Linux Virtual Delivery Agent 7.18

Linux Virtual Delivery Agent 7.18(PDFのダウンロード)

最新リリースではないため、この製品バージョンのドキュメントはPDF版となります。最近更新されたコンテンツについては、Linux Virtual Delivery Agentの最新リリースのドキュメントを参照してください。

注:

PDFから外部サイトへのリンクは正しいサイトに移動しますが、ドキュメント内を移動するリンクは無効になっています。

Linux Virtual Delivery Agent(VDA)によって、場所を問わず、Citrix Receiverがインストールされたどのデバイスからでも、Linux仮想デスクトップおよびアプリケーションにアクセスできるようになります。 RHEL、CentOS、SUSEまたはUbuntuディストリビューションをベースとしたLinux仮想デスクトップおよびアプリケーションを作成できます。Linux仮想マシンを準備して新しいソフトウェアをインストールし、Delivery Controllerを構成します。次に、Citrix Studioを使ってユーザーがデスクトップおよびアプリケーションを使用できるようにします。

Linux Virtual Delivery Agent 7.18