パフォーマンスのセルフサービス検索

セルフサービス検索を使用すると、Citrix Analytics for Performanceで収集されたユーザーおよびセッションのパフォーマンスに関連するユーザーイベントに関する洞察を得ることができます。セッション応答性、ログオン時間、セッション起動試行、セッション失敗回数などのパフォーマンスメトリックは、セルフサービス検索ページでユーザーまたはセッション別にソートされて表示されます。

セルフサービスのページには、メインの [ 検索 ] メニューからアクセスできます。このページは、ユーザーエクスペリエンスダッシュボードとドリルダウンページで分類番号をクリックすると表示されます。この場合、表示されるユーザーまたはセッションのセットは、選択基準に基づいています。

検索機能について詳しくは、「セルフサービス検索」を参照してください。

パフォーマンス関連イベントの選択

パフォーマンス関連のイベントを表示するには、リストから [パフォーマンス] の下の [ **ユーザー ] または [ セッション ] を選択し、期間を選択して [ 検索 ] をクリックします。**

パフォーマンスの選択

セルフサービス検索ページで、ファセットと検索ボックスを使用してイベントをフィルタリングします。

パフォーマンスセルフサービスの概要ページ

イベントをフィルタするファセットを選択

Citrix Analytics for Performanceに関連付けられている次のファセットを使用します。

パフォーマンスファセット

ユーザーエクスペリエンス

「優秀」、「フェア」、「貧弱」のユーザーエクスペリエンスに基づいてイベントを検索します。セッション応答性またはセッションログオン時間係数の測定値が選択した期間に使用できない場合、ユーザーエクスペリエンススコアは「未分類」になります。この場合、セルフサービス検索結果では、ユーザーエクスペリエンススコアとセッションエクスペリエンススコアが「N/A」と表示されます。

スコアは利用できません

ユーザーエクスペリエンスに影響を与える要因

セッションログオン時間、セッションの応答性、セッションの可用性、セッションの回復性など、ユーザーエクスペリエンスに影響を与える個々の要因に基づいてイベントを検索します。

サイト名

サイト名に基づいてイベントをフィルタリングします。先月のサイトAに属するユーザーのイベントを表示したい場合。期間を選択し、ファセットの [サイト名] で [A] を選択します。検索ページには、対応するユーザーとそのメトリックが表示されます。

CVAD ファセットの選択

場所

エンドポイントの国または市の場所に基づいてユーザーのイベントを検索できるようになりました。これにより、レイテンシーに関連する問題を特定の場所に分離できます。ロケーション情報は、 Windowsバージョン1912以降のCitrix Workspace アプリを実行しているエンドポイントに表示されます。

位置情報は、エンドポイントマシンからCitrix Analytics サービスに安全に送信されるパブリックIPアドレスから抽出されます。組織でオンプレミスのStoreFront 展開を使用している場合は、Citrix WorkspaceアプリがCitrix Citrix Analytics にイベントを送信できるようにStoreFrontサーバーを構成できます。の説明に従って、手順に従います StoreFrontを使用したVirtual Apps and Desktopsサイトへのオンボード

エンドポイントマシン上のCitrix Workspace アプリからのIPアドレスの送信を無効にするには、 SendPublicIPAddress レジストリエントリをに設定します false。詳しくは、Windows向けCitrix Workspaceアプリのドキュメントの「Citrix Analytics Serviceの機能強化」を参照してください。

注:

エンドポイントがイントラネット内で動作している閉鎖的な顧客環境の場合は、Citrix Analytics ServiceからURL https://locus.analytics.cloud.com/api/locateip にアクセスできることを確認してください。

エンドポイントのロケーションには、 Not Available または N/A 、次の理由があります。

  • エンドポイントマシンが Windows バージョン 1912 以降以外の OS 上にある。
  • セッションを起動できませんでした。
  • URL で通信タイムアウトが発生しました https://locus.analytics.cloud.com/api/locateip
  • エンドポイントマシンの SendPublicIPAddress レジストリエントリは、IP アドレスの転送を無効にするように設定されています。
  • オンプレミスのサイト展開環境のStoreFront サーバーがCitrix Analytics サービスで構成されていません。

セッション

Session Endpoint OSとEndpoint Versionに基づいてセッションパフォーマンスイベントをフィルタリングして、パフォーマンスの問題がこれらのフィールドのいずれかが関連しているかどうかを分析します。

イベントをフィルタリングする検索クエリを指定する

検索ボックスにカーソルを置くと、Citrix Analytics for Performanceに関連する検索候補のリストが表示されます。検索候補を使用して、クエリを指定し、イベントをフィルタリングします。

CVADディメンション

検索クエリで演算子を使用して、検索の焦点を絞り込むこともできます。有効な演算子について詳しくは、「検索ボックスで検索クエリを使用してイベントをフィルタリングする」を参照してください。

たとえば、過去 1 週間に失敗カウントが 5 を超えるユーザーのイベントを検索するとします。次のクエリを指定します。

  1. 検索バーをクリックして、[ 失敗回数] フィールドを選択します。

  2. [ 失敗回数] をクリックし、> 記号を選択して、値”5”を指定します。

    CVAD 検索クエリ 2

  3. [期間] ドロップダウンリストをクリックし、[ 過去 1 週間] を選択します。

    CVAD検索クエリ 3

  4. 検索クエリに基づいてイベントを表示するには、[ 検索 ] をクリックします。