Linux Virtual Delivery Agent

Linux VDAの自動更新

この機能は、Linux VDAソフトウェアを即座に、またはスケジュールされた時間に自動的に更新するのに役立ちます。これは、Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for AzureでLinux VDAを作成する場合に特に役立ちます。Azureの仮想マシンの管理者特権はありません。詳しくは、「Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for AzureでLinux VDAを作成」を参照してください。

構成

この機能を使用するには、次の手順を実行します:

ステップ1:更新情報と新しいVDAパッケージをAzureコンテナにアップロードする

手順1a:Azureストレージアカウントでコンテナを作成し、コンテナアクセスレベルを [BLOB(BLOB専用の匿名読み取りアクセス)] に設定します。

注:

AzureコンテナとBLOBは、お客様が独占的に保有および管理するものです。シトリックスは、それらのセキュリティ問題について責任を負いません。データのセキュリティとコスト効率を確保するには、自動更新が終わるたびにコンテナのアクセスレベルを [プライベート(匿名アクセスはありません)] に設定します。

ステップ1b:VDA更新情報をUpdateInfo.jsonという名前のJSONファイルに組み込みます。ファイル形式の例については、次のブロックを参照してください:

{
 "Version": "21.04.200.4",
"Distributions":[
{
"TargetOS": "RHEL7_9",
"PackageName": "",
"PackageHash": ""
},
{
"TargetOS": "RHEL8_3",
"PackageName": "XenDesktopVDA-21.04.200.4-1.el8_x.x86_64.rpm",
"PackageHash": "a6f2aba23b84bbc3a4640294a8bb92474e0cacbab1e5ae33416c0a4473a28d73"
},
{
"TargetOS": "UBUNTU16_04",
"PackageName": "",
"PackageHash": ""
},
{
"TargetOS": "UBUNTU18_04",
"PackageName": "xendesktopvda_21.04.200.4-1.ubuntu18.04_amd64.deb",
"PackageHash": "4148cc3f25d3717e3cbc19bd953b42c72bd38ee3fcd7f7034c2cd6f2b15b3c5a"
},
{
"TargetOS": "UBUNTU20_04",
"PackageName": "",
"PackageHash": ""
}
]
}
<!--NeedCopy-->

ここで、“Version”は新しいVDAバージョンを示し、“Distributions”は更新オブジェクトの配列です。各オブジェクトには、次の3つのアイテムが含まれています:

  • “TargetOS”:”RHEL7_9”、”RHEL8_3”、”SUSE12_5”、”UBUNTU16_04”、”UBUNTU18_04”、”UBUNTU20_04”、”PARDUS17_1”、または”DEBIAN10”のいずれかである必要があります。ctxmonitorserviceは他のディストリビューションを認識しません。
  • “PackageName”:指定されたバージョンのVDAパッケージのフルネーム。
  • “PackageHash”shasum -a 256 <pkgname>コマンドを使用して計算するSHA-256値。

手順1c:JSONファイルと新しいバージョンのLinuxVDAパッケージをAzureコンテナにアップロードします。

手順2:マスターイメージまたは各VDAで自動更新機能を有効にする

デフォルトでは、自動更新は無効になっています。Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for AzureでLinux VDAを作成する場合、この機能の有効化はマスターイメージで実行する必要があります。それ以外の場合は、各ターゲットVDAでこの機能を直接有効にします。

自動更新を有効にするには、次のようなコマンドを実行して、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Citrix\SelfUpdateでレジストリキーを編集します。

/opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg create -k "HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Citrix\SelfUpdate" -t "REG_DWORD" -v "fEnabled" -d "0x00000001" –force

/opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg create -k "HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Citrix\SelfUpdate" -t "REG_SZ" -v "ScheduledTime" -d "Immediately" –force

/opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg create -k "HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Citrix\SelfUpdate" -t "REG_SZ" -v "Url" -d "<Your-Azure-Container-Url>" –force

/opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg create -k "HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Citrix\SelfUpdate" -t "REG_SZ" -v "CaCertificate" -d "<Local-Certificate-Path-of-PortalAzureCom>" --force
<!--NeedCopy-->

次の表に、レジストリ設定を示します。

レジストリ設定 説明
fEnabled この設定は必須です。デフォルト値は0です。これは、自動更新が無効になっていることを意味します。1に設定すると、自動更新が有効になります。
Url この設定は必須です。AzureコンテナのURLを設定して、更新情報と新しいVDAパッケージを取得します。
ScheduledTime この設定は必須です。[Immediately] または [NextStart] に設定できます。[Immediately] は、VDAパッケージをダウンロードした直後に更新を実行することを意味します。この選択肢は、ダウンロード速度が速く、更新が緊急の場合に適しています。ただし、パッケージをダウンロードするときにライブセッションがあると、ユーザーエクスペリエンスが損なわれる可能性があります。[NextStart] は、ctxmonitorserviceの次の開始時に更新を実行することを意味します。この選択肢は、ダウンロード速度が速くなく、更新が緊急でない場合に適しています。
CaCertificate この設定はオプションです。AzureコンテナのURLを確認するPEM証明書のフルパスを設定します。Azure BLOBの場合、Webブラウザーから取得されてPEMに変換されるportal.azure.comの証明書にすることができます。セキュリティ上の理由から、このレジストリ設定を追加することをお勧めしますが、Ubuntuでのみサポートされています。RHELでは、curlコマンド用に一部のNSSライブラリをリンクできません。証明書の最小特権が設定されているか確認してください。

ctxmonitorserviceが再起動すると、最初にUrlにクエリを実行してUpdateInfo.jsonファイルを取得し、JSONファイルから更新バージョンを取得します。次に、ctxmonitorserviceは更新バージョンと現在のバージョンを比較します。現在のバージョンが以前のバージョンの場合、このサービスによってAzureから新しいバージョンのVDAパッケージがダウンロードされ、ローカルに保存されます。その後、[ScheduledTime]の設定に従って更新が実行されます。オンプレミス環境の場合、ctxmonitorserviceを直接再起動して更新をトリガーできます。ただし、仮想マシンに対する管理者特権がないCitrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azureでは、ctxmonitorserviceはVDAマシンを再起動した後でのみ再起動できます。更新が失敗した場合、VDAは既存のバージョンにロールバックされます。

注:

  • マスターイメージで構成したレジストリ設定は変更できません。
  • 環境内のすべての仮想マシンが同時にパッケージをダウンロードすると、ローカルネットワークが混雑する可能性があります。
  • 更新とロールバックの両方が失敗すると、ユーザーデータは失われます。
  • 更新が失敗してもロールバックが成功した場合、同じネットワーク上のユーザーにおけるLinux VDAのバージョンが異なる可能性があります。このケースは最適なものではありません。
  • 通常、更新は完了するまでに数分かかります。Citrix Studioには状態インジケーターはありません。
Linux VDAの自動更新