Linux Virtual Delivery Agent

Linux Virtual Delivery Agent 2206

重要:

最新リリース(CR)および長期サービスリリース(LTSR)の製品ライフサイクル戦略は、Lifecycle Milestonesで説明しています。

Linux Virtual Delivery Agent(VDA)によって、場所を問わず、Citrix Workspaceアプリがインストールされたどのデバイスからでも、Linux仮想アプリおよびデスクトップにアクセスできるようになります。

サポートされているディストリビューションをベースとした仮想アプリおよび仮想デスクトップを配信できます。Linux仮想マシンにVDAソフトウェアをインストールし、Delivery Controllerを構成します。次に、Citrix Studioを使ってユーザーがアプリおよびデスクトップを使用できるようにします。

2204は、Linux VDAの最新のCRバージョンです。

Linux Virtual Delivery Agent 2206

この記事の概要