既知の問題と解決された問題

Citrixでは、業務用モバイルアプリの直近2つのバージョンからのアップグレードをサポートしています。

Secure Hub 22.5.0

このリリースでは既知の問題および解決された問題はありません。

Secure Hub 22.4.0

このリリースでは既知の問題および解決された問題はありません。

Secure Hub 22.2.0

Secure Hub 22.2.0での既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

Secure Hub 22.2.0で解決された問題

Secure Hub for iOS

  • Secure Hub for iOSでは、Apple Deployment Programを通じて登録されたデバイスでPINを使用して登録するように求められます。[CXM-99240]

  • デバイスがアイドル状態になった後でSecure Mailにサインインすると、Secure Hub for iOSが開き、次のエラーメッセージが表示されます。

「Secure Hubでこのアプリを認証する必要があります。」

認証をクリックして資格情報を入力すると、認証がループします。再起動しても、再認証やサインインをすることができません。[CXM-99511]

  • エラーを報告すると、iOS 15.1を実行しているデバイスでSecure Hub for iOSが応答しなくなります。[CXM-102536]

  • Secure Hub for iOSで、新しい通知がないにもかかわらず、バッジ数が1または2として表示されます。[CXM-102705]

  • Secure Hub for iOSでは、一部のデバイスで登録が失敗する場合があります。[CXM-103044]

  • Citrix Gatewayセッションのタイムアウトポリシー値を30日に設定すると、Secure Hub for iOSは、24〜72時間ごとに再認証するようにユーザーに促します。[CXM-103061]

Secure Hub for Android

  • Samsung DeXモードでは、PINを入力するとSecure Hubが応答しなくなります。[CXM 103198]

  • 完全管理モードでSamsung S20デバイスをAndroid Enterpriseに登録すると、次のエラーが表示されます: 「無効なサーバー証明書」 [CXM-104396]

  • Android 10または11を実行しているデバイスの登録が失敗し、次のエラーメッセージが表示されます: 「セキュリティポリシーにより接続できません」。[CXM-104792]

  • Secure Hub for Androidに登録した場合、画面を縦向きから横向きに切り替えると、資格情報がランダムな数字に置き換えられます。[CXM-104793]

既知の問題と解決された問題