トレースオン

概要

ログの収集および問題の再現によって、診断速度やユーザーエクスペリエンスが低下します。こうした事態に対応するため、このリリースでは、トレースオン機能が導入されています。トレースは、Linux VDAでデフォルトで有効になっています。

構成

Linux VDAパッケージに、ctxlogdデーモンおよびsetlogユーティリティが追加されました。ctxlogdデーモンは、Linux VDAをインストールして構成すると、デフォルトで開始されます。

ctxlogdデーモン

トレースされた他のサービスはすべてctxlogdデーモンに依存しています。Linux VDAをトレースしない場合は、ctxlogdデーモンを停止できます。

setlogユーティリティ

トレースオン機能は、setlogユーティリティ(パス:/opt/Citrix/VDA/bin/)で構成されます。このユーティリティを実行する権限があるのは、ルートユーザーのみです。GUIを使用するかコマンドを実行して、構成を表示したり変更したりできます。setlogユーティリティのヘルプを表示するには、次のコマンドを実行します:

setlog help

デフォルトでは、[ログ出力パス]/var/log/xdl/hdx.log[最大ログサイズ] は200MBに設定されています。[ログ出力パス] には、最大2つの古いログファイルを保存できます。

現在のsetlog値を表示します:

setlog values

log_path (Log Output Path) = /var/log/xdl/hdx.log

log_size (Max Log Size (MiB)) = 200

log_count (Max Old Log Files) = 2

単一のsetlog値を表示または設定します:

setlog value <name> [<value>]

次に例を示します。

setlog value log_size 100  

レベル

デフォルトで、ログレベルはWarningsに設定されています。

次のコマンドで、異なるコンポーネントに設定されたログレベルを表示します。

setlog levels

次のコマンドで、すべてのログレベル(Disable、Inherited、Verbose、Information、Warnings、Errors、Fatal Errors)を設定できます:

setlog level <class> [<level>]  

<class> 変数は、Linux VDAの1つのコンポーネントを指定します。すべてのコンポーネントをカ指定するには、allに設定します:

setlog level all error

Setting log class ALL to ERROR.

フラグ

デフォルトでは、フラグは次のように設定されています:

setlog flags

DATE = true

TIME = true

NAME = true

PID = true

TID = false

SID = true

UID = false

GID = false

CLASS = false

LEVEL = false

FUNC = true

FILE = false

現在のフラグを表示します:

setlog flags

1つのログフラグを表示または設定します:

setlog flag <flag> [<state>]

デフォルトに戻す

すべてのレベル、フラグ、値をデフォルト設定に戻します:

setlog default

重要:

ctxlogdサービスは /var/xdl/.ctxlog ファイルを使用して構成されます。このファイルは、ルートユーザーのみが作成できます。他のユーザーは、このファイルへの書き込み権限がありません。ルートユーザーは、他のユーザーに書き込み権限を許可しないことをお勧めします。許可すると、ctxlogdが恣意的に、または悪意をもって構成される危険性があります。これによってサーバーのパフォーマンスが影響を受け、ユーザーエクスペリエンスにも影響を与える可能性があります。

トラブルシューティング

/var/xdl/.ctxlog ファイルがない場合(過失による削除など)、ctxlogdデーモンが失敗し、ctxlogdサービスを再起動できません。

/var/log/messages:

Apr 1 02:28:21 RH72 citrix-ctxlogd[17881]: Failed to open logging configuration file.

Apr 1 02:28:21 RH72 systemd: ctxlogd.service: main process exited, code=exited, status=1/FAILURE

Apr 1 02:28:21 RH72 systemd: Unit ctxlogd.service entered failed state.

Apr 1 02:28:21 RH72 systemd: ctxlogd.service failed.

この問題を解決するには、ルートユーザーとしてsetlogを実行して、/var/xdl/.ctxlog ファイルを再度作成します。次に、他のサービスが依存するctxlogdサービスを再起動します。

トレースオン