ユーザーの役割と権限

次の情報は、ユーザーロールとユーザー権限の両方について説明しています。

ユーザーロール

Userの役割 説明
アカウント所有者 アカウントオーナーには、最高レベルの権限を持つ従業員ユーザータイプがあります。これにより、アカウント全体の設定を承認し、他の従業員管理者に権限を委任することができます。アカウントごとにアカウントオーナーの役割は 1 つだけです。
管理者 ShareFile管理者は、アカウントの詳細な管理権限を持つ従業員ユーザータイプを持っています。管理者権限によっては、アカウント所有者に代わってアカウントの変更を承認できます。
スーパーユーザ スーパーユーザーグループの指定ユーザーは、ShareFileアカウント内のすべての新しい既存フォルダーに完全に制御(ダウンロード、アップロード、削除、共有)して自動的にアクセスでき、すべてのアカウントデータを管理できます。

ユーザー権限

権限タイプ 権限の名前と説明
一般 企業アカウント権限へのアクセス -ユーザーがアカウント全体の権限にアクセスして変更できるようにします。
ファイルおよびフォルダー ユーザーは、フォルダーの割り当てや権限の設定など、ファイルやフォルダーを管理できます。詳細については、「 フォルダー」を参照してください。
RightSignature これにより、署名用の送信や電子署名文書の閲覧などの電子署名機能が可能になります。詳しくは、「 電子署名」を参照してください。
ワークフロー 他のユーザーのカスタムワークフローへのアクセス -他のユーザーが作成したカスタムワークフローを管理できます。
ユーザー ユーザーは従業員のユーザーとクライアントを管理できます。詳しくは、「 ユーザー設定」を参照してください。
企業アカウント情報 ユーザーは、ブランディング、アクセスレポート、その他のアカウントタスクなどのアカウント設定を構成できます。詳細については、「 企業アカウント情報」を参照してください。
請求 これにより、ユーザーは領収書と請求情報を確認できます。詳細については、「 請求」を参照してください。
コネクタ コネクタを使用すると、従業員は接続されたオンプレミスまたはクラウドベースのリソースに保存されているファイルとフォルダにアクセスできます。詳細については、「 コネクタ」を参照してください。
ストレージゾーン ストレージゾーンコントローラーは、ShareFile アカウントにプライベートデータストレージを提供することにより、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) クラウドストレージを拡張します。詳細については、「 ストレージゾーン」を参照してください。
詳細設定 これにより、ユーザーは電子メール、SMTPサーバーなどの設定を変更できます。詳細については、「 詳細設定」を参照してください。
ユーザーの役割と権限