Linux Virtual Delivery Agent

クライアントのバッテリー状態の表示

Linux VDAは、仮想デスクトップ内のクライアントデバイスのバッテリー状態をリダイレクトして表示できます。この機能はデフォルトで有効になっており、次のバージョンのCitrix Workspaceアプリで使用できます:

  • iOS向けCitrix Workspaceアプリ
  • Linux向けCitrix Workspaceアプリ
  • Mac向けCitrix Workspaceアプリ(バージョン2204.1はサポートされていません)
  • Windows向けCitrix Workspaceアプリ(バージョン2204.1はサポートされていません)

概要

ユーザーが仮想デスクトップを開くと、Linuxシステムトレイにバッテリーアイコンが表示されます。バッテリーアイコンは、クライアントデバイスのバッテリー状態を示します。バッテリー残量のパーセンテージを確認するには、バッテリーアイコンをクリックします。例として、以下のスクリーンショットを参照してください:

バッテリー状態アイコン

異なるバッテリーアイコンは、異なるバッテリー状態を示します。概要については、次の表を参照してください:

バッテリーアイコン 充電状態 バッテリー残量のレベル バッテリー残量のパーセンテージ
充電中および残量が高のバッテリー 充電中(「+」記号で表示) 高(緑色で表示) 80%以上
充電中および残量が中のバッテリー 充電中(「+」記号で表示) 中(黄色で表示) 20%以上80%未満
充電中および残量が低のバッテリー 充電中(「+」記号で表示) 低(赤色で表示) 20%未満
充電中ではないおよび残量が高のバッテリー 充電していない(「-」記号で表示) 高(緑色で表示) 80%以上
充電されていないおよび残量が中のバッテリー 充電していない(「-」記号で表示) 中(黄色で表示) 20%以上80%未満
充電していないおよび残量が低のバッテリー 充電していない(「-」記号で表示) 低(赤色で表示) 20%未満
不明なバッテリー状態 不明 不明 不明

構成

クライアントのバッテリー状態の表示は、デフォルトで有効になっています。

この機能を無効にするには、次のコマンドを実行します:

/opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg update -k "HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Citrix\VirtualChannels\MrVc"  -v "Enabled" -d "0x00000000"
<!--NeedCopy-->

この機能を有効にするには、次のコマンドを実行します:

/opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg update -k "HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Citrix\VirtualChannels\MrVc"  -v "Enabled" -d "0x00000001"
<!--NeedCopy-->

注:

上記のコマンドは、Mobile Receiver Virtual Channel(MRVC)を共有してクライアントのバッテリー状態を表示するソフトキーボード機能に影響を与えます。

使用するディストリビューションに応じて、次の追加手順を実行します:

  1. GNOMEとともにインストールされたRHEL 8.xまたはSUSE 15.xを使用している場合は、GNOMEシェルの互換性のある拡張機能をインストールして、AppIndicatorサポートを有効にします:

    1. gnome-shell --versionコマンドを実行して、GNOMEシェルのバージョンを確認します。

    2. https://extensions.gnome.org/extension/615/appindicator-supportからGNOMEシェルと互換性のある拡張機能をダウンロードします。たとえば、シェルのバージョンが3.28の場合、拡張機能のバージョンとして24または26を選択できます。

      GNOMEシェルの拡張機能

    3. ダウンロードしたパッケージを展開します。パッケージ内のmetadata.jsonファイルの 「uuid」 値がappindicatorsupport@rgcjonas.gmail.comに設定されていることを確認します。

    4. mvコマンドを実行して、appindicatorsupport@rgcjonas.gmail.comのディレクトリを/usr/share/gnome-shell/extensions/配下の場所に移動します。

    5. chmod a+r metadata.jsonコマンドを実行して、metadata.jsonファイルをほかのユーザーが読み取れるようにします。

      ヒント:

      デフォルトでは、appindicatorsupport@rgcjonas.gmail.comディレクトリのmetadata.jsonファイルはルートユーザーのみが読み取ることができます。画面共有をサポートするには、metadata.jsonファイルをほかのユーザーも読み取れるようにします。

    6. GNOME Tweaksをインストールします。

    7. デスクトップ環境では、Alt+F2rEnterキーを順番に押すか、killall -SIGQUIT gnome-shellコマンドを実行して、GNOMEシェルを再読み込みします。

    8. デスクトップ環境で、GNOME Tweaksを実行してから、Tweaksツールで [KStatusNotifierItem/AppIndicator Support] を有効にします。

  2. GNOMEとともにインストールされたDebian 11.3またはDebian 10.9を使用している場合は、次の手順を実行してGNOMEシステムトレイアイコンをインストールして有効にします:

    1. sudo apt install gnome-shell-extension-appindicatorコマンドを実行します。GNOMEで拡張機能を表示するには、ログアウトしてから再度ログインする必要がある場合があります。

    2. [Activities] 画面で「Tweaks」を検索します。

    3. Tweaksツールで [Extensions] を選択します。

    4. [Kstatusnotifieritem/appindicator support] を有効にします。

      Tweaks

クライアントのバッテリー状態の表示

この記事の概要