画像

デスクトップまたはアプリケーションを配信するためのカタログを作成すると、イメージが(他の設定とともに)マシンを作成するためのテンプレートとして使用されます。

Citrix提供イメージ

Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azureには、いくつかのCitrix が用意したイメージが用意されています。

  • Windows 10 Enterprise(単一セッション)
  • Windows 10 Enterprise Virtual Desktop(マルチセッション)
  • Office 365 ProPlusを使用するWindows 10 Enterprise Virtual Desktop(マルチセッション)
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2022
  • Linux Ubuntu(シングルセッションおよびマルチセッション)

シトリックス提供イメージには、現在のCitrix Virtual Delivery Agent(VDA)とトラブルシューティングツールがインストールされています。VDAは、ユーザーのマシンとサービスを管理するCitrix Cloudインフラストラクチャとの間の通信メカニズムです。Citrix から提供された画像は、 シトリックスとして表記されます

Azure から独自のイメージをインポートして使用することもできます。

画像の使用方法

次の操作を実行できます:

  • カタログ作成時に、シトリックス提供イメージを使用する。この選択肢は、概念実証の展開を行う場合にのみ推奨されます。
  • シトリックス提供イメージを使用して、別のイメージを作成する。新しいイメージの作成後、ユーザーが必要とするアプリケーションやその他のソフトウェアを追加して、イメージをカスタマイズします。その後、カタログを作成するときに、そのカスタマイズされたイメージを使用できます。
  • Azureからイメージをインポートする。Azureからイメージをインポートした後、カタログを作成するときに、そのイメージを使用できます。または、そのイメージを使用して新しいイメージを作成し、アプリを追加してカスタマイズすることもできます。その後、カタログを作成するときに、そのカスタマイズされたイメージを使用できます。

カタログを作成すると、サービスは、イメージで有効なオペレーティングシステムが使用されていること、およびCitrix VDAとトラブルシューティングツールがインストールされていることを(他のチェックとともに)確認します。

画像情報の表示

  1. サービスの [ 管理 ] ダッシュボードから、右側の [ マスターイメージ ] を展開します。画面には、Citrix が提供するイメージ、および作成およびインポートしたイメージがリストされます。

    ダッシュボードの管理にイメージが表示される

  2. 画像をクリックすると、その詳細が表示されます。

    画像の詳細表示

    この詳細カードで、次のことができます:

    • イメージの名前を変更 (編集) します。
    • メモの追加と編集(シトリックス提供のイメージではなく、準備またはインポートした画像でのみ使用できます)。
    • イメージを削除します。

新しいイメージの準備

新しいイメージの準備には、イメージを作成してからそれをカスタマイズする作業が含まれます。イメージを作成すると、新しいVMが作成され、新しいイメージを読み込みます。

要件:

  • マシンに必要なパフォーマンス特性を把握すること。たとえば、CADアプリを実行するには、他のOfficeアプリとは異なるCPU、RAM、およびストレージが必要になる場合があります。
  • オンプレミスリソースへの接続を行う予定の場合は、イメージとカタログを作成する前にその接続を設定すること。詳細については、「 ネットワーク接続」を参照してください。

シトリックス提供のUbuntuイメージを使用して新しいイメージを作成すると、新しいイメージのルートパスワードが作成されます。このルートパスワードは変更できますが、変更できるのはイメージの作成およびカスタマイズを行うときのみです(イメージがカタログで使用された後に、ルートパスワードを変更することはできません)。

  • イメージが作成されると、指定した管理者アカウント(イメージ作成マシンのログインの詳細)がsudoersグループに追加されます。
  • 新しいイメージを含むマシンにRDP接続した後、端末アプリケーションを起動し、「sudo passwd root」と入力します。プロンプトが表示されたら、イメージの作成時に指定したパスワードを入力します。確認後、ルートユーザーの新しいパスワードを入力するように求められます。

イメージを作成するには:

  1. サービスの [ 管理 ] ダッシュボードから、右側の [ マスターイメージ ] を展開します。
  2. [イメージの作成] をクリックします。

    イメージフィールドを構築する

  3. 次のフィールドに値を入力します:

    • 名前: 新しいイメージの名前を入力します。
    • マスターイメージ: 既存のイメージを選択します。これは、新しいイメージを作成するために使用されるベースイメージです。
    • サブスクリプション: Azureサブスクリプションを選択します。詳細については、「 Azure サブスクリプション」を参照してください。
    • ネットワーク接続:

      • Citrix Managed Azureサブスクリプションを使用している場合は、[接続なし]または以前に作成した接続を選択します。
      • 独自の顧客管理のAzureサブスクリプションを使用している場合は、リソースグループ、仮想ネットワーク、およびサブネットを選択します。次に、ドメインの詳細:FQDN、OU、サービスアカウント名、および資格情報を追加します。
    • リージョン:[接続なし]の場合にのみ使用可能。)イメージを含むマシンを作成するリージョンを選択します。
    • イメージマシンのログオン資格情報: 後で、新しいイメージを含むマシンに接続(RDP)するときに、これらの資格情報を使用して、アプリやその他のソフトウェアをインストールできるようにします。
    • マシンパフォーマンス: これは、イメージを実行するマシンのCPU、RAM、およびストレージの情報です。アプリの要件を満たすマシンパフォーマンスを選択します。
    • 制限付き IP アクセス: 特定のアドレスへのアクセスを制限する場合は、[ IP アドレスの追加 ] を選択し、1 つ以上のアドレスを入力します。アドレスを追加したら、[ 完了 ] をクリックして [ ビルドイメージ ] カードに戻ります。
    • メモ: オプションで 1024 文字までのノートを追加します。イメージが作成されたら、イメージの詳細画面でメモを更新できます。
    • ローカルドメイン参加: ローカル Active Directory ドメインに参加するかどうかを指定します。
      • [ はい] を選択した場合は、Azure 情報 (FQDN、OU、サービスアカウント名、資格情報) を入力します。
      • [ いいえ] を選択した場合は、ホストマシンの資格情報を入力します。
  4. 完了したら、[ イメージの構築] をクリックします。

イメージの構築には最大 30 分かかることがあります。管理ダッシュボードで 、右側の [ マスターイメージ ] を展開して、現在の状態 ([ ビルドイメージ ] や [ カスタマイズの準備完了] など) を確認します。

次にやるべきこと: 新しいイメージに接続してカスタマイズします

新しいイメージへの接続とカスタマイズ

新しいイメージが作成されると、その名前がイメージリストに追加され、ステータスが [ カスタマイズ可能 ] (または類似の文言) になります。そのイメージをカスタマイズするには、まず RDP ファイルをダウンロードします。そのファイルを使用してイメージに接続すると、アプリケーションやその他のソフトウェアをイメージに追加できます。

  1. サービスの [ 管理 ] ダッシュボードから、右側の [ マスターイメージ ] を展開します。接続する画像をクリックします。
  2. [ RDP ファイルのダウンロード] をクリックします。RDPクライアントがダウンロードされます。

    イメージマシンを作成した直後にRDPを実行しないと、イメージマシンの電源がオフになる場合があります。これにより、コストが節約されます。その場合は、[ 電源オン] をクリックします。

  3. ダウンロードした RDP クライアントをダブルクリックします。新しいイメージを含むマシンのアドレスに自動的に接続しようとします。プロンプトが表示されたら、イメージの作成時に指定した資格情報を入力します。
  4. マシンに接続したら、アプリを追加または削除し、更新プログラムをインストールして、その他のカスタマイズ作業を完了します。

    イメージをSysprepしないでください

  5. 新しいイメージのカスタマイズが完了したら、[ マスターイメージ ] ボックスに戻り、[ ビルドを終了] をクリックします。新しいイメージは自動的に検証テストを受けます。

後でカタログを作成すると、新しいイメージが選択可能なイメージのリストに含まれます。

管理ダッシュボードの右側に表示されるイメージは 、各イメージを使用しているカタログとマシンの数を示します。

注:

イメージを完成させた後は、編集できません。新しいイメージを作成し (前のイメージを開始点として使用して)、新しいイメージを更新する必要があります。

Azure からイメージをインポートする

Citrix VDAとユーザーが必要とするアプリケーションを備えたイメージをAzureからインポートすると、そのイメージを使用してカタログを作成したり、既存のカタログのイメージを置き換えたりすることができます。

インポートされたイメージの要件

注:

このサービスでは、Azure第2世代VMに関連付けられているディスクのインポートをサポートしていません。

インポートされたイメージに対して検証Citrix が実行されます。Citrix Virtual Apps and Desktops Standardにインポートするイメージを準備するときは、次の要件が満たされていることを確認してください。

  • サポートされている OS:イメージはサポートされている OSである必要があります。Windows OSのバージョンを確認するには、「Get-WmiObject Win32_OperatingSystem」を実行します。
  • サポートされる世代: 第1世代のVMのみがサポートされています。
  • 一般化しない イメージは一般化されてはいけません。
  • 構成されたDelivery Controllerがない: イメージでCitrix Delivery Controllerが構成されていないことを確認します。次のレジストリキーがないことを確認してください。
    • HKLM:\SOFTWARE\Citrix\VirtualDesktopAgent\ListOfDDCs
    • HKLM:\SOFTWARE\Policies\Citrix\VirtualDesktopAgent\ListOfDDCs
    • HKLM:\SOFTWARE\Citrix\VirtualDesktopAgent\FarmGUID
    • HKLM:\SOFTWARE\Policies\Citrix\VirtualDesktopAgent\FarmGUID
  • Personality.iniファイル: personality.iniファイルはシステムドライブに存在する必要があります。
  • 有効なVDA: イメージには7.11より新しいCitrix VDAがインストールされている必要があります。

  • Azure仮想マシンエージェント: イメージをインポートする前に、Azure仮想マシンエージェントがイメージにインストールされていることを確認してください。詳細については、Microsoft の記事「 Azure 仮想マシンエージェントの概要」を参照してください。

イメージをインポートする

  1. サービスの [ 管理 ] ダッシュボードから、右側の [ マスターイメージ ] を展開します。

    ダッシュボードの管理にイメージが表示される

  2. [イメージをインポート] をクリックします。

    イメージのインポート

  3. イメージのインポート方法を選択します。

    • 管理対象ディスクの場合は、エクスポート機能を使用してSAS URLを生成します。有効期限を7,200秒以上に設定してください。
    • ストレージアカウントのVHDの場合は、次のいずれかを選択します:
      • VHDファイルのSAS URLを生成する。
      • ブロックストレージコンテナのアクセスレベルをBLOBまたはコンテナに更新する。その後、ファイルのURLを取得する。
  4. [ストレージアカウントの参照] を選択した場合:

    1. [サブスクリプション]>[リソースグループ]>[ストレージアカウント]>[イメージ]の順に選択します。
    2. イメージに名前を付けます。
  5. [AzureパブリックURL] を選択した場合:

    1. VHDのAzure生成URLを入力します。ガイダンスについては、Microsoft ドキュメントへのリンクをクリックしてください。 Azure から Windows VHD をダウンロードします
    2. サブスクリプションを選択します(Linuxイメージは、顧客管理のサブスクリプションを選択した場合にのみインポートできます)。
    3. イメージに名前を付けます。
  6. 完了したら、[ イメージのインポート] をクリックします。

新しいイメージでカタログを更新

カタログの種類によって、カタログの更新時に更新されるマシンが決まります。

  • ランダムカタログの場合、現在カタログにあるすべてのマシンが最新のイメージで更新されます。そのカタログにさらにデスクトップを追加すると、それらのデスクトップは最新のイメージに基づきます。
  • 静的カタログの場合、現在カタログにあるマシンは最新のイメージで更新されません。現在カタログにあるマシンは、作成元のイメージを引き続き使用します。ただし、そのカタログにさらにマシンを追加すると、それらのマシンは最新のイメージに基づきます。

カタログのマシンが第2世代をサポートしている場合は、第1世代イメージのマシンを含むカタログを第2世代イメージで更新できます。同様に、カタログのマシンが第1世代をサポートしている場合は、第2世代マシンを含むカタログを第1世代イメージで更新できます。

カタログを新しいイメージで更新するには:

  1. サービスの [ 管理 ] ダッシュボードから、カタログのエントリの任意の場所をクリックします。
  2. [ 詳細 ] タブで、[ イメージの更新] をクリックします。

    カタログ内のイメージを更新する

  3. イメージを選択します。
  4. ランダムカタログまたはマルチセッションカタログの場合:ログオフ間隔を選択します。サービスが最初のイメージ処理を完了すると、利用者は、作業を保存してデスクトップからログオフするよう警告を受け取ります。ログオフ間隔は、ユーザがメッセージを受信してからセッションが自動的に終了するまでの時間を示します。
  5. [ イメージの更新] をクリックします。

イメージの削除

  1. サービスの [ 管理 ] ダッシュボードから、右側の [ マスターイメージ ] を展開します。
  2. 削除するイメージをクリックします。
  3. カードの下部にある [ イメージの削除 ] をクリックします。削除を確認します。

イメージにWindows VDAをインストールする

Citrix Virtual Apps and Desktops StandardにインポートするWindowsイメージを準備する場合は、次の手順に従います。Linux VDA のインストールガイダンスについては、 Linux VDA 製品ドキュメントを参照してください

  1. Azure環境で、イメージVMに接続します(まだ接続していない場合)。
  2. Citrix Cloudのナビゲーションバーの [ダウンロード] リンクから、VDAをダウンロードできます。または、ブラウザーを使用して、Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスのダウンロードページに移動します

    VDAをVMにダウンロードします。デスクトップ(シングルセッション)OS用と、サーバー(マルチセッション)OS用に、別々のVDAダウンロードパッケージがあります。

  3. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、VDAインストーラーを起動します。インストールウィザードが起動します。
  4. [ 環境 ] ページで、MCS を使用してイメージを作成するオプションを選択し、[ 次へ] をクリックします。
  5. [コアコンポーネント] ページで [次へ] をクリックします。
  6. [Delivery Controller] ページで、[Machine Creation Servicesで自動的に指定する] を選択して [次へ] をクリックします。
  7. [追加コンポーネント][機能][ファイアウォール] の各ページの設定については、シトリックスから別途指示がない限りデフォルトのままにします。各ページで [次へ] をクリックします。
  8. [概要] ページで [インストール] をクリックします。前提条件のインストールが始まります。再起動を求められたら、同意します。
  9. VDAのインストールは自動的に再開されます。前提条件のインストールが完了すると、コンポーネントと機能がインストールされます。[ Call Home ]ページで、デフォルト設定のままにしておきます(Citrix から指示がない限り)。接続したら、[ 次へ] をクリックします。
  10. [完了] をクリックします。マシンが自動的に再起動します。
  11. 正常に構成されたことを確認するため、VMにインストールしたアプリケーションを1つまたは複数起動します。
  12. 仮想マシンをシャットダウンします。Sysprepは使用しないでください。

VDAのインストールについて詳しくは、「 VDAのインストール」を参照してください。