グラフィックの構成

ここでは、Linux VDAのグラフィックの構成と微調整について説明します。

詳しくは、「システム要件」および「インストールの概要」を参照してください。

構成

Thinwireは、Linux VDAで使用されているディスプレイリモートテクノロジです。このテクノロジを使用すると、あるマシンで生成されたグラフィックが、通常はネットワークを経由して、別のマシンに転送され、表示されます。

[圧縮にビデオコーデックを使用する] グラフィックポリシーでは、デフォルトのグラフィックモードを設定し、さまざまなユースケースに対して次のオプションを提供します:

  • [可能であれば使用]。この設定がデフォルトです。追加の構成は必要ありません。この設定を保持することにより、すべてのCitrix接続でThinwireが選択され、デスクトップの一般的なワークロードで、スケーラビリティ、帯域幅、および優れた画質の点で、確実に最適化されます。
  • [画面全体に使用]。特に3Dグラフィックを多用する事例で、Thinwireを全画面H.264またはH.265を使用して配信して、ユーザーエクスペリエンスと帯域幅の改善を最適化します。
  • [アクティブに変化する領域]。Thinwireのアダプティブ表示テクノロジは、動画(ビデオ、3Dインモーション)を識別し、画像が動く画面の部分でのみH.264を使用します。

次の視覚表示ポリシー設定など、いくつかの他のポリシー設定は、ディスプレイリモートのパフォーマンスを微調整するために使用できます。

デフォルトでは、[表示品質] ポリシー設定の [操作時は低品質] 設定が、動画に対してはJPEGではなくH.264になりました。詳しくは、「新機能」を参照してください。

7.18リリースから、Linux VDAは、リモートグラフィックやビデオのハードウェアアクセラレーションでH.265ビデオコーデックをサポートしています。この機能は、Citrix Receiver for Windows 4.10以降で使用できます。この機能を利用するには、Linux VDAとCitrix Receiverの両方で有効にします。

VDAでH.265ハードウェアエンコードを有効にするには:

  1. [ビデオコーデックにハードウェアエンコーディングを使用します] ポリシーを有効にします。
  2. [3D画像ワークロードの最適化] ポリシーを有効にします。
  3. [圧縮にビデオコーデックを使用する] ポリシーがデフォルトであること、または [画面全体に使用] に設定されていることを確認します。
  4. [表示品質] ポリシーが [操作時は低品質] または [常に無損失] に設定されていないことを確認します。

Citrix Receiver for WindowsでH.265ハードウェアエンコーディングを有効にするには、「H.265ビデオエンコーディング」を参照してください。

Linux VDA Thinwireでサポートされているポリシーをすべて示す一覧については、「ポリシーサポート一覧」を参照してください。

Linux VDAでのマルチモニターサポートの構成について詳しくは、CTX220128を参照してください。

トラブルシューティング

使用中のエンコーディングモードの確認

次のコマンドを実行して、使用されているエンコーディングモードを確認します(0はTW+を、1は全画面H.264を、2は全画面H.265を意味します):

sudo /opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg dump | grep H264

次の内容に類似した結果が出力されます。

create -k "HKLM\Software\Citrix\Ica\Session\1\Graphics" -t "REG_DWORD" -v "H264" -d "0x00000001" --force

3D Proのハードウェアエンコーディングが使用中であるかどうかの確認

次のコマンドを実行します(0は使用されていないことを、1は使用中であることを意味します):

sudo /opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg dump | grep HardwareEncoding

次の内容に類似した結果が出力されます。

create -k "HKLM\Software\Citrix\Ica\Session\1\Graphics" -t "REG_DWORD" -v "HardwareEncoding" -d "0x00000001" --force

これ以外にも nvidia-smi コマンドを使用する方法があります。ハードウェアエンコーディングが使用中の場合は、次の内容に類似した結果が出力されます。

Tue Apr 12 10:42:03 2016
+------------------------------------------------------+
| NVIDIA-SMI 361.28     Driver Version: 361.28         |
|-------------------------------+----------------------+----------------------+
| GPU  Name        Persistence-M| Bus-Id        Disp.A | Volatile Uncorr. ECC |
| Fan  Temp  Perf  Pwr:Usage/Cap|         Memory-Usage | GPU-Util  Compute M. |
|===============================+======================+======================|
|   0  GRID K1             Off  | 0000:00:05.0     Off |                  N/A |
| N/A   42C    P0    14W /  31W |    207MiB /  4095MiB |      8%      Default |
+-------------------------------+----------------------+----------------------+

+-----------------------------------------------------------------------------+
| Processes:                                                       GPU Memory |
|  GPU       PID  Type  Process name                               Usage      |
|=============================================================================|
|    0      2164  C+G   /usr/local/bin/ctxgfx                          106MiB |
|    0      2187    G   Xorg                                            85MiB |
+-----------------------------------------------------------------------------+

NVIDIA GRIDグラフィックドライバーが正しくインストールされていることを確認します。

NVIDIA GRIDグラフィックスドライバーが正しくインストールされているかどうかを確認するには、nvidia-smi を実行します。次の内容に類似した結果が出力されます。

+------------------------------------------------------+
| NVIDIA-SMI 352.70     Driver Version: 352.70         |
|-------------------------------+----------------------+----------------------+
| GPU  Name        Persistence-M| Bus-Id        Disp.A | Volatile Uncorr. ECC |
| Fan  Temp  Perf  Pwr:Usage/Cap|         Memory-Usage | GPU-Util  Compute M. |
|===============================+======================+======================|
|   0  Tesla M60           Off  | 0000:00:05.0     Off |                  Off |
| N/A   20C    P0    37W / 150W |     19MiB /  8191MiB |      0%      Default |
+-------------------------------+----------------------+----------------------+

+-----------------------------------------------------------------------------+
| Processes:                                                       GPU Memory |
|  GPU       PID  Type  Process name                               Usage      |
|=============================================================================|
|  No running processes found                                                 |
+-----------------------------------------------------------------------------+

次のコマンドで、カードに適切な構成を設定します。

etc/X11/ctx-nvidia.sh

HDX 3D Proマルチモニターでの再描画の問題

プライマリモニター以外の画面で再描画の問題が発生している場合は、NVIDIA GRIDライセンスが利用可能であることを確認してください。

Xorgのエラーログを確認する

Xorgのログファイルは、Xorg.{DISPLAY}.log に類似した名前で /var/log/ フォルダー内にあります。

既知の問題と制限事項

vGPUで、XenServerのローカルコンソールにICAデスクトップのセッション画面が表示される

回避策:次のコマンドを実行して、仮想マシンのローカルVGAコンソールを無効にします:

xe vm-param-set uuid=<vm-uuid> platform:vgpu_extra_args="disable_vnc=1"

NVIDIA K2グラフィックカードは、パススルーモードでYUV444ハードウェアエンコーディングをサポートしない

ポリシー設定で [操作時は低品質] を有効にすると、ユーザーがNVIDIA K2グラフィックカードを使用してアプリケーションまたはデスクトップのセッションを開始したときに、黒色または灰色の画面が表示されます。この問題は、NVIDIA K2グラフィックカードがパススルーモードでYUV444ハードウェアエンコーディングをサポートしないことが原因で発生します。詳しくは、「ビデオエンコードおよびデコードのGPUサポートマトリックス」を参照してください。

Gnome 3デスクトップのポップアップがログオン時に遅くなる

これはGnome 3デスクトップのセッション開始時の機能的制限です。

一部のOpenGLおよびWebGLアプリケーションが、Receiverウィンドウのサイズ変更時に適切に表示されない

Citrix Receiverのウィンドウサイズを変更すると、画面の解像度も変更されます。NVIDIAの独自ドライバーにより内部状態が一部変更されるため、それに応じた対応がアプリケーションに求められる場合があります。たとえば、WebGLライブラリ要素の lightgl.js により、「このテクスチャへのレンダリングはサポートされていません(不完全なフレームバッファー)」というエラーメッセージが生成されることがあります。

グラフィックの構成