アダプティブトランスポート

これまで実験的に導入されていたアダプティブトランスポート機能は、このリリースで本格的に導入されます。

アダプティブトランスポートは、XenAppとXenDesktopのデータ転送メカニズムです。高速で拡張性が高く、アプリケーションの対話機能が向上し、厳しい長距離のWANとインターネット接続でのインタラクティブ性を高めます。アダプティブトランスポートについて詳しくは、「アダプティブトランスポート」を参照してください。

アダプティブトランスポートを有効にする

Citrix Studioで、[HDXアダプティブトランスポート] ポリシーが [優先] または [診断モード] に設定されていることを確認します。XenAppおよびXenDesktop 7.16からは、デフォルトで [優先] が選択されています。

  • 優先:可能な場合、Enlightened Data Transport(EDT)でのアダプティブトランスポートが使用され、TCPにフォールバックします。
  • 診断 モード:EDTが強制的にオンになり、TCPへのフォールバックは無効になります。

ローカライズされた画像

アダプティブトランスポートを無効にする

アダプティブトランスポートを無効にするには、Citrix Studioで [HDXアダプティブトランスポート] ポリシーを [オフ] に設定します。

トラブルシューティング

アダプティブトランスポートが有効かどうかを確認する

UDPリスナーが実行されているかどうかを確認するには、次のコマンドを実行します。

netstat -an | grep "1494\|2598"

通常の状況では、出力は次のようになります。

udp        0      0 0.0.0.0:2598            0.0.0.0:*

udp       0      0 :::1494                 :::*