Linux Virtual Delivery Agent

アダプティブトランスポート

アダプティブトランスポートは、Citrix Virtual Apps and Desktopsのデータ転送メカニズムです。高速で拡張性が高く、アプリケーションの対話機能が向上し、厳しい長距離のWANとインターネット接続でのインタラクティブ性を高めます。アダプティブトランスポートについて詳しくは、「アダプティブトランスポート」を参照してください。

アダプティブトランスポートを有効にする

Citrix Studioで、[HDXアダプティブトランスポート] ポリシーが [優先] または [診断モード] に設定されていることを確認します。デフォルトでは、[優先] が選択されています。

  • 優先:可能な場合、Enlightened Data Transport(EDT)でのアダプティブトランスポートが使用され、TCPにフォールバックします。
  • 診断 モード:EDTが強制的にオンになり、TCPへのフォールバックは無効になります。

診断モードの画像

アダプティブトランスポートを無効にする

アダプティブトランスポートを無効にするには、Citrix Studioで [HDXアダプティブトランスポート] ポリシーを [オフ] に設定します。

アダプティブトランスポートが有効かどうかを確認する

UDPリスナーが実行されているかどうかを確認するには、次のコマンドを実行します。

netstat -an | grep "1494|2598"
<!--NeedCopy-->

通常の状況では、出力は次のようになります。

udp        0      0 0.0.0.0:2598            0.0.0.0:*

udp       0      0 :::1494                 :::*
<!--NeedCopy-->

EDT MTU検出

EDTは、セッションを確立するときに、最大伝送単位(MTU)を自動的に決定します。これにより、パフォーマンスの低下やセッションの確立失敗となる可能性のある、EDTパケットのフラグメンテーションが防止されます。

最小要件:

  • Linux VDA 2012
  • Windows向けCitrix Workspaceアプリ1911
  • Citrix ADC:
    • 13.0.52.24
    • 12.1.56.22
  • セッション画面の保持を有効にする必要があります

クライアントプラットフォームまたはこの機能をサポートしていないバージョンを使用している場合、環境に適したカスタムのEDT MTUを構成する方法について、Knowledge Centerの記事CTX231821を参照してください。

警告:

レジストリを誤って編集すると、深刻な問題が発生する可能性があり、オペレーティングシステムの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、シトリックスでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

VDAでEDT MTU検出を有効または無効にする

EDT MTU検出はデフォルトで無効になっています。

  • EDT MTU検出を有効にするには、次のコマンドを使用してMtuDiscoveryレジストリキーを設定し、VDAを再起動して、VDAが登録されるのを待ちます:

    /opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg create -k "HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\Wds\icawd" -t "REG_DWORD" -v "MtuDiscovery" -d "0x00000001" --force

  • EDT MTU検出を無効にする場合は、MtuDiscoveryレジストリ値を削除します。

この設定はマシン全体で有効であり、サポートされているクライアントから接続しているすべてのセッションに反映されます。

クライアントでEDT MTU検出を制御する

ICAファイルにMtuDiscoveryパラメーターを追加することで、クライアント上でEDT MTU検出を選択的に制御できます。この機能を無効にする場合は、Applicationセクションで次のように設定します:

MtuDiscovery=Off

この機能を再度有効にするには、ICAファイルからMtuDiscoveryパラメーターを削除します。

重要:

このICAファイルパラメーターを機能させるには、VDAでEDT MTU検出を有効にします。VDAでEDT MTU検出が有効になっていない場合、ICAファイルパラメーターは機能しません。

アダプティブトランスポート