Citrix Virtual Apps and Desktops

解決された問題

Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1912 LTSR CU3以降、次の問題が解決されています:

Citrixポリシー

  • Citrix Cloud環境でポリシーを作成し、ドメインAの組織単位を使用してフィルターする場合に、ドメインBのユーザーがログオンできないことがあります。この問題は、公開されたアプリケーションまたはデスクトップにアクセスするときに発生します。[CVADHELP-17179]

Citrix Provisioning

Citrix Provisioning 1912 CU4のドキュメントには、このリリースの更新に関する特定の情報が記載されています。

Citrix Director

  • オンプレミスのCitrix DirectorおよびCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスの [監視] タブは、RDSライセンスが正常に機能している場合でも、次のメッセージを表示することがあります。

    RDSライセンスの猶予期間が終わりました。

    [CVADHELP-17469]

  • Delivery ControllerでVDAをデリバリーグループに割り当ててVdaDataCollection設定を有効にすると、VDAデータ収集エンジンが断続的に再起動することがあります。この問題は、グループポリシー設定が更新されたときに発生します。[CVADHELP-18361]

  • アクティブなセッションのない割り当てられたデスクトップまたは静的デスクトップを選択してユーザーを検索すると、Citrix Directorに次のエラーメッセージが表示されて失敗する場合があります。

    マシンを取得できません

    [CVADHELP-18327]

Citrix Studio

  • Citrix Studioで表示されるエラーメッセージの解決策の検索リンクをクリックすると、誤ったリンクが開かれることがあります。[CVADHELP-17800]

Delivery Controller

  • ライセンスが終了したとき、セッションが30日間の猶予期間で動作し続けます。30日が経過すると、猶予期間が終了し、接続が失敗します。[CVADHELP-16487]

  • Citrix Virtual Apps and Desktopsをバージョン1912 LTSRにアップグレードすると、Citrix.AzureRmPlugin.dll.config構成ファイルが更新されず、Microsoft Azure Resource Managerへの接続が失敗することがあります。[CVADHELP-16839]

  • Delivery Controllerがデータベースへの接続に失敗して、次のエラーメッセージが表示されることがあります。このエラーにより、パフォーマンスの問題が発生します。

    イベント1201 Citrix Broker Serviceとデータベースとの接続が失われました。

    このエラーは、DAGetSessionUidsInCatalogScopeDesktopGroupScopeなどSQLの複数行のテーブル関数が、多数のセッションを実行している環境で呼び出された場合に発生します。たとえば、100,000セッションが実行されていて、1つのテーブルに100,000 Uidエントリが作成されている場合、パフォーマンスが影響を受け接続が失敗します。

    [CVADHELP-17021]

  • MonitorData.[Machine] テーブルが監視データベースに存在しますが、ここに重複するエントリが含まれている可能性があります。[CVADHELP-17025]

  • Citrix Directorでハイパーバイザーの正常性に関するアラートを無効にできないことがあります。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Monitor\Service\Toggles

    名前:HypervisorMonitoring

    種類:DWORD

    値:00000000

    [CVADHELP-17218]

  • 異なるサテライトゾーンにあるDelivery Controller間のネットワーク接続がブロックされている場合、サイトテストが失敗することがあります。[CVADHELP-17273]

  • カスタムスコープが割り当てられたデリバリーグループ管理者は、再起動スケジュールの一覧を取得したり、それらを管理したりできない場合があります。[CVADHELP-17683]

  • 更新されたマスターイメージがVDAに昇格されていない場合、&$などの特殊文字を含む名前でカタログを更新しようとすると失敗することがあります。[CVADHELP-17686]

  • マルチサイト集計機能が構成され、資格ポリシー規則で「SessionReconnection」プロパティがSameEndPointOnlyに設定されている場合、アクティブなセッションに再接続する代わりに、新しいセッションが起動されることがあります。[CVADHELP-17692]

  • Citrix Virtual Apps and Desktopsをバージョン1912 LTSRにアップグレードしてXenServerを再起動すると、仮想マシンが不明な電力状態で停止し、Citrix Studioで更新に失敗することがあります。[CVADHELP-17750]

  • HTTPS URLやHTTP URLなど、大文字で記述された完全修飾ドメイン名(FQDN)を使用してDelivery Controllerにホスティングユニットを追加すると、失敗する場合があります。[CVADHELP-17862]

  • Microsoft System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)ベースのハイパーバイザーのホスト接続パスワードを更新しようとすると、タイムアウトエラーが発生する可能性があります。[CVADHELP-17909]

  • アップグレード中にCitrix Monitoringサービスを起動または再起動すると、データベース接続に障害が発生し、古いデータが失われる可能性があります。これを防ぐには、Platinumエディション(PLT)でデフォルトの保持を設定します。[CVADHELP-18069]

Linux Virtual Delivery Agent

Linux Virtual Delivery Agent 1912 CU4のドキュメントには、このリリースの更新に関する特定の情報が記載されています。

Metainstaller

  • VDAをインストールまたはアップグレードする場合、レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\GraphicsのSetDisplayRequiredMode値が削除される可能性があります。[CVADHELP-17031]

  • ユーザー個人設定レイヤーがインストールされていません。[CVADHELP-17672]

Microsoft Teams最適化

  • Microsoft Teamsで最適化された呼び出しは、CtxTeamsSvc.dllモジュールの障害が原因で、ctxsvchost.exeプロセスが予期せず終了して失敗する場合があります。[CVADHELP-16918]

  • HTML5ビデオリダイレクトサービス(txHdxWebSocketService)が予期せず終了することがあります。[CVADHELP-17146]

  • 公開デスクトップ内でMicrosoft TeamsをHDX最適化モードで使用すると、音声通話が切断されることがあります。[CVADHELP-17341]

  • 通話に参加しようとしているときに、Citrix HDX HTML5ビデオリダイレクトサービス(WebSocketService.exe)が予期せず終了し、通話が失敗することがあります。[CVADHELP-17424]

Profile Management

Profile Management 1912 CU4のドキュメントには、このリリースの更新に関する特定の情報が記載されています。

Session Recording

Session Recording 1912 CU4のドキュメントには、このリリースの更新に関する特定の情報が記載されています。

StoreFront

StoreFront 1912 CU4のドキュメントには、このリリースの更新に関する特定の情報が記載されています。

シングルセッションOS対応VDA

コンテンツリダイレクト

  • Explorerを使用すると、画面に黒いパッチが表示されることがあります。この問題は、特定のAMD GPUモデルを使用してエンドポイントに接続した場合に発生します。[CVADHELP-17057]

  • 一部のサードパーティアプリケーションを使用するとき、Websocketagent.exeによりCPU使用率が高くなることがあります。この問題は、WebブラウザーコンテンツリダイレクトまたはHTML 5ビデオリダイレクトのポリシーが有効になっている場合に発生します。[CVADHELP-17067]

  • この修正は、Blue Coat Webプロキシと相互運用するためのHdxWebProxyの拡張機能です。[CVADHELP-18078]

キーボード

  • VDAとクライアント間のパスが非対称である場合、EDT MTU検出のMTUの計算が不正確になる可能性があります。その結果、セッションの起動は成功しますがキーボードとマウスは応答しません。[CVADHELP-16654]

セッション/接続

  • IPv6が有効になっていると、VDAが断続的に登録解除されることがあります。[CVADHELP-14847]

  • VDAが登録を解除し、その状態が続く可能性があります。[CVADHELP-16445]

  • セッションの起動後、Microsoft Windowsで実行されているオーディオに、削除できない赤いXが表示される場合があります。[CVADHELP-16815]

  • 最初に仮想デスクトップセッションからクライアントに、またはその逆方向に接続する場合、クリップボードマッピングがブロックされる可能性があります。切断して再接続すると、仮想デスクトップセッションからクライアントに対してのみクリップボードマッピングが機能します。[CVADHELP-17039]

  • ウォーターマークのカスタムテキストを更新するには、ログオフしてからセッションに再接続します。[CVADHELP-17056]

  • VDA内でDPIを100%以外の値に設定すると、DPI値がリセットされて100%になることがあります。この問題は、デスクトップをロックしようとしたときに発生します。[CVADHELP-17276]

  • マルチストリームポリシーを有効にすると、Linuxエンドポイントで起動されたセッションが切断されることがあります。この問題は、VDAバージョン1912 LTSRで発生します。[CVADHELP-17301]

  • 公開デスクトップ内でMicrosoft TeamsをHDX最適化モードで使用すると、音声通話が切断されることがあります。 [CVADHELP-17341]

  • ユーザー個人設定レイヤーポリシーが有効になっているセッションに再接続すると、接続が失敗することがあります。[CVADHELP-17369]

  • シングルセッションVDIデスクトップでAMDグラフィックカードを使用すると失敗することがあります。[CVADHELP-17757]

  • 物理マシンのVDAを介して接続されたユーザーセッションを切断すると、Citrix接続ライセンスが消費されます。[CVADHELP-17802]

  • NVIDIA GPUを使用する場合、画面を最大周波数に設定した後でも、全画面モードのフレーム周波数が60 fps(フレーム/秒)を超えないことがあります。[CVADHELP-17904]

  • テーブルのコピーオプションが、特定のサードパーティアプリケーションで無効になっているか利用できないことがあります。このオプションを有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\CurrentControlSet\Control\Citrix\wfshell\virtual Clipboard

    名前:DisableFileSupport

    種類:DWORD

    値:00000001

    [CVADHELP-17986]

  • この修正により、仮想チャネル許可リストのログが有効になります。詳しくは、「仮想チャネルのセキュリティ」を参照してください。[CVADHELP-18129]

スマートカード

  • SFRhookを有効にして、Microsoft Edgeブラウザーでスマートカードにアクセスすると、msedge.exeプロセスが予期せず終了する場合があります。[CVADHELP-17956]

システムの例外

  • 直接アクセスVPNトンネルを介してOUベースのController検出を実行すると、Citrix Desktop Service (BrokerAgent.exe)が多数のID 1010イベントを生成することがあります。[CVADHELP-16754]

  • CtxSvcHost.exeプロセスの1つが予期せず終了すると、Microsoft Teamsは最適化に失敗する可能性があります。この問題は、Citrix HDX Teamsリダイレクトシステムサービスの障害が原因で発生します。[CVADHELP-16946]

  • Citrix Desktop Service (BrokerAgent.exe)でアクセス違反が発生して、予期せず終了することがあります。[CVADHELP-17055]

  • HTML5ビデオリダイレクトサービス(CtxHdxWebSocketService)が予期せず終了することがあります。 [CVADHELP-17146]

  • wfshell.exeプロセスが予期せず終了し、公開アプリケーションからの新しいアプリケーションの起動が失敗する場合があります。[CVADHELP-17310]

  • VDAでicaussb.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0x3Bによるブルースクリーンが表示されることがあります。[CVADHELP-17339]

  • 通話に参加しようとしているときに、Citrix HDX HTML5ビデオリダイレクトサービス(WebSocketService.exe)が予期せず終了し、通話が失敗することがあります。 [CVADHELP-17424]

  • winlogon.exeプロセスが、予期せずに終了する場合があります。この問題は、PicaWinlogonHook64.dllモジュールに障害がある場合に発生します。[CVADHELP-17651]

  • Microsoft Teamsで最適化されたビデオ会議通話のオーディオとビデオが切断され、HdxRtcEngine.exeプロセスが終了する場合があります。[CVADHELP-17741]

マルチセッションOS対応VDA

コンテンツリダイレクト

  • Explorerを使用すると、画面に黒いパッチが表示されることがあります。この問題は、特定のAMD GPUモデルを使用してエンドポイントに接続した場合に発生します。 [CVADHELP-17057]

  • この修正は、Blue Coat Webプロキシと相互運用するためのHdxWebProxyの拡張機能です。 [CVADHELP-18078]

キーボード

  • VDAとクライアント間のパスが非対称である場合、EDT MTU検出のMTUの計算が不正確になる可能性があります。その結果、セッションの起動は成功しますがキーボードとマウスは応答しません。 [CVADHELP-16654]

印刷

  • [印刷出力を名前を付けて保存] オプションを使用してシームレスセッションでファイルに出力する場合、印刷ウィンドウが正しく表示されないことがあります。[CVADHELP-16614]

セッション/接続

  • IPv6が有効になっていると、VDAが断続的に登録解除されることがあります。 [CVADHELP-14847]

  • VDAが登録を解除し、その状態が続く可能性があります。 [CVADHELP-16445]

  • 特定のサードパーティアプリケーションを使用している場合、アプリケーションが別のウィンドウを開いたときに黒い画面が表示されることがあります。[CVADHELP-16956]

  • 最初に仮想デスクトップセッションからクライアントに、またはその逆方向に接続する場合、クリップボードマッピングがブロックされる可能性があります。切断して再接続すると、仮想デスクトップセッションからクライアントに対してのみクリップボードマッピングが機能します。 [CVADHELP-17039]

  • HideStatusMessagesの値を「1」に設定してスタートバーを非表示にすると、レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System\が正常に動作しなくなる可能性があります。[CVADHELP-17138]

  • マルチストリームポリシーを有効にすると、Linuxエンドポイントで起動されたセッションが切断されることがあります。この問題は、VDAバージョン1912 LTSRで発生します。 [CVADHELP-17301]

  • 公開デスクトップ内でMicrosoft TeamsをHDX最適化モードで使用すると、音声通話が切断されることがあります。 [CVADHELP-17341]

  • 特定のサードパーティアプリケーションが、シームレスセッションで応答しなくなる可能性があります。[CVADHELP-17309]

  • Citrix Virtual Apps and Desktops LTSRバージョンCU1、CU2、またはCU3でSSLセッションを開始すると、次のエラーメッセージが表示されて失敗する場合があります:

    セッション「デリバリーグループ名」はエラーコード3500のため正常に起動できませんでした。エラーの詳細については、管理者に問い合わせてください。

    [CVADHELP-17421]

  • HookingドライバーCtxUviは、Dockerコンテナを使用するとアンロードすることがあります。[CVADHELP-17614]

  • Citrix Workspaceアプリをバージョン1909以降にアップグレードした後、シームレスセッションで言語バーをスムーズに移動できない場合があります。[CVADHELP-18118]

  • テーブルのコピーオプションが、特定のサードパーティアプリケーションで無効になっているか利用できないことがあります。このオプションを有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\CurrentControlSet\Control\Citrix\wfshell\virtual Clipboard

    名前:DisableFileSupport

    種類:DWORD

    値:00000001

    [CVADHELP-17986]

  • この修正により、仮想チャネル許可リストのログが有効になります。詳しくは、「仮想チャネルのセキュリティ」を参照してください。 [CVADHELP-18129]

スマートカード

  • SFRhookを有効にして、Microsoft Edgeブラウザーでスマートカードにアクセスすると、msedge.exeプロセスが予期せず終了する場合があります。 [CVADHELP-17956]

システムの例外

  • 直接アクセスVPNトンネルを介してOUベースのController検出を実行すると、Citrix Desktop Service (BrokerAgent.exe)が多数のID 1010イベントを生成することがあります。 [CVADHELP-16754]

  • CtxSvcHost.exeプロセスの1つが予期せず終了すると、Microsoft Teamsは最適化に失敗する可能性があります。この問題は、Citrix HDX Teamsリダイレクトシステムサービスの障害が原因で発生します。 [CVADHELP-16946]

  • Citrix Desktop Service (BrokerAgent.exe)でアクセス違反が発生して、予期せず終了することがあります。 [CVADHELP-17055]

  • HTML5ビデオリダイレクトサービス(CtxHdxWebSocketService)が予期せず終了することがあります。 [CVADHELP-17146]

  • wfshell.exeプロセスが予期せず終了し、公開アプリケーションからの新しいアプリケーションの起動が失敗する場合があります。 [CVADHELP-17310]

  • 通話に参加しようとしているときに、Citrix HDX HTML5ビデオリダイレクトサービス(WebSocketService.exe)が予期せず終了し、通話が失敗することがあります。 [CVADHELP-17424]

  • 公開アプリケーションを起動すると、winlogon.exeが予期せず終了し、ユーザーセッションが切断されることがあります。[CVADHELP-17602]

  • 公開されたユニバーサルWindowsアプリケーション(UWA)は、次の例外で起動に失敗する場合があります:

    System.Runtime.InteropServices.COMException (0x80270134)

    [CVADHELP-18116]