Linux Virtual Delivery Agent

Citrix Directorを使用したLinuxセッションの監視

Citrix Directorで、Linuxセッションの次のメトリックが利用可能です。メトリックを表示するには、Citrix Directorで対象セッションを見つけて [セッションの詳細] パネルを確認します。

  • ICA往復時間

    Linux VDAバージョン1903以降、ICA往復時間のメトリックが利用可能になりました。ICA往復時間のメトリックを表示するには、Citrix Director 1903以降を使用し、Citrix Studioで [ICA往復測定] および [ICA往復測定間隔] ポリシーを作成します。ポリシーの作成については、「Studioで新しいポリシーを作成する」を参照してください。

  • プロトコル

    Linux VDAバージョン1909以降、プロトコル情報を利用できます。Linuxセッションのトランスポートプロトコルは、[セッションの詳細] パネルに [UDP] または [TCP] と表示されます。

Citrix Directorを使用したLinuxセッションの監視