッチ

デフォルトでは、CEIPへの参加が自動で行われます。Stratodesk UIを使用して、CEIPをオフにすることができます。

ワークスペースハブで収集されるCEIPデータ

次の表に、収集される匿名情報の一覧を示します。データでは、お客様を特定するすべての詳細は含まれません。

データポイント キー名 説明
自動ナビゲーション機能の有効化設定 auto_navigation 自動ナビゲーション機能が有効になっているかどうかを示します(1:有効、0:無効)。
OSのリリース os_release PI OSのリリース情報(4.9.35-v7など)
OSのバージョン os_version PI OSのバージョン情報(2017-07-05-raspbian-Jessieなど)
ワークスペースハブのバージョン wsh_version ワークスペースハブのバージョン情報(1.0.72など)
SSL機能の有効化設定 ssl_mode SSL機能が有効になっているかどうかを示します(1:有効、0:無効)。
デュアルモニターの使用状況 monitor_mode デュアルモニターが使用されているかどうかを示します(1:デュアルモニター、0:単一のモニター)。
モニターの解像度 monitor_resolution_p3 p3と接続されているモニター画面の解像度
モニターの解像度 monitor_resolution_p0 p0と接続されているモニター画面の解像度
セッション継続時間(セッションローミング時のみ) session_time セッションの継続時間
ワークスペースハブのMACアドレス wsh_mac ハブのMACアドレス
ワークスペースハブのCEIPモード ceip_mode CEIP機能が有効になっているかどうかを示します(1:有効、0:無効)。
Multiple-token機能トグル Multiple-token Multiple-token機能が有効になっているかどうかを示します(1:有効、0:無効)。

CEIPをオフにすると、Citrixでは次の種類の匿名情報を収集します:

データポイント キー名 説明
OSのリリース os_release PI OSのリリース情報(4.9.35-v7など)
OSのバージョン os_version PI OSのバージョン情報(2017-07-05-raspbian-Jessieなど)
ワークスペースハブのバージョン wsh_version ワークスペースハブのバージョン情報(1.0.72など)
ワークスペースハブのMACアドレス wsh_mac ハブのMACアドレス

セキュリティ接続

セキュリティ上の理由から、Citrix Readyワークスペースハブでは、モバイルデバイスとハブ間のSSL(Secure Sockets Layer)接続がサポートされます。各デバイスを一意に特定するため、完全修飾ドメイン名(FQDN)を設定する必要があります。

ドメインとホスト名を手動で構成する

ホスト名を構成する

  1. ネットワークグループに、ホスト名を入力します。証明機関(CA)の共通名はホスト名と一致するようにしてください。
  2. 変更を保存してから、ハブを再起動します。
  3. [ネットワーク]>[DNSサーバー] で、DNSサーバー名を追加してドメイン名を生成します。[システム]>[情報] で、ドメインが正常に作成されていることを確認します。

ドメインとホスト名を自動的に構成する

動的ホスト構成プロトコルサーバーから直接FQDNを生成できます。詳しくは、「ネットワーク構成」を参照してください。

注:

SSL接続が無効になっているか、ドメイン名を取得できない場合、QRコードにはドメイン名の代わりにIPアドレスが含まれます。

証明書のインストール

ドメインのSSLキーと証明書を構成します。

  1. 証明書と秘密鍵をCitrix Readyワークスペースハブに追加する方法については、https://www.stratodesk.com/kb/Certificatesを参照してください。
  2. 証明書ファイル(cert.pem)と秘密キーファイル(key.pem)の名前を更新して、[保存]をクリックします。どちらのオプションも、[接続]>[ワークスペースハブ]>[ワークスペースハブ] の下にあります。
  3. ワークスペースハブを再起動して、この変更を適用します。

SSLの画像

モバイルデバイスにルートCA証明書がインストールされていない場合は、ユーザーがハブで作業を開始する前に、自己署名証明書を構成できます。SSL接続が有効な場合には、クライアントが証明書をチェックし、ホスト名を検証します。証明書のインストールプロセスは、デバイスのモデルによって異なります。

  1. モバイルデバイスに証明書をダウンロードしてインストールします。

    注:

    集中管理なしで実行されているiOSデバイスの場合は、必ず証明書をユーザーに送信してください。

    Androidデバイスが証明書の形式を認識しない場合は、サフィックスを(.pem)から(.crt)に変更します。

  2. 証明書のSSL信頼設定を有効にします。

    詳しくは、iOSおよびAndroidデバイスのヘルプドキュメントを参照してください。

ショートカット

  • Control+Alt+Sキーを押すと、関連するトラブルシューティング情報が表示されます。
  • Control+Alt+Cキーを押すと、構成メニューが表示されます。
  • Citrix Castingでは、電話の画面を2本の指で下にスワイプすると、セッションの状態やワークスペースハブへのキャスト方法に関係なく、セッションが切断されます。