Linux Virtual Delivery Agent

ファイル転送

Linux VDAとクライアントデバイス間のファイル転送がサポートされています。この機能は、クライアントデバイスがHTML5のsandbox属性をサポートするWebブラウザーを実行している場合に使用できます。HTML5のsandbox属性は、ユーザーがHTML5向けまたはChrome向けCitrix Workspaceアプリを使用して仮想デスクトップやアプリにアクセスできるようにします。

注:

ファイル転送機能はHTML5向けおよびChrome向けCitrix Workspaceアプリで使用できます。

公開アプリおよびデスクトップセッション内で、ファイル転送機能によってLinux VDAおよびクライアントデバイス間のファイルのアップロードおよびダウンロードが可能になります。ファイルをクライアントデバイスからLinux VDAにアップロードするには、Citrix Workspaceアプリのツールバーの [アップロード] アイコンをクリックして、ファイルダイアログから目的のファイルを選択します。以下のスクリーンショットを参照してください。ファイルをLinux VDAからクライアントデバイスにダウンロードするには、[ダウンロード] アイコンをクリックします。

ツールバーの[アップロード]アイコンの画像

注:

Linux VDAとクライアントデバイス間でファイルのアップロードおよびダウンロードを実行するには、Citrix Workspaceアプリのツールバーを有効にしてください。

自動ダウンロードはファイル転送の拡張機能です。VDAの自分のデバイスに保存ディレクトリにファイルをダウンロードまたは移動すると、自動的にクライアントデバイスに転送されます。

注:

自動ダウンロードでは、[デスクトップとクライアント間のファイル転送を許可する] および [デスクトップからファイルをダウンロード] ポリシーを [許可] に設定する必要があります。

以下は自動ダウンロードの使用例です:

  • ファイルを自分のデバイスに保存にダウンロードする場合

    公開デスクトップとWebブラウザーアプリのセッションでWebサイトからダウンロードしたファイルは、VDAの自分のデバイスに保存ディレクトリに保存して、クライアントデバイスに自動的に転送することができます。自動ダウンロードを機能させるには、Webブラウザーのデフォルトのセッション内ダウンロードディレクトリを 自分のデバイスに保存に設定し、HTML5向けまたはChrome向けCitrix Workspaceアプリを実行するWebブラウザーでローカルのダウンロードディレクトリを設定します。

  • ファイルを自分のデバイスに保存に移動またはコピーする場合

    公開デスクトップセッションで目的のファイルを選択し、クライアントデバイスで使用するために自分のデバイスに保存ディレクトリに移動またはコピーします。

ファイル転送のポリシー

Citrix Studioを使用してファイル転送ポリシーを設定できます。デフォルトでは、ファイル転送は有効になっています。

ファイル転送ポリシーの画像

ポリシーの説明:

  • デスクトップとクライアント間のファイル転送を許可する。Citrix Virtual Apps and Desktopsセッションとユーザーデバイス間でのユーザーによるファイル転送を許可または拒否します。

  • デスクトップからのファイルのダウンロード。Citrix Virtual Apps and Desktopsセッションからユーザーデバイスへのユーザーによるファイルのダウンロードを許可または拒否します。

  • デスクトップへのファイルのアップロード。ユーザーデバイスからCitrix Virtual Apps and Desktopsセッションへのユーザーによるファイルのアップロードを許可または拒否します。

注:

デスクトップからファイルをダウンロードおよびデスクトップにファイルをアップロードポリシーを有効にするには、デスクトップとクライアント間のファイル転送を許可するポリシーを [許可] に設定します。

用途

HTML5向けCitrix Workspaceアプリでファイル転送機能を使用するには:

  1. Citrix Studioで、WebSockets接続ポリシーを [許可] に設定します。

    WebSockets接続ポリシーの設定の画像

  2. Citrix Studioで前述のファイル転送ポリシーからファイル転送を有効にします。

  3. Citrix StoreFront管理コンソールで [ストア] をクリックし、[Receiver for Webサイトの管理] ノード、[常にReceiver for HTML5を使用] オプションを選択して、Citrix Receiver for HTML5を有効にします。

    [常にReceiver for HTML5を使用]オプション選択の画像

  4. 仮想デスクトップまたはWebブラウザーアプリのセッションを開始します。Linux VDAとクライアントデバイス間で1つまたは複数のファイル転送を実行します。

Chrome向けCitrix Workspaceアプリでファイル転送機能を使用するには:

  1. 前述のファイル転送ポリシーからファイル転送を有効にします。

  2. ChromeウェブストアからCitrix Workspaceアプリを入手します。

    ChromeアプリページからChrome向けCitrix Workspaceアプリを追加済みの場合は、この手順を省略します。

    1. Google Chromeの検索ボックスに「Citrix Workspace for Chrome」と入力します。検索アイコンをクリックします。

    2. 検索結果でChromeウェブストアへのURLをクリックすると、Citrix Workspaceアプリを入手できます。

      Chrome向けCitrix Workspaceアプリの画像

    3. [Chromeに追加] を選択して、Citrix WorkspaceアプリをGoogle Chromeに追加します。

  3. ChromeアプリページでChrome向けCitrix Workspaceアプリをクリックします。

  4. StoreFrontストアのURLを入力して接続します。

    既に入力済みの場合はこの手順を省略します。

  5. 仮想デスクトップまたはアプリのセッションを開始します。Linux VDAとクライアントデバイス間で1つまたは複数のファイル転送を実行します。

ファイル転送