Linux Virtual Delivery Agent

動的なキーボードレイアウトの同期

以前は、Linux VDAとクライアントデバイスのキーボードレイアウトは同じでなければなりませんでした。たとえば、キーボードレイアウトがクライアントデバイスで英語からフランス語に変更され、VDAでは変更されなかった場合、キーマッピングの問題が発生し、VDAがフランス語に変更されるまで問題が存続することがありました。

この問題は、VDAのキーボードレイアウトとクライアントデバイスのキーボードレイアウトを自動的に同期させることで対処しました。クライアントデバイスのキーボードレイアウトが変更されるたびに、VDAのレイアウトも変更されます。

注:

HTML5向けCitrix Workspaceアプリは、動的なキーボードレイアウトの同期機能をサポートしていません。

構成

動的なキーボードレイアウトの同期機能は、デフォルトで無効になっています。この機能を有効または無効にするには、[クライアントキーボードレイアウトの同期とIMEの改善] ポリシーを設定するか、ctxregユーティリティを使用してレジストリを編集します。

注:

[クライアントキーボードレイアウトの同期とIMEの改善] ポリシーは、レジストリ設定よりも優先され、指定したユーザーオブジェクトとマシンオブジェクト、またはサイト内のすべてのオブジェクトに適用できます。特定のLinux VDAのレジストリ設定は、そのVDAのすべてのセッションに適用されます。

  • [クライアントキーボードレイアウトの同期とIMEの改善] ポリシーを設定して、動的なキーボードレイアウトの同期機能を有効または無効にします:

    1. Studioで、[ポリシー] を右クリックし、[ポリシーの作成] を選択します。

    2. [クライアントキーボードレイアウトの同期とIMEの改善] ポリシーを検索します。

      [クライアントキーボードレイアウトの同期とIMEの改善]ポリシーの画像

    3. ポリシー名の横にある [選択] をクリックします。
    4. ポリシーを設定します。

      [クライアントキーボードレイアウトの同期とIMEの改善]ポリシーの設定の画像

      以下の3つのオプションが利用可能です:

      • 無効:動的なキーボードレイアウトの同期とクライアントIMEユーザーインターフェイスの同期を無効にします。
      • 動的なクライアントキーボードレイアウトの同期のサポートHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM \CurrentControlSet\Control\Citrix\LanguageBarSyncKeyboardLayoutレジストリキーのDWORD値に関係なく、動的キーボードレイアウトの同期を有効にします。
      • 動的なクライアントキーボードレイアウトの同期とIMEの改善のサポートHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM \CurrentControlSet\Control\Citrix\LanguageBarSyncKeyboardLayoutおよびSyncClientIMEレジストリキーのDWORD値に関係なく、動的キーボードレイアウトの同期を有効にします。
  • ctxregユーティリティを使用してレジストリを編集し、動的なキーボードレイアウトの同期機能を有効または無効にします:

    この機能を有効にするには、次のコマンドを実行します。

     /opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg update -k "HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Citrix\LanguageBar" -v "SyncKeyboardLayout" -d "0x00000001"
    

    この機能を無効にするには、次のコマンドを実行します:

     /opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg update -k "HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Citrix\LanguageBar" -v "SyncKeyboardLayout" -d "0x00000000"
    

用途

この機能を有効にすると、セッション中にクライアントデバイス上でキーボードレイアウトが変更された場合、セッションのキーボードレイアウトもそれに応じて変更されます。

たとえば、クライアントデバイスのキーボードレイアウトをフランス語(FR)に変更すると、次のようになります。

クライアントデバイスでキーボードをフランス語に変更する場合の画像

Linux VDAセッションのキーボードレイアウトも「fr」に変わります。

アプリケーションセッションでは、言語バーを有効にしている場合、この自動変更が表示されます。

セッションでキーボードがフランス語に変更された場合の画像

デスクトップセッションでは、この自動変更がタスクバーに表示されます:

タスクバーにフランス語が表示されている画像

動的なキーボードレイアウトの同期