新機能

Citrixの目標は、Citrix Analyticsのお客様に新機能や製品アップデートを提供することです。新しいリリースでは、より便利な機能をご利用いただけます。今すぐ更新してください。

このプロセスは、お客様向けのわかりやすいものになっています。最初の更新は、Citrix内部サイトのみに適用され、その後徐々にお客様の環境に適用されます。アップデートを段階的に配信することで、製品の品質を確保し、可用性を最大限に高めることができます。

Citrix Analyticsには、次の製品または製品があります。新機能と製品アップデートについては、各製品に固有の新機能記事を参照してください。

このリリースノートでは、Citrix Analytics プラットフォーム固有の新機能と製品アップデートについて説明します。

2022年4月5日

「Secure Workspace Access」が「セキュアプライベートアクセス」に改名

Analytics ダッシュボードとレポートで、すべての Secure Workspace Access ラベルが、 ブランド変更された製品名に合わせてセキュアプライベートアクセスとして更新されるようになりました

たとえば、[ データソース ] ページと [ セルフサービス検索] ページでは、[Secure Workspace Access] ラベルの名前が [ セキュアプライベートアクセス] に変更されます。

2022年3月21日

修正された問題

  • [ 検索 ] ページで、検索クエリの前の条件にスペースで区切られたディメンション値が含まれている場合、ディメンションと演算子の自動候補は機能しません。

    たとえば、次のクエリでは、都市をとして選択すると、自動候補が機能しなくなります San Jose。この問題は修正されました。[CAS-64126]

    自動サジェストが失敗する

2022年2月10日

新機能

セルフサービス検索ボックスのディメンションの自動推奨値

セルフサービス検索ページで、検索ボックスでディメンションと有効な演算子を選択すると、ディメンションの値が自動的に表示されます。自動推奨リストから値を選択するか、ユースケースに応じて手動で値を入力します。値を入力すると、レコード内の一致する値が自動的に候補として表示されます。

ディメンションに推奨される値のリストは、データベースで事前定義されている (既知の値) か、履歴イベントに基づいています。

たとえば、 Browser ディメンションと代入演算子を選択すると、既知の値が自動的に推奨されます。要件に応じて値を選択できます。

詳細については、「 セルフサービス検索」を参照してください。

自動提案

2021年12月20日

新機能

アクセス制御の名前が「Secure Workspace Access」に変更されました

Analytics ダッシュボードとレポートでは、 すべてのアクセス制御ラベルがSecure Workspace Access として更新され、ブランド変更された製品名に合わせられるようになりました。

たとえば、[ データソース ] ページと [ セルフサービス検索 ] ページでは、[ アクセス制御 ] ラベルの名前が [ Secure Workspace Access]に変更されます。

2021年12月6日

新機能

Citrix Analytics がアジア太平洋南部リージョンでサポートされるようになりました

  • 組織をCitrix CloudにオンボーディングしてCitrix Analytics サービスを使用する際に、アジア太平洋南部をホームリージョンとして選択できるようになりました。詳細については、 地理的考慮事項を参照してください

  • Citrix Analytics では、組織のユーザーイベントとメタデータをホームリージョンとして選択すると、アジア太平洋南部リージョンに保存されるようになりました。詳しくは、「データガバナンス」を参照してください。

  • アジア太平洋南部リージョンのネットワーク要件については、「 テクニカルセキュリティの概要」を参照してください。

  • アジア太平洋南部リージョンでサポートされているデータソースについては、「 データソース」を参照してください。

2021年8月19日

新機能

IS EMPTY 演算子のサポート

セルフサービス検索では、条件でIS EMPTY演算子を使用して、NULLまたは空のディメンションをチェックできるようになりました。

注:

この演算子は、App-Name、Browser、Country などの文字列タイプのディメンションでのみ機能します。

詳細については、「 セルフサービス検索」を参照してください。

2021年7月14日

新機能

IS NOT EMPTY 演算子のサポート

セルフサービス検索では、クエリでIS NOT EMPTY演算子を使用して、ディメンションが空ではない(空白ではない)ことをチェックできるようになりました。

注:

この演算子は、App-Name、Browser、Country などの文字列タイプのディメンションでのみ機能します。

詳細については、「 セルフサービス検索」を参照してください。

2021年6月07日

非推奨の機能

Citrix Analytics デモ環境を削除しました

セキュリティ分析とパフォーマンス分析の [ デモを試す ] リンクが、[アナリティクス] の概要ページから削除されました。各製品のデモ環境にアクセスできなくなりました。Citrix Analytics製品にアクセスする方法について詳しくは、「はじめに」を参照してください。

2021年5月18日

新機能

! * 演算子と!=演算子をサポート

検索クエリで、* 演算子と演算子を使用してユーザーイベントを検索できるようになりました。 != 例:

  • 名前が「John」で始まらないすべてのユーザーイベントを検索するには、User-Name!= ジョン*

  • 「Smith」という名前で終わらないすべてのユーザーイベントを検索するには、「User-Name!」というクエリを使用します。= *スミス

検索結果では大文字と小文字が区別されます。

詳細については、「 セルフサービス検索」を参照してください。

セルフサービス検索ページでの検索バーエクスペリエンスの強化

  • 検索バーが複数行にわたる場合、クエリをよりよく表示できるようになりました。スクロールバーを使用して、複数行のクエリをスクロールします。以前は、複数行のクエリを表示することは困難でした。

    複数行クエリ

  • Safari ブラウザで検出されたカーソルジャンプの問題が修正されました。

詳細については、「 セルフサービス検索」を参照してください。

セルフサービス検索でのチップビューの再設計

  • 再設計されたチップは、選択した複数のファセットをよりよく見ることができます。

    再設計されたチップ

  • チップをクリックして、要件に基づいてファセットを選択または選択解除します。

修正された問題

  • Citrix Directorでは、[ アナリティクスに移動 ] リンクが機能していません。この問題は、Citrix Cloudの欧州連合リージョンで組織にオンボーディングしたユーザーに発生しています。[CAS-50224]

2021年3月31日

アプリとデスクトップの検索クエリに対する IN および NOT IN 演算子のサポート

[アプリとデスクトップ] ディメンション ( Device IDDomainEvent-TypeUser-Name、および) では、次の演算子を使用できるようになりました。

  • IN: ディメンションに複数の値を割り当てて、1 つ以上の値に関連するイベントを取得します。

  • NOT IN: ディメンションに複数の値を割り当て、指定した値を含まないイベントを検索します。

これらの演算子は、文字列値にのみ適用されます。

演算子について詳しくは、「セルフサービス検索」を参照してください 。

2021年3月18日

新機能

NOT LIKE (!~) 演算子のサポート

セルフサービス検索クエリでは、NOT LIKE (!~) 演算子。オペレータは、指定したマッチングパターンのユーザイベントをチェックします。これは、イベント文字列内の指定されたパターンを含まないイベントを返します。

たとえば、クエリUser-Name !~ “John”では、John、John Smith、または一致する名前「John」 を含むユーザー以外のユーザーのイベントが表示されます。

詳細については、「 セルフサービス検索」を参照してください。

2021年2月23日

新機能

検索クエリのメール配信をスケジュールする

セルフサービス検索ページでは、検索クエリの保存中に、保存した検索クエリのコピーとそれに対応するビジュアルサマリーレポートを自分や他のユーザーに送信する電子メール配信をスケジュールすることもできます。電子メールの送信を開始する日付、時刻、頻度(毎日、毎週、または毎月)を設定します。以前に保存した検索クエリの電子メール配信をスケジュールすることもできます。

詳細については、「 セルフサービス検索」を参照してください。

メールをスケジュールする

検索クエリのビジュアルサマリーをダウンロードする

セルフサービスページで、選択した期間の検索クエリのビジュアルサマリーレポートをダウンロードし、コピーを他のユーザーと共有できるようになりました。ビジュアルサマリーをエクスポートをクリックして 、ビジュアルサマリーレポートを PDF としてダウンロードします。

レポートには、次の情報が含まれています。

  • イベントに対して指定した検索クエリ。

  • イベントに適用したファセット (フィルタ)。

  • タイムラインチャート、棒グラフ、検索イベントのグラフなどの視覚的なサマリー。

詳細については、「 セルフサービス検索」を参照してください。

ビジュアルサマリーを書き出す

2020年11月12日

新機能

セルフサービスクエリの保存

セルフサービスクエリを作成したら、後で使用するために保存できます。次のオプションは、クエリーとともに保存されます。

  • 適用された検索フィルタ
  • 選択したデータソースと期間

セルフサービス検索の保存

詳しくは、「セルフサービス検索を保存する方法」を参照してください。

2020年10月20日

新機能

欧州連合リージョンでのCitrix Gateway のサポート

Citrix Analytics は、EUリージョンでCitrix Gatewayをサポートするようになりました。詳しくは、「Citrix Gatewayデータソース」を参照してください。

2020年7月09日

非推奨のサポート

Microsoft Internet Explorer 11は、サポートされているブラウザーの一覧から削除されました。これは、ブラウザーで発生するセキュリティの脆弱性が原因です。サポートされているブラウザーの一覧については、「システム要件」を参照してください。

2020年6月02日

新機能

Analyticsの概要ページとトップバーのデザインを一新しました

Analyticsの概要ページには、以前の オペレーション タイルに代わって 使用状況 タイルが表示されます。また、このページから 生産性 タイルが削除されます。概要ページを表示するには、[ヘルプ]>[概要] を選択します。

デザインを一新した概要ページ

同様に、トップバーの[オペレーション] タブは [使用状況] タブに置き換わります。詳しくは、「Citrix Analytics - Usageの新機能」を参照してください。

[使用状況]タブ

2020年2月20日

新機能

Citrix Analyticsサブスクリプションオファリング

ユーザーに柔軟な購入オプションを提供するシトリックスは、サブスクリプションベースの3つの個別Citrix Analytics製品をご用意しました。Citrix Analyticsは、サブスクライブするオファリングに応じて、独自のセキュリティまたはパフォーマンス(またはその両方)のインサイトを提供します。

次のCitrix Analyticsサブスクリプションサービスを購入できます:

データガバナンスログの更新

次のデータソースの新しいログを追加しました:

  • Citrix IDプロバイダー
  • Citrix Gateway
  • Secure Browser
  • Microsoft Graph Security
  • Microsoft Active Directory

詳しくは、「データガバナンス」を参照してください。

解決された問題

  • Internet Explorer 11では、セルフサービス検索が正確に機能しません。したがって、検索クエリを入力して検索操作を実行することはできません。[CAS-18657]

2020年1月09日

解決された問題

  • Citrix Analyticsのチュートリアル機能は、欧州連合のホームリージョンのユーザーに対しては機能しません。[CAS-26297]

2019年12月18日

解決された問題

Citrix CloudページのAnalyticsタイルが、[サービスの表示] ボタンを表示していました。このボタンは、ユーザーエクスペリエンスの向上を目的として、[管理] に変更されました。[CAS-27922]

2019年12月12日

新機能

南アジア太平洋リージョンにおけるマイクロアプリサービスイベントのサポート

Citrix Analyticsプラットフォームは、南アジア太平洋リージョンのマイクロアプリサービスからの通知を処理するようになりました。ただし、パフォーマンス、 安定性、使用状況、セキュリティ、およびサポートを測定するレコードは、米国で集計および保存されます。詳しくは、「データガバナンス」を参照してください。

マイクロアプリサービスは、Citrix Workspaceの一部として提供されています。詳しくは、「マイクロアプリ」ドキュメントを参照してください。

2019年12月04日

解決された問題

南アジア太平洋リージョンの一部のユーザーは、ホームリージョンとして米国を選択してCitrix Cloudにオンボーディングしていますが、Citrix Analyticsにはサインインできません。[CAS-27368]

2019年11月22日

新機能

Analyticsの概要ページのデザインを一新しました

Analyticsの概要ページのデザインが刷新され、このページからすべてのAnalyticsオファリングにアクセスできるようになります。トライアルのリクエスト、デモの試行、またはAnalyticsオファリングの管理を行うことができます。現在、セキュリティ分析と運用分析のみが一般に利用可能であり、したがってこのページでアクティブになっています。

概要ページを表示するには、[ヘルプ]>[概要] を選択します。

Analyticsの[概要]ページ

2019年10月21日

新機能

セキュリティの技術概要

セキュリティの技術概要では、Citrix Analyticsに関連するセキュリティのベストプラクティスの理解を助けます。このドキュメントでは、Citrix Analyticsを使用するときに考慮する必要があるデータフロー、データ保護、ネットワーク要件、およびセキュリティの責任について説明します。

2019年9月11日

解決された問題

  • Citrix Cloudは、ユーザーをリージョン固有のCitrix Analyticsページにリダイレクトできません。[CAS-20559]

2019年8月20日

解決された問題

  • Citrix Analyticsのチュートリアル機能は、Microsoft EdgeおよびSafariブラウザーで正確に読み込まれません。[CAS-20906]

2019年7月31日

新機能

欧州連合のリージョンのサポート

Citrix Analyticsは欧州連合リージョンをサポートするようになりました。組織をCitrix Cloudにオンボーディングし、Citrix Analyticsサービスを使用するときに、欧州連合をホームリージョンとして選択できます。Citrix Analyticsは、組織のユーザーイベントとメタデータを欧州連合リージョンに保存します。Citrix Cloudリージョンについて詳しくは、「地理的な考慮事項」を参照してください。

2019年6月26日

解決された問題

  • Citrix Analyticsが、Internet Explorer 11で正確に読み込まれません。[CAS-19867]

2019年6月19日

解決された問題

  • Citrix Analyticsが、Microsoft Edgeで正確に読み込まれません。[CAS-19930]

2018年11月16日

解決された問題

  • Internet Explorerバージョン11.0を使用してCitrix Analytics にアクセスしている場合、 Citrix Cloud のナビゲーションバーが読み込まれず、ハンバーガーメニューにアクセスできなくなります。

2018年10月10日

アーキテクチャとプラットフォームの強化

このリリースでは、パフォーマンス、スケール、監視、サポート性、セキュリティ、およびユーザーエクスペリエンスを強化するために、アーキテクチャとプラットフォームに複数の強化が行われました。

2018年8月23日

Citrix Analyticsは、Citrix Cloudを通じて提供されるCloudサービスです。Citrix ポートフォリオ製品全体のデータを収集し、実用的な洞察を提供し、管理者がセキュリティの脅威をプロアクティブに処理し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させ、継続的な運用をサポートできるようにします。現在、Citrix Analytics は次の分析機能を提供しています。

  • セキュリティ分析:ユーザーとエンティティの動作を照合して可視化します。詳細については、「 セキュリティ分析」を参照してください。

  • Operations Analytics: 訪問した Web サイトや使用した帯域幅など、ユーザーのアクティビティに関する情報を照合して表示します。詳細については、「 オペレーション分析」を参照してください。

新しい製品名

Citrix Analytics でサポートされているCitrix 製品は、シトリックスの統合製品ポートフォリオの一部として名前が変更されました。

製品および製品ドキュメントに新しい名前が表示される場合があります。このブランド変更は、Citrix ポートフォリオとクラウド戦略の拡大の結果です。Citrix統合ポートフォリオについて詳しくは、「 Citrix 製品ガイド」を参照してください。 現在、製品と製品ドキュメントで移行作業が行われています。

  • 製品内のコンテンツおよびドキュメントには、以前の名前が含まれている場合があります。たとえば、コンソールのテキスト、メッセージ、ディレクトリ名またはファイル名、スクリーンショット、図に以前の名前が含まれている場合があります。

  • 一部の項目 (コマンドなど) は、既存のカスタマースクリプトを壊さないように、以前の名前を保持し続ける可能性があります。

  • 関連する製品ドキュメントや、この製品のドキュメントからリンクされているその他のリソース(ビデオやブログの投稿など)には、以前の名前が含まれている場合があります。