デジタル署名を有効および無効にする

Session Recordingコンポーネントがインストールされているコンピューターに証明書をインストールする場合は、デジタル署名をSession Recordingに割り当てることにより、Session Recording環境のセキュリティを強化できます。

デフォルトで、デジタル署名は無効になっています。録画に署名する証明書を選択すると、Session RecordingからSession Recordingストレージマネージャーサービスに読み取り権限が付与されます。

デジタル署名の有効化

  1. Session Recording Serverをホストするコンピューターにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[Session Recording Serverのプロパティ] を選択します。
  3. [Session Recording Serverのプロパティ] で、[署名] タブをクリックします。
  4. Session Recordingコンポーネントがインストールされているコンピューターの間で保護された通信を有効にする証明書を参照します。

デジタル署名の無効化

  1. Session Recording Serverをホストするコンピューターにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[Session Recording Serverのプロパティ] を選択します。
  3. [Session Recording Serverのプロパティ] で、[署名] タブをクリックします。
  4. [消去] をクリックします。

デジタル署名を有効および無効にする