このリリースについて

1912の新機能

累積更新プログラム7(CU7)は、1912 LTSRの最新の更新プログラムです。

Microsoft Teamsの機能強化

次のMicrosoft Teamsの機能強化は、CU6以降のリリースでサポートされています:

Desktop Viewerが全画面モードの場合、ユーザーはDesktop Viewerがカバーするすべての画面から1つを選択して共有できます。ウィンドウモードでは、ユーザーはDesktop Viewerウィンドウを共有できます。シームレスモードでは、ユーザーはすべての画面から1つを選択して共有できます。Desktop Viewerがウィンドウモードを変更(最大化、復元、または最小化)すると、画面共有が停止します。

次のMicrosoft Teamsの機能強化は、CU5以降のリリースでサポートされています:

  • 画面共有機能の向上 - 画面共有を行うと、Desktop Viewer画面のみがネイティブビットマップ形式でキャプチャされるようになりました。

  • ピアに、画面共有セッションで発表者のマウスポインターが表示されるようになりました。

  • ビデオレンダリングの強化。

  • パフォーマンスと信頼性の向上。

  • WebRTCメディアエンジンは、クライアントデバイスで構成されたプロキシサーバーを優先するようになりました。

  • エコーキャンセル、自動利得制御、ノイズ抑制構成の機能強化:Microsoft Teamsがこれらのオプションを構成する場合、CitrixリダイレクトのMicrosoft Teamsは構成された値を優先します。それ以外の場合、これらのオプションはデフォルトでTrueに設定されています。

  • メディアトラフィックの優先ネットワークインターフェイスを構成できるようになりました。

    \HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Citrix\HDXMediaStreamに移動し、NetworkPreference(REG_DWORD)という名前でキーを作成します。

    必要に応じて、次のいずれかの値を選択します:

    • 1:イーサネット
    • 2:Wi-Fi
    • 3:携帯ネットワーク
    • 5:ループバック
    • 6:任意

    デフォルトかつ値が設定されていない場合、WebRTCメディアエンジンは利用可能な最適なルートを選択します。

  • オーディオデバイスモジュール2(ADM2)を無効にして、従来のオーディオデバイスモジュール(ADM)をクアッドチャネルマイクに使用できるようになりました。これは、通話中のマイクに関連する問題の解決に役立ちます。

    ADM2を無効にするには、\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Citrix\HDXMediaStreamに移動してDisableADM2という名前(REG_DWORD)でキーを作成し値を1に設定します。

  • DirectWShowは現在デフォルトのレンダラーです。

    デフォルトのレンダラーを変更するには、次の手順を実行します:

    • レジストリエディターを起動します。
    • 次のキーの場所に移動します:HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Citrix\HDXMediaStream
    • 次の値を更新します:"UseDirectShowRendererAsPrimary"=dword:00000000

      その他の設定可能な値:

      • 0:メディアファンデーション
      • 1:DirectShow(デフォルト)
    • Citrix Workspaceアプリを再起動します。

注:

  • 拡張機能は、Microsoft Windows 10デスクトップオペレーティングシステムのエンドポイントでのみサポートされます。
  • 拡張機能は、Microsoft Windows 7および8オペレーティングシステムのエンドポイントではサポートされていません。
  • 拡張サポートは、Citrix Workspaceアプリパッケージのインストール時に決定されます。オペレーティングシステムをMicrosoft Windowsバージョン7からバージョン10にアップグレードするときは、Citrix Workspaceアプリをアンインストールすることをお勧めします。

アプリ保護

免責事項

アプリ保護ポリシーはオペレーティングシステムの必要な機能へのアクセスをフィルタリングすることで有効になります(画面のキャプチャまたはキーボードの操作が必要な特定のAPI呼び出し)。つまり、このアプリ保護ポリシーは、カスタムの目的別に構築されたハッカーツールに対しても保護を提供できます。ただし、オペレーティングシステムの進化によって、画面のキャプチャやキーのログ記録には新しい方法が出てきます。引き続きこうした方法に対応していきますが、特定の構成や展開では完全な保護を保証することはできません。

アプリ保護は、Citrix Virtual Apps and Desktopsの使用時にセキュリティを強化する機能です。この機能により、キーロガーや画面キャプチャマルウェアによりクライアントが侵害される可能性が制限されます。アプリ保護では、画面に表示されるユーザーの資格情報や個人情報などの機密情報の流出を防ぎます。この機能を使うと、ユーザーおよび攻撃者がスクリーンショットを撮る、またはキーロガーを使用することにより機密情報を収集、悪用することを防ぐことができます。

注:

保護されたセッションの起動には、ネイティブのCitrix Workspaceアプリのみを使用することをお勧めします。

アプリ保護は、StoreFrontとControllerの間で構成されます。Controllerでのアプリ保護の構成については、Citrix Virtual Apps and Desktopsドキュメントの「アプリ保護」を参照してください。この構成は、次のいずれかの方法でアプリ保護コンポーネントを含めることで、Citrix Workspaceアプリに適用されます:

  • グラフィカルユーザーインターフェイス
  • コマンドラインインターフェイス

Citrix Workspaceアプリのインストール時またはオンデマンドインストール時に、アプリ保護コンポーネントを含めることができます。

注:

  • この機能は、Windows 10、Windows 8.1、およびWindows 7などのMicrosoft Windowsデスクトップオペレーティングシステムでのみサポートされます。
  • この機能は、リモートデスクトッププロトコル(RDP)ではサポートされません。

Citrix Workspaceアプリでのアプリ保護の構成について詳しくは、「アプリ保護」を参照してください。

アプリ保護の機能強化

以前は、保護されたウィンドウのスクリーンショットを撮影しようとすると、バックグラウンドの保護されていないアプリを含む画面全体が黒く表示されていました。

Snipping Toolを使ってスクリーンショットを撮ると、保護されたウィンドウだけが黒く表示される、または非表示になります。保護されたウィンドウの外側の領域のスクリーンショットを撮ることができます(Aeroモードが無効で画面全体が黒く塗りつぶされる場合を除く)。

ただし、PrtScrキーを使用してスクリーンショットをキャプチャしている場合は、Citrix Workspaceアプリを終了する必要があります。

さらに、このリリースでは、アプリ保護機能を向上させるために問題に対応しています。

インストーラーの強化

以前のリリースでは、ユーザーがインストールしたアプリのインスタンスを含むシステムに管理者がCitrix Workspaceアプリをインストールしようとすると、インストールがブロックされていました。

このリリースでは、Citrix Workspaceアプリのユーザーがインストールしたインスタンスを管理者が上書きし、インストールを正常に続行できるようになりました。

Citrix Workspace更新プログラム の強化

以前のリリースでは、管理者がCitrix Workspaceアプリをインストールした場合、管理者以外のユーザーはそのアプリを更新できませんでした。

このリリースでは、管理者以外のユーザーが、管理者がインストールしたインスタンスのCitrix Workspaceアプリを更新できます。この処理を行うには、システムトレイ内のCitrix Workspaceアプリアイコンを右クリックし、[更新の確認] を選択します。

注:

Citrix Workspaceアプリのユーザーがインストールしたインスタンスと管理者がインストールしたインスタンスの両方で、[更新の確認] オプションが使用できるようになりました。

送信プロキシのサポート

スマートコントロールを使用すると、管理者は詳細なポリシーを定義して、Citrix Gatewayを使用して仮想アプリと仮想デスクトップのユーザー環境属性を構成および適用できます。たとえば、ユーザーがドライブをリモートデスクトップにマップできないようにしたい場合があります。Citrix Gatewayのスマートコントロール機能を使用してこれを実現できます。

ただし、Citrix WorkspaceアプリとCitrix Gatewayが別々のエンタープライズアカウントに属している場合には、シナリオは変わります。このようなシナリオでは、クライアントドメインにGatewayが存在しないため、クライアントドメインはスマートコントロール機能を適用できません。代わりに、送信ICAプロキシを利用できます。送信ICAプロキシを使用すると、Citrix WorkspaceアプリとCitrix Gatewayが異なる組織に展開されている場合でも、スマートコントロール機能を使用できます。

Citrix Workspaceアプリは、Citrix ADC LANプロキシを使用したセッションの起動をサポートします。単一の静的プロキシを設定することも、送信プロキシプラグインを使用して実行時にプロキシサーバーを選択することもできます。

送信プロキシは、次の方法を使用して構成できます:

  • 静的プロキシ:プロキシのホスト名とポート番号を指定してプロキシサーバーを構成します。
  • 動的プロキシ:プロキシプラグインDLLを使用して、1つ以上のプロキシサーバーから1つのプロキシサーバーを選択できます。

グループポリシーオブジェクト管理用テンプレートとレジストリエディターを使用して、送信プロキシを構成できます。

送信プロキシについて詳しくは、Citrix Gatewayのドキュメントの「送信ICAプロキシのサポート」を参照してください。

Citrix Workspaceアプリでの送信プロキシの構成について詳しくは、「送信プロキシ」を参照してください。

Citrix組み込みブラウザーバイナリ

このリリースでは、Citrix組み込みブラウザーはインストールされなくなりました。バージョン1912にアップグレードすると、Citrix組み込みブラウザーは削除されます。

Citrix組み込みブラウザーがない場合、次の機能が変わります:

  • ブラウザーコンテンツのリダイレクトは機能しません。
  • SaaSアプリとWebアプリは、Citrix組み込みブラウザーを使用して起動されません。代わりに、Citrix Secure Browserサービスで起動されます。

Microsoft Teamsとのデスクトップ共有の強化

Microsoft Teamsを使用してワークスペースを共有する場合、Citrix Workspaceアプリは、現在共有されているモニターの領域を囲む赤い枠線を表示します。Desktop Viewerウィンドウのみを共有することも、その上に重ねられたローカルウィンドウを共有することもできます。Desktop Viewerウィンドウを最小化すると、画面共有が一時停止します。

Microsoft Teamsでのエンドポイントエンコーダーのパフォーマンス見積もりツール

HdxTeams.exeプロセス(Microsoft Teamsのリダイレクトを処理するCitrix Workspaceアプリに組み込まれたWebRTCメディアエンジン)を開始すると、エンドポイントのCPUが過負荷状態になることなく維持できる最適なエンコーディングの解像度を見積もります。使用できる値は、240p、360p、720p、1080pです。

HdxTeams.exeが初期化されると、パフォーマンスの見積プロセス(webrtcapi.EndpointPerformanceとも呼ばれます)が実行されます。マクロブロックコードは、特定のエンドポイントで達成できる最適な解像度を決定します。 ピア間、またはピアと会議サーバー間のコーデックネゴシエーション中に、可能な限り高い解像度が使用されます。

エンドポイントエンコーダーの構成については、「Microsoft Teamsでのエンドポイントエンコーダーパフォーマンス見積もりツール」を参照してください。

詳しくは、Citrix Virtual Apps and Desktopsドキュメントの「Microsoft Teamsの最適化」を参照してください。

Citrix Analytics Serviceの機能強化

このリリースのCitrix Workspaceアプリには、最新のネットワークホップのパブリックIPアドレスをCitrix Analytics Serviceにセキュアに送信するための機能があります。このデータは、セッションの起動ごとに収集されます。Citrix Analytics Serviceは、パフォーマンスの低下に関する問題が特定の地域に関連しているかどうかを分析するのに役立ちます。デフォルトでは、IPアドレスログはCitrix Analytics Serviceに送信されます。ただし、レジストリエディターを使用してCitrix Workspaceアプリでこのオプションを無効にすることができます。

IPアドレスログの送信を無効にするには、次のレジストリパスに移動し、SendPublicIPAddressキーをOffに設定します。

  • 64ビットWindowsマシンの場合、次のパスです:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\Dazzle
  • 32ビットWindowsマシンの場合、次のパスです:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE \Citrix\Dazzle

注:

  • Citrix Workspaceアプリは起動に使用されるすべてのIPアドレスを送信しますが、IPアドレスの送信はベストエフォートで行われます。一部のアドレスは正確ではない可能性があります。
  • エンドポイントがイントラネット内で動作している閉じられた顧客環境では、URLhttps://locus.analytics.cloud.com/api/locateipがエンドポイントのホワイトリストに登録されていることを確認してください。

パフォーマンス分析がこの情報を使用する方法については、「パフォーマンスでのセルフサービス」を参照してください。

このリリースについて

この記事の概要