既知の問題と解決された問題

Secure Webバージョン10.8.25〜10.8.60に既知の問題はありません。

バージョン10.8.60の既知の問題

  • Secure Web for iOSでは、内部サイトはWorkspace環境からアクセスできませんが、外部サイトはアクセスできます。[CXM-55921]

次の問題は、Secure Webで解決されています。Secure Webに影響を与えるMDXに関する問題も含まれています。

Version 10.8.65で解決された問題

  • Secure Web for iOSでは、内部サイトはWorkspace環境からアクセスできませんが、外部サイトはアクセスできます。 [CXM-55921]

Version 10.8.60で解決された問題

  • Secure Web for iOSは新規インストール時にSecure Hubから起動するとクラッシュします。[CXM-55417]

バージョン10.8.55で解決された問題

  • Secure Web for iOSでは、特定のWebページが正常にデバイスに読み込まれても、回転アイコンが表示されます。[CXM-52889]

バージョン10.8.50で解決された問題

  • ドキュメント交換ポリシーが制限ありに設定されている場合、Secure Webはファイルのダウンロードを施行後、機能しなくなります。[CXM-48447]
  • ログイン資格情報を送信すると、Secure Web for iOSがクラッシュします。この問題は、Secure Webが安全なWebページから安全でないWebページにデータを送信しようとしたときに断続的に発生します。[CXM-52977]

バージョン10.8.45で解決された問題

  • dnsResolveが定義されたPACファイルで完全トンネルモードに設定されている場合に、Secure Webの動作が著しく遅くなります。[CXM-49567]
  • Secure Web for Androidでは、画面をピンチインで縮小するとWebページが更新されます。[CXM-53026]

バージョン10.8.40で解決された問題

Secure Web for iOSでは、デスクトップモードに切り替えるとWebページが正しくレンダリングされません。モバイルモードに切り替えると、この問題が発生することがあります。[CXM-52847]

バージョン10.8.26で解決された問題

Secure Webバージョン10.8.26では、次の問題が解決されています。

  • Chrome 67以降への更新プログラムによる問題:セキュアブラウズ使用中にSecure Web for Androidを介してイントラネットサイトにアクセスすると、問題が発生します。詳しくは、Support Knowledge Centerの記事を参照してください。[CXM-52186]

バージョン10.8.10で解決された問題

Secure Web for iOS

Secure Web for iOSをバージョン10.7.25に更新すると、ユーザーはSkype会議に参加できなくなります。代わりに、Lyncアプリ用のアプリストアが開きます。[CXM-46336]

Secure Web for Android

Secure Web for Androidを含むWebView APIを使用するデバイスでは、MDXポリシーの[ギャラリーを禁止]が [オフ] に設定されていてもギャラリーから画像を添付できません。[CXM-41475]