ファイル転送

Linux VDAとクライアントデバイス間のファイル転送がサポートされています。この機能は、クライアントデバイスがHTML5のsandbox属性をサポートするWebブラウザーを実行している場合に使用できます。HTML5のsandbox属性は、ユーザーがHTML5向けまたはChrome向けCitrix Workspaceアプリを使用して仮想デスクトップまたはWebブラウザーアプリにアクセスできるようにします。公開デスクトップまたはWebブラウザーアプリのセッションで、Citrix Workspaceアプリのツールバーを使用して、Linux VDAとクライアントデバイス間でファイルのアップロードおよびダウンロードを実行できます。たとえば、ツールバーの [アップロード] アイコンをクリックし、クライアントデバイスでファイルを選択して、Linux VDAにファイルをアップロードできます。

ツールバーの[アップロード]アイコンの画像

注:

この機能は、RedHat7.6、CentOS7.6、SUSE12.3、Ubuntu16.04、Ubuntu18.04で利用できます。
この機能を使用するには、Citrix Workspaceアプリのツールバーを有効にしてください。

ファイル転送のポリシー

Citrix Studioを使用してファイル転送ポリシーを設定できます。デフォルトでは、ファイル転送は有効になっています。

ファイル転送ポリシーの画像

ポリシーの説明:

  • デスクトップとクライアント間におけるファイル転送の許可。Citrix Virtual Apps and Desktopsセッションとユーザーデバイス間でのユーザーによるファイル転送を許可または拒否します。

  • デスクトップからのファイルのダウンロード。Citrix Virtual Apps and Desktopsセッションからユーザーデバイスへのユーザーによるファイルのダウンロードを許可または拒否します。

  • デスクトップへのファイルのアップロード。ユーザーデバイスからCitrix Virtual Apps and Desktopsセッションへのユーザーによるファイルのアップロードを許可または拒否します。

注:

デスクトップからファイルをダウンロードおよびデスクトップにファイルをアップロードポリシーを有効にするには、デスクトップとクライアント間のファイル転送を許可するポリシーを [許可] に設定します。

用途

HTML5向けCitrix Workspaceアプリでファイル転送機能を使用するには:

  1. Citrix Studioで、WebSockets接続ポリシーを [許可] に設定します。

    WebSockets接続ポリシーの設定の画像

  2. Citrix Studioで前述のファイル転送ポリシーからファイル転送を有効にします。

  3. Citrix StoreFront管理コンソールで [ストア] をクリックし、[Receiver for Webサイトの管理] ノード、[常にReceiver for HTML5を使用] オプションを選択して、Citrix Receiver for HTML5を有効にします。

    [常にReceiver for HTML5を使用] オプション選択の画像

  4. 仮想デスクトップまたはWebブラウザーアプリのセッションを開始します。Linux VDAとクライアントデバイス間でファイルをアップロードおよびダウンロードします。

Chrome向けCitrix Workspaceアプリでファイル転送機能を使用するには:

  1. 前述のファイル転送ポリシーからファイル転送を有効にします。

  2. ChromeウェブストアからCitrix Workspaceアプリを入手します。

    ChromeアプリページからChrome向けCitrix Workspaceアプリを追加済みの場合は、この手順を省略します。

    1. Google Chromeの検索ボックスに「Citrix Workspace for Chrome」と入力します。検索アイコンをクリックします。

    2. 検索結果でChromeウェブストアへのURLをクリックすると、Citrix Workspaceアプリを入手できます。

      Chrome向けCitrix Workspaceアプリの画像

    3. [Chromeに追加] を選択して、Citrix WorkspaceアプリをGoogle Chromeに追加します。

  3. ChromeアプリページでChrome向けCitrix Workspaceアプリをクリックします。

  4. StoreFrontストアのURLを入力して接続します。

    既に入力済みの場合はこの手順を省略します。 ストアのURL入力の画像

  5. 仮想デスクトップまたはWebブラウザーアプリのセッションを開始します。Linux VDAとクライアントデバイス間でファイルをアップロードおよびダウンロードします。