トラブルシューティング

App Switcherが動作していない

IT管理者によりアプリが同じサーバー上で公開されている必要があります。そうでない場合は、App Switcherは動作しません。

個別のセッションで実行されるアプリケーション

アプリケーションの共有機能が有効になっている場合でも、サーバー側でこの問題が発生することがあります。これは間欠的な問題であり、現在回避策はありません。

セッションの切断

ユーザーが以下の操作を行うと、iOS向けCitrix Workspaceアプリセッションを終了せずに切断できます:

  • セッションで公開アプリまたはデスクトップを表示している間に次のことを実行する:
    • 画面を上部で矢印をタップして、セッションのドロップダウンメニューを表示させる。
    • [ホーム] ボタンをタップして、起動パッドに戻る。
    • アクティブなセッションに残っている公開アプリのいずれかのアイコンの下にある白い影をタップする。
    • 切断をタップする。
  • iOS向けCitrix Workspaceアプリを終了する:
    • デバイスの [ホーム] ボタンをダブルタップする。
    • iOS App Switcherビューで、iOS向けCitrix Workspaceアプリを探す。
    • 表示されるダイアログで切断をタップする。
  • モバイルデバイスのホームボタンを押す。
  • アプリのドロップダウンメニュー内の[ホーム]または[切り替え]をタップする。

これらの操作を行うと、セッションは切断状態のままサーバーに保持されます。ユーザーはこの切断セッションに再接続できますが、管理者は特定の時間が経過した後に切断セッションが自動的に終了するように設定できます。これを行うには、リモートデスクトップセッションホストサーバーの構成(「ターミナルサービス構成」の新名称)で[ICA-tcp]接続の設定を変更します。リモートデスクトップサービス(「ターミナルサービス」の新名称)の設定について詳しくは、Microsoft Windows Serverの製品ドキュメントを参照してください。

有効期限が切れたパスワード

iOS向けCitrix Workspaceアプリでは、有効期限が切れたパスワードをユーザーが変更することができます。パスワードの有効期限が切れると、必要な情報を入力するためのメッセージが表示されます。

ジェイルブレイクされたデバイス

ユーザーがジェイルブレイクされたiOSデバイスで接続することにより、展開環境のセキュリティを侵害する可能性があります。ジェイルブレイクしたデバイスは、その所有者によりセキュリティ権限が変更され、特定のセキュリティ保護機能を効果的にバイパスします。

iOS向けCitrix WorkspaceアプリでジェイルブレイクされたiOSが検出されると、ユーザーに通知が表示されます。環境のセキュリティをさらに保護する野に役立てるため、StoreFrontまたはWeb Interfaceを構成して、検出したジェイルブレイクされたデバイスでアプリを実行できないようにすることができます。

要件

  • Citrix Receiver for iOS 6.1以降
  • StoreFront 3.0またはWeb Interface 5.4以降
  • StoreFrontまたはWeb Interfaceへの管理者アカウントによるアクセス

検出したジェイルブレイクされたデバイスでアプリを実行できないようにするには

  1. StoreFrontまたはWeb Interfaceサーバーに管理者特権を持つユーザーとしてログオンします。

  2. default.icaファイルを見つけます。このファイルは以下のいずれかの場所にあります:

    • C:\inetpub\wwwroot\Citrix\storename\conf(Microsoftインターネットインフォメーションサービス)
    • C:\inetpub\wwwroot\Citrix\storename\App_Data(Microsoftインターネットインフォメーションサービス)
    • ./usr/local/tomcat/webapps/Citrix/XenApp/WEB-INF(Apache Tomcat)
  3. [Application] セクションに以下の行を追加します。AllowJailBrokenDevices=OFF

  4. ファイルを保存してStoreFrontまたはWeb Interfaceサーバーを再起動します。

StoreFrontサーバーを再起動した後は、ジェイルブレイクされたデバイスについての通知を受け取ったユーザーはStoreFrontまたはWeb Interfaceサーバーからアプリを起動できません。

検出したジェイルブレイクされたデバイスでアプリを実行できるようにするには

AllowJailBrokenDevicesを設定しなければ、デフォルトの動作ではジェイルブレイクされたデバイスについてユーザーに通知が表示されますが、依然としてアプリケーションを起動が許可されます。

ジェイルブレイクされたデバイスでのアプリの実行をユーザーに明確に許可するには、次の手順に従います:

  1. StoreFrontまたはWeb Interfaceサーバーに管理者特権を持つユーザーとしてログオンします。

  2. default.icaファイルを見つけます。このファイルは以下のいずれかの場所にあります:

    • C:\inetpub\wwwroot\Citrix\storename\conf(Microsoftインターネットインフォメーションサービス)
    • C:\inetpub\wwwroot\Citrix\storename\App_Data(Microsoftインターネットインフォメーションサービス)
    • ./usr/local/tomcat/webapps/Citrix/XenApp/WEB-INF(Apache Tomcat)
  3. [Application] セクションに以下の行を追加します。AllowJailBrokenDevices=ON

  4. ファイルを保存してStoreFrontまたはWeb Interfaceサーバーを再起動します。

AllowJailBrokenDevicesをONに設定すると、ユーザーはジェイルブレイクされたデバイスについて通知を受け取りますが、StoreFrontまたはWeb Interfaceサーバー経由でアプリケーションを実行できます。

HDXの音質の低下

iOS向けCitrix Workspaceアプリを使用したCitrix Virtual Apps and Desktopsのセッションで、音声と動画を使用するときにHDX機能の音質が低下することがあります。この問題は、Citrix Virtual Apps and DesktopsのHDXに関連するポリシーが音声と動画のデータ量に対応できない場合に発生します。音質を改善するためのポリシー作成については、Knowledge CenterのCTX123543を参照してください。

Citrix Cloudで使用できるデモ用アカウント

現在アカウントを持っていないユーザーは、Citrix Cloud(http://cloud.citrix.com/)デモサイトでデモ用ユーザーアカウントを作成できます。

Citrix Cloudでは、独自に環境を設定しなくても、Citrixソリューションの有効性を体験することができます。Citrix Cloudデモ環境では、Citrix Virtual Apps and Desktops、Citrix Gatewayなどの、数多くの主要なCitrixソリューションが使用されています。

ただし、このデモ環境ではデータが保存されません。また、セッションを切断した後に再接続できない可能性があります。

テンキー

公開アプリケーションでテンキーの使用に問題が生じる場合は、iOS向けCitrix WorkspaceアプリでUnicodeキーボードを無効にします。これを行うには、[設定]タブで [キーボードオプション] をタップし、[Unicodeキーボードを使用]を [オフ] にします。

接続パフォーマンスの低下

XenApp Servicesサイトへの接続パフォーマンスが低下したり、アプリケーションアイコンが表示されなくなったり、「プロトコルドライバーエラー」が表示されたりする場合は、Citrix Virtual AppsサーバーおよびCitrix Secure Web GatewayまたはWeb Interfaceサーバーのネットワークインターフェイスで、以下のCitrix PV Ethernet Adapterプロパティを無効にしてください:

  • 大量送信オフロード
  • オフロードIPチェックサム
  • オフロードTCPチェックサム
  • オフロードUDPチェックサム

サーバーを再起動する必要はありません。この回避策は、Windows Server 2003およびWindows Server 2008(32ビット)で使用できます。Windows Server 2008 R2では、この問題は発生しません。