印刷のポリシー設定

印刷セクションには、クライアントからの印刷の管理に関するポリシー設定が含まれています。

クライアントプリンターリダイレクト

この設定項目では、ユーザーのログオン時にクライアントプリンターをサーバーに自動的にマップすることを許可または禁止します。

デフォルトでは許可されます。この設定項目が無効の場合、PDFプリンターはセッションで自動作成されません。

関連する設定項目:クライアントプリンターを自動作成する

デフォルトプリンター

この設定では、セッションのデフォルトのクライアントプリンターとして設定するプリンターを指定します。

デフォルトでは、ユーザーの現在のデフォルトプリンター(通常使うプリンター)がセッションのデフォルトプリンターとして使用されます。

[デフォルトプリンターの設定を変更しない]を選択すると、リモートデスクトップサービスまたはWindowsのユーザープロファイルで設定されているデフォルトプリンターが使用されます。この場合、デフォルトプリンターはプロファイルに保存されず、ほかのセッションやクライアント側のプロパティにより変更されなくなります。このオプションでは、セッションで最初に自動作成されたプリンターがセッションのデフォルトプリンターになります。つまり、以下のどちらかのプリンターになります。

  • Windowsサーバーのコントロールパネルの[デバイスプリンター] でローカルに追加された最初のプリンター。
  • サーバーにローカルプリンターが追加されていない場合は、最初に自動作成されたプリンター。

プロファイルの設定に基づいてユーザーに最も近いプリンターを提供する(近接プリンター機能を使用する)場合に、このオプションを使用できます。

プリンター割り当て

この設定は、[デフォルトプリンター]設定および[セッションプリンター]設定の代わりに使用します。特定のサイト、大規模グループ、または組織単位用のポリシーを構成する場合は、[デフォルトプリンター]設定および[セッションプリンター]設定を使用します。[プリンター割り当て] 設定は、多くのプリンターのグループを複数のユーザーに割り当てる場合に使用します。

この設定では、ユーザーデバイスを一覧に追加して、そのユーザーデバイス上のデフォルトプリンターがセッションでどのように使用されるかを指定します。

デフォルトでは、ユーザーの現在のデフォルトプリンター(通常使うプリンター)がセッションのデフォルトプリンターとして使用されます。

また、各ユーザーデバイスに対してセッションで自動作成するネットワークプリンターを指定します。デフォルトでは、プリンターは指定されていません。

  • デフォルトプリンター値は、以下のように設定します。

    ユーザーデバイスの現在のデフォルトプリンターを使用する場合は、[変更しない]を選択します。

    現在のリモートデスクトップサービスまたはWindowsのユーザープロファイルで設定されているデフォルトプリンターを使用する場合は、[変更しない]を選択します。この場合、デフォルトプリンターはプロファイルに保存されず、ほかのセッションやクライアント側のプロパティにより変更されなくなります。このオプションでは、セッションで最初に自動作成されたプリンターがセッションのデフォルトプリンターになります。つまり、以下のどちらかのプリンターになります。

    • Windowsサーバーのコントロールパネルの[デバイスとプリンター]でローカルに追加された最初のプリンター。
    • サーバーにローカルプリンターが追加されていない場合は、最初に自動作成されたプリンター。
  • セッションプリンター値を設定するには、自動作成するプリンターのUNCパスを入力します。この一覧の設定は、ユーザーがログオンするたびに適用できます。

プリンター自動作成イベント ログの設定

この設定では、プリンターの自動作成処理中にログに記録するイベントを指定します。エラーおよび警告をログに記録しない、エラーのみを記録する、またはエラーおよび警告を記録することを選択できます。

デフォルトでは、エラーおよび警告がログに記録されます。

たとえば、プリンターのネイティブドライバーをインストールできず、代わりにユニバーサルプリンタードライバーがインストールされた場合は、警告がログに記録されます。このような状況でユニバーサルプリンタードライバーを使用できるようにするには、[ユニバーサル印刷の使用]設定で[ユニバーサル印刷のみを使用する]または[要求されたドライバーを使用できない場合にのみユニバーサル印刷を使用する]を選択します。

セッションプリンター

この設定では、セッションで自動作成するネットワークプリンターを指定します。

デフォルトでは、プリンターは指定されていません。

自動作成するプリンターを追加するには、そのプリンターのUNCパスを入力します。この一覧の設定は、ユーザーがログオンするたびに適用できます。

SSL暗号の組み合わせ

この設定は、暗号化印刷データストリーム(CGP)でユニバーサルプリントクライアントが使用するSSL/TLS暗号の組み合わせセットを指定します。

暗号化印刷Webサービス(HTTPS/SOAP)接続でユニバーサルプリントクライアントが使用する暗号の組み合わせを制御するには、[SCHANNEL]を参照してください。

デフォルト値:ALL

この設定の値は、ALL、COM、またはGOVです。

それぞれの値は、以下の暗号の組み合わせに関連しています:

ALL:

TLS_ECDHE_RSA_AES256_GCM_SHA384

TLS_ECDHE_RSA_AES256_CBC_SHA384

TLS_ECDHE_RSA_AES128_CBC_SHA

COM:

TLS_ECDHE_RSA_AES128_CBC_SHA

GOV:

TLS_ECDHE_RSA_AES256_GCM_SHA384

TLS_ECDHE_RSA_AES256_CBC_SHA384

SSL準拠モード

この設定は、暗号化印刷データストリーム(CGP)でユニバーサルプリントクライアントが使用するNIST Special Publication 800-5への準拠レベルを指定します。

デフォルト値:None。

この設定では以下の値を指定できます:

None。

暗号化印刷データストリーム(CGP)接続はデフォルトの準拠モードを使用します。

SP800-52。

暗号化印刷データストリーム(CGP)接続はNIST Special Publication 800-52準拠モードを使用します。

SSLが有効

この設定は、印刷データストリーム(CGP)接続とWebサービス(HTTP/SOAP)接続でユニバーサルプリントクライアントが使用するSSL/TLS暗号の組み合わせセットを指定します。

[ユニバーサルプリントサーバーの有効化][有効。Windowsのリモート印刷機能にフォールバックする] に設定すると、フォールバック接続はMicrosoft Windowsネットワーク印刷プロバイダーによって確立されます。この設定によって、フォールバック接続が影響を受けることはありません。

デフォルト値:Disabled

この設定では以下の値を指定できます:

Enabled。

ユニバーサルプリントクライアントはユニバーサルプリントサーバーへの接続にSSL/TLSを使用します。

Disabled。

ユニバーサルプリントクライアントはユニバーサルプリントサーバーへの接続にSSL/TLSを使用します。

SSL FIPSモード

この設定は、印刷データストリーム(CGP)接続でユニバーサルプリントクライアントが使用するSSL/TLS暗号モジュールがFIPSモードで実行されるかを指定します。

デフォルト値:Disabled

この設定では以下の値を指定できます:

Enabled。

FIPSモードは有効になっています。

Disabled。

FIPSモードは無効になっています。

SSLプロトコルバージョン

この設定はユニバーサルプリントクライアントが使用するSSL/TLSプロトコルのバージョンを指定します。

デフォルト値:ALL

この設定では以下の値を指定できます:

ALL。

TLSバージョン1.0、1.1、または1.2を使用します。

TLSv1。

TLSバージョン1.0を使用します。

TLSv1.1。

TLSバージョン1.1を使用します。

TLSv1.2。

TLSバージョン1.2を使用します。

SSLユニバーサルプリントサーバー暗号化印刷データストリーム(CGP)ポート

この設定では、ユニバーサルプリントサーバー暗号化印刷データストリーム(CGP)ポートが使用するTCPポート番号を指定します。このポートは印刷ジョブのデータを受信します。

デフォルト値:443

SSLユニバーサルプリントサーバー暗号化Webサービス(HTTPS/SOAP)ポート

この設定では、ユニバーサルプリントサーバー暗号化Webサービス(HTTPS/SOAP)ポートが使用するTCPポート番号を指定します。このポートは印刷コマンドのデータを受信します。

デフォルト値:8443

プリンターの自動作成を待機する(サーバーデスクトップ)

この設定では、サーバーデスクトッププリンターが自動作成されるまでセッションへの接続を遅延させるかどうかを指定します。

デフォルトでは、プリンターの作成を待機せずに接続します。